2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タラの木茶でガンを克服―河村さんの新しい本 | トップページ | 英国離脱派がウソをついて誘導していたとは »

2016年6月30日 (木)

朝ドラが戦時中をどう描くか注目している

 NHKの連続テレビ小説は、戦前から戦後にかけての時代を扱うことがよくある。最近の「ゲゲゲの女房」、「花子とアン」や「マッサン」や「あさがきた」など多くの朝ドラがそうであった。

  そういう朝ドラの時、いつも私は戦時中をどう描くかに注目している。あの太平洋戦争は私自身も経験しており、絶対に忘れることのできない時代であった。戦前から戦後を扱うドラマでは、この時期だけをスキップしてしまうことは絶対にできないのだ。

  でも、正直言って最近のNHKや民放の傾向から、今放送中の「とと姉ちゃん」では戦時中はささっと通り過ぎて行くのだろうと、期待をしていなかった。

  確かに開戦すると直ぐに昭和19年になるとか急いでいるようには感じられる。NHKの籾井会長などは、戦時中などどうでもよいではないか、さっさとメインの戦後に行け!と思っているに違いないと想像する。そういう空気を忖度して作られているかも知れない。だからこそ私は特に注目して観ているのだ。

  森田屋が材料が手に入れられなくなり廃業に追い込まれること、祖母の材木屋「青柳商店」が軍に管理されるようになって、廃業するまでの祖母の気概など、これまでのドラマとは違った面から描かれていてよかった。また常子がやっと見つけた出版社が厳しいい検閲で戦争を煽る翼賛の記事しか載せられないことや、社員が次々と召集されてとうとう廃業することなどもよい。

  常子が帰り道に服装を注意されるとか、隣組の組長が「笑い声は不謹慎だ」と怒鳴り込むことなどもよかった。

  花山伊佐次(花森安治)が、内務省で戦争遂行のコピーを作っていたことも初めて知った。子どもの頃嫌という程聞かされ、眼にした「欲しがりません勝つまでは」「一億火の玉・・・」などのキャッチコピーだ。

  買い出しに行く場面も、母が大きなリュックサックを背負って、着物と食糧を換えていたことを思い出させた。

  燈火管制は私の記憶ではもっと厳しかった。2燭(2Wぐらい)の小さな豆電球で長い黒い布を掛けていた。それに防空壕の中に電燈があるのも違和感がある。私の知る限り電燈はなかった。

29日には、防火訓練で常子が組長に意見を述べたら、一方的に配給停止と言われた。その後、家族で話し合ったとき、鞠子が「誰を信じていいか分からなくなった」と言ったが、当時の標語に「壁に耳あり、障子に目あり」というのがあった。北朝鮮のような監視社会になっていたのだ。

  ドラマの中で戦争が厳しくなり、国民の生活が圧迫されていく様子が描かれることで、戦争を知らない73歳以下人たちが、ドラマのシーンを通して間接体験をして行くのはとても大事なことだと思う。

  安保法制の集団的自衛権行使により、戦争に行けと言われれば世界のどこにでも行かなければならないことになった今、戦争になればどうなるかを知ることは有意義である。安倍政権はマスメディアに圧力をかけている中で、彼らが苦々しく思うくらい戦時中を描いてほしいものである。

 このあと東京大空襲があるはずだ。どう描かれるか楽しみである。

 

 

« タラの木茶でガンを克服―河村さんの新しい本 | トップページ | 英国離脱派がウソをついて誘導していたとは »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

29日の金物供出の場面はよかったですね。民間人を使って強制的に出させる、出さなければ非国民だとののしる。私も「非国民」という言葉をよく聞きました。あんな時代に逆戻りはくわばらくわばらです。

今朝のとと姉ちゃんのストーリーは戦時下の家庭のリアルな状況が描かれてとてもよかった。特に執拗に供出品を探し、なんだかんだと難癖をつける組長役は好演であった。戦後70年以上も過ぎ、日本が米英と戦ったことを知らない若者もいるらしい。また戦争は映画で描かれた格好いいいスペクタルをイメージする者も多い。朝どらとと姉ちゃんは20%を超える視聴率を維持している。多くの国民が戦争の悲惨な実態をドラマで理解できるのは非常に良い。一種の反戦ドラマである?時あたかも参議院選挙で戦争と平和の問題も野党から提起されている。2度と善良な国民を巻き込む悲惨な戦争を起こすべきではないと多くの視聴者は思うのでは、、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝ドラが戦時中をどう描くか注目している:

« タラの木茶でガンを克服―河村さんの新しい本 | トップページ | 英国離脱派がウソをついて誘導していたとは »