2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 凄い労作―参院選テレビ報道検証―⑤ | トップページ | 凄い労作―参院選テレビ報道の検証―⑥ »

2016年9月 3日 (土)

便利になった敬老パス

 名古屋市の敬老パスが9月1日からICカードになった。つまりこれまであったマナカと同じものになったのだ。事務の都合上からか、生まれ月でICカードに切り替わるのが異なっていて、私の場合は9月1日からだが、妻はまだ先のようである。

 私はICカードに切り替わるのが待ち遠しくてならなかった。これまでのはパスケースから取り出して改札機に通さなければならなかったからだ。

 私はマナカができたときにマナカを買ったので、名古屋市外で名鉄、JR、近鉄などに乗る時や、東京に行って、電車やバスに乗るときにいつも使っていた。先日など新宿駅でコインロッカーに荷物を預けたのだが、ICカードが使えると書いてあったので、試しに使って見たら、実に簡単であった。カードを当てるだけでロックされ、カードを当てるだけで解除され、料金が引き落とされるのだ。

 パス入れに入れたまま、タッチするだけなのだ。パス入れにはキャッシュカードやテレホンカードを入れてあり、鍵もくっつけてあるが問題なく使える。

 待望の9月1日になったので、地下鉄の駅に行って、駅長室でマナカの解約をすることにした。調べてもらったらSF(現金)はまだ6300円余り残っていた。解約手数料が620円ほどかかるから、コンビニなどで使い切ったら・・・と勧められたが、2枚は要らないので解約をした。

 解約には身分証明をするものが必要だが、運転免許証を呈示すればよかった。マナカを作ったときに預り金500円を渡してあったのでそれも戻ってきた。結局手数料212円で6350円戻った。

 すぐに器械で6000円チャージをした。そして改札でタッチをして中に入った。SFは6000円と表示されていた。

 現金のチャージはバスの中でもできるそうだ。現金を入れておけばマナカの使える店で使えるし、JR,名鉄、東京、大阪などでも使えるのでとても便利である。

 敬老パスを使うようになって15年にもなるが、やっとICカード化されたのだ。今回は初めて敬老パスを貰った時と同じぐらい心がときめいた。

 使いやすくなった敬老パスで高齢者も外出が前より楽しくなったから、大いに出かけて元気に寿命を延ばすであろう。他都市の敬老パスのことは知らないが名古屋の敬老パスは大変便利だと思う。

敬老パスの見本画像

« 凄い労作―参院選テレビ報道検証―⑤ | トップページ | 凄い労作―参院選テレビ報道の検証―⑥ »

話題」カテゴリの記事

コメント

私も夫婦ともども9月1日からICカード化した敬老パスの利用を始めている。私は3年前に日進市から名古屋市に転居したが、この敬老パスが名古屋に引っ越した一番のメリットと日々その恩恵を実感している。もしこの敬老パスがなかったら私の外出は
半減しているであろう。早い話し、いくら美術館やコンサートの無料券を貰っても出かければ交通費がばかにならない。いくら安売り広告が出てもそこまで出かける交通費を考えると安く買えたことにはならない。勿論、この福祉政策を支える名古屋市の財政負担は大変だと思う。でも敬老パスにより、高齢者が出歩く頻度が増えればその経済効果は計り知れない。健康増進にもつながる。私は名古屋の周辺都市の高齢者にも名古屋市の敬老パスを優遇価格で販売すればいいとも思う。そうすれば周辺の高齢者は名古屋にもっと出やすくなると思うが如何。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 便利になった敬老パス:

« 凄い労作―参院選テレビ報道検証―⑤ | トップページ | 凄い労作―参院選テレビ報道の検証―⑥ »