2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 東京旅行②―六義園・旧古川庭園― | トップページ | 東京旅行④―谷中で出会った「猫を描く野良サイダー」 »

2016年5月 7日 (土)

東京旅行③―渋谷スクランブル交差点・表参道―

 4月30日には吉祥寺駅から京王電鉄井の頭線で渋谷に出た。この線に乗るのは初めてであった。出発時は空いていたが次の駅ぐらいから込み始めた。身動きできないくらいになるよと聞いていたがその通りであった。

 

 渋谷に着くとまっすぐ進みMark Cityと書いてある2階に上がった。婿はここから渋谷交差点を眺めると全体の様子がよく分かると言った。スクランブル交差点をガラス越しに俯瞰できた。そこで写真を撮ったが、残念ながら期待したほどの人は歩いていなかった。

 

 その後下に降りて忠犬ハチ公の銅像を見た。外国人がいっぱい見ていた。スクランブル交差点は今や世界的に有名になり、ネットでは人々が整然と渡ることが驚異の眼で見られているという。この日は人出は少なかったが渡ってみた。

 

 外国人が写真を撮りながら渡っていた。真っ白のウエディング衣装を着たカップルが写真をスクランブルの中で撮っていた。「おめでとう!」と声を掛けたら「ありがとう」と答えてくれた。

 

 駅前の交差点で太鼓を叩いている僧がいたので、お布施を集めているのかと思ったら、戦争法反対のタスキを掛けた日本山妙法寺の僧であった。たった一人でこういう形のアッピールがあるのかと感心した。

 

 渋谷から一駅の原宿竹下口で降り、竹下通りを見るつもりであったが、通りの入り口で人々が立ち止まっていた。そこまで行ってみると見下ろす竹下通りは先まで人で身動きができないくらいで埋まっていた。若い人たちが次々に来ていた。それで諦めて、表参道の方に行った。

 

 表参道も大変な人出で次々と人が湧いてきて歩いていた。Cafeで休もうとしたが満席だった。しばらく歩いて同潤館の後にできたモルの地下に入った。AlpsというCafeに入った。値段はホテルより高いくらいであった。

 このモルは高級ブチックなどが入っていた。ウインドウショッピングで済ませて外に出た。歩いて行くと新潟県のアンテナショップがあったので入った。いろいろな物産を売っていた。妻は喜んで買っていた。

 休憩所の前で1個160円で柏餅を売っていたので買って食べたらとってもおいしかった。おいしいと店主に言ったら、「ことらの方がもっとおいしいですよ」と言って、笹餅を1個くれた。食べてみるともちもちして本当においしかった。ヨモギは本物を使用しているそうだ。娘が笹餅を買った。1個やはり160円であった。ちなみに東京駅では笹餅を1個230円で売っていたし、名古屋のスーパーで柏餅は230円で売っている。妻は東京に行ったらこのサテライトショップにまた行きたいと言っていた。

 表参道にある有名な建築家がデザインしたガラスのビルとその向かいにあるシンプルな建物を見て駅に戻った。竹下通りは言わずもがな、表参道の賑わいも大変なものでさすが東京だと思った。

Img_1401
                   渋谷スクランブル交差点

Cimg0701

                      竹下通り入口
Cimg0716
                      変わった造りのモル

Cimg0719

                 手前が一部残された同潤館の面影
Cimg0706

                      表参道の人ごみ

 

 

« 東京旅行②―六義園・旧古川庭園― | トップページ | 東京旅行④―谷中で出会った「猫を描く野良サイダー」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京旅行③―渋谷スクランブル交差点・表参道―:

« 東京旅行②―六義園・旧古川庭園― | トップページ | 東京旅行④―谷中で出会った「猫を描く野良サイダー」 »