« 改憲勢力2/3とは驚き!改憲隠しの自民・公明は強かった | トップページ | 英国のイラク参戦検証は立派―日本も見習うべき »

2016年7月12日 (火)

選挙結果にがっかりしても始まらない

 昨日の朝までは開票結果にがっかりしていたが、いつものように早朝ウオーキングに出かけて、歩きながら考えた。参院選で野党4党は所期の成績を収められなかったが、それでも民進党は32議席、共産党は6議席、0だと言われた社民党と生活の党もそれぞれ1議席を獲得できたから、それなりに良しとしなければと思った。

 改憲勢力が2/3を確保したことは今更どうしようもないことである。そんなことでいつまでも悩んでいては脳によくない。さっと切り替えて、ポジティヴに考えないとだめだと気付いた。

 「禍福はあざなえる縄の如し」というではないか。安倍政権は国政選挙で4連勝、しかも、衆参両院で安定過半数を持つに到った。でも、第一次安倍政権のときは惨敗をして退陣したのであった。

 野党4党にしてみれば、今回は「禍」であったが、次はどうなるか知れたものではない。民主党が頂点から奈落の底へ落ちたように、自民党だっていつその轍を踏まないとも限らないのだ。むしろ与党は今が頂点であって、「卦」でいえば「昇り詰めた龍」である。あとは下るしかないのだ。それに対して野党4党は昇竜である。今回の結束を教訓として、次の選挙も統一候補を立てるなどして闘うことだ。

 民進党の中には共産党と一緒にやるのは嫌だという連中がいるようだが、民進党は統一候補として獲得できた議席もあることに思いを致すべきである。

 安倍首相は、選挙中いつも「民共の野合」と批判したが、党としての政策の違いがあるのは当然で、小異を捨てて大同についたのであった。立憲主義を守り、改憲を阻止し、集団的自衛権行使の閣議決定を取り消すという大義で一致したのだ。安倍首相の批判は当たらない。

 次の衆議院選挙まで2年あるが、その間野党で国会内での個別の共闘をするなど闘い方は工夫次第である。学生や市民連合などとの連携も貴重な経験であった。

 安倍首相は今度は隠していた憲法改正を持ち出してくることは間違いない。彼らは憲法を改正しようと言っているが、狙いは9条であっても、「緊急事態条項」というからめ手からくるであろう。そうした時にその危険性を広く知らせて、デモや集会等で盛り上げていくことが大事である。

 2/3の発議権を握ったとはいえ、だから即改憲可能ではないのだ。とにかく憲法改正の危険な意図を周知徹底させて闘うことである。SEALDsは解散すると言っているが、また若者の新しい動きが出て来るであろう。彼らのように楽しく集会やデモを行うことがいい。

 昨日は与党の大勝の祝砲か、日経平均株価は大きく上げたが、花火のようなもので、また下げるであろう。アベノミクスはこれからエンジンを吹かすと言ったが、壊れたエンジンを吹かしても暴走するだけである。

 「驕る平家久しからず」、きっと自ら墓穴を掘るに違いない。だから楽天的に行こうではないか。ワハハと笑って楽しくやることである。

 

|

« 改憲勢力2/3とは驚き!改憲隠しの自民・公明は強かった | トップページ | 英国のイラク参戦検証は立派―日本も見習うべき »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

昨日の昼オビで御用政治評論家と揶揄される田崎史郎氏が今回の参議院選挙結果で自民党は圧勝してない。むしろ敗戦?したと言ってもいいぐらいと発言した。何故なら自民党は現職閣僚が2名落選したし、前回は1人区で2敗だけであったが、今回は11敗もしていると。私も8%の政党支持率の民進党が32もの議席を確保したことは野党共闘があったとはいえ上出来だったと思う。私はもっと与野党が伯仲しないと政治に緊張感がなくなるし、チェック機能も十分働かなると思う。それにしても投票率は54%と戦後4番目に低かったそうだ。今回も全有権者の3分の1以下の得票率で与党はフリーハンドを握ることになる。せめて60%を超える投票率を
望みたいものである。

投稿: Toshi | 2016年7月12日 (火) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選挙結果にがっかりしても始まらない:

« 改憲勢力2/3とは驚き!改憲隠しの自民・公明は強かった | トップページ | 英国のイラク参戦検証は立派―日本も見習うべき »