2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 年金運用損5兆円! | トップページ | 改憲勢力2/3とは驚き!改憲隠しの自民・公明は強かった »

2016年7月10日 (日)

増谷文雄「仏教入門」―㉜―

 ここに説かれておるものは、釈尊の思想の根本的な立場であり、またそのながい生涯の全体を貫く態度である。当時の印度には、さまざまな思想家があった。ある経典はそれらの思想をおよそ八項六十二種に分類しておる。これを六十二見という。

 またある経典は当時の特に有力な思想家を六人あげて説いておる。これを6師外道と呼ぶ。それらの中には、唯物論的、感覚論的な思想家たちが、殊の外に有力な存在であった。釈尊が諸欲に貪著を事とするものとして、2辺の一にあげておるのがそれ等であった。

 それらに対して有力な唯心論者もあり、また、さまzまの苦行を修して、民衆の畏敬を得ておる思想家も少なくなかった。釈尊が、自ら煩苦を事とする者として、2辺の一に数えたのはそれであった。而して、釈尊の思想的立場は、そのいずれにも属さざるもの、中道に立てるものであった。

 なお、釈尊自身の過去を振りかえってみると、そこにもまた、快楽主義があり、苦行主義があった。王族の家に生まれた若いころの釈尊は、心ゆくまで悦楽の生活にしたることが出来た。だが、如何に快楽の生活をたのしんでみても、そこには少しも真の満足はなく、心の安穏は得られなかった。

 そこで釈尊は断乎として家を捨てて、苦行主義に生活に入ったのであった。釈尊にとっては、言わば、快楽主義の生活はすでに試験済みのものであった。彼の苦行主義の生活だ緯度は、ほぼ七年間つづけられた。

 だが、苦行の生活もまた、結局は内心の平和をもたらす道でないことが解って来た。釈尊にとっては、苦行主義の生活もまた試験済みのものであった。そしてこの体験の上から割り出されたものが即ち中道であって、釈尊は自らこの中道によって大覚を成就し、また人々にこの道を説いて、佛教の大道となしたのである。では中道とは、そもそもいかなる道であろうか。

 釈迦は王族として快楽を経験し、それを捨てて7年間の苦行を重ねてそれも心の平和ともたらさないことが解って、「中道」が大事だと知ったというのだ。次は「中道」についてである。

« 年金運用損5兆円! | トップページ | 改憲勢力2/3とは驚き!改憲隠しの自民・公明は強かった »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増谷文雄「仏教入門」―㉜―:

« 年金運用損5兆円! | トップページ | 改憲勢力2/3とは驚き!改憲隠しの自民・公明は強かった »