« 報道の自由と表現の自由、2つの調査が一致 | トップページ | 香港発健康法情報 »

2016年4月24日 (日)

無料配布する理由が分かった―WINDOWS10

 私のパソコンには今も「WINDOWS10を入手する」というのがタスクバーに居座っている。削除しても削除できないのだ。実にずうずうしい。私はメーカーに聞いて、WINDOWS10をダウンロードするとサポートは出来ないと言われたのでインストールしていない。

  しかし、私の知人が買ったパソコンはWINDOWS8で使いにくいので、私がWINDOWS 10にアップグレードしてあげた。その顛末については以前blogに書いたことがある。アップグレードをするとき、いろいろ調べたのだが、WINDOWS10の危険性については見つけることができなかった。

  一昨日Dさんが「WINDOWS10のバックドア」についての資料を送ってくれた。それを読んで「WINDOWS10の危険性」と検索したら、何とWINDOWS10をインストールするなという警告がいくつか見つかった。

  非常に詳しく書いてあるサイトが見つかったが、その一部をコピペする。全部知りたい方は下記のURLをクリックすると見ることができる。

 http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-3768.html

 これを読むと分かるように、WINDOWS10は、SPYWAREなのだ。個人のパソコンの中が自由に見られてしうし、それを警察などもできるというのである。実に恐ろしいことである。インストールするとき、長い同意書を読む人はいないと思うのだが、その中に書かれているのだという。インストールするには同意しないとできないので「同意」にチェックを入れるから、読まなかった、知らなかったとは言えないのだ。

 今度パソコンを買い替えるときには、OSをAPPLEとかLINUXにすればよいのであろうか?とにかく今のパソコンを出来るだけ長く使うしかないのだが、マイクロソフトはサポートを打ち切ってしまうであろう。

 

「【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」という警告文が、いくつかの自治体のホームページや大学のホームページに掲載されています。Windows10は、もっとも強力なスパイウェアだからです。

あなたのデータが覗き見され、盗まれる

【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」という警告文。
長崎市佐世保市のホームページ、大阪市立大学のホームページに掲載されています。主に公共機関や公的機関が、Windows10に対する警告文を出しているようです。

と思ったら、アクセスが集中して気が付いたのか、
佐世保市のホームページ、大阪市立大学のホームページから削除したのか、別のフォルダーに移動してしまったようです。

 代わりに、
久留米市のホームページ、セキュリティー企業(日立系?)のホームページをどうぞ。要するに、情報が漏えいしてしまう危険性を警告しているのです。

 自治体レベルなら、もっともたくさんあるはずですが、ヘッドラインの文言は「【注意】 Windows10 をインストールしないで下さい」ではないかもしれないので、別の言葉を考えて検索しないとヒットしないかもしれません。

 それにしても、マイクロソフトに対して法的手段を取ろうとする自治体や企業体は出て来ないものか。不思議な国だ。

 せっかちな人は、すでにマイクロソフトの宣伝文句、「無償アップグレード」に惹かれて、すでに自分のパソコンにインストールしてしまったかもしれません。

 6月くらいから、良心的なアマチュアのネットユーザーが、「
絶対にアップグレードするな!」と警告していたので、この警告は浸透しているのかと思いきや、ほとんどの人がWindows10をインストールしてしまったか、これからインストールしようと考えているようです。

 去年の6月、Windows8をインストールしているパソコンを使用している人は、自動的にNSA(米・国家安全保障局)にあなたの通信やパソコンのハードディスクに格納されているデータを覗き見することを許可していることになります、と警告しました。

 マイクロソフトが無償アップグードを推奨しているWindows10は、Windows8をさらに強力にしたスパイウェアです。

 まず、「
ドイツが警告、中国もWindows8の使用禁止令を出した理由」を読んで、Windows8とは何かを知ってから、この記事を読むと理解が進むと思います。

 Windows8には、
NSA(だけではないが)が、あなたのパソコンを覗き見するときに侵入できるバックドアという裏木戸のようなものがあるのです。そこから、こそこそとあなたの家(パソコン)に土足で上がり込んで、家の中を物色するのです。

 マイクロソフトは、今度のWindows10で、それをはっきりと公言しています。
「あなたがWindows10をインストールすることに同意するということは、われわれマイクロソフトが、あなたのパソコンの中身を覗くことに許可を与えたものと考えます」と。

 ですから、Windows8のように裏口から人目につかないように入るのではなく、Windows10では、表玄関から堂々とあなたのパソコンに入りますよ、と宣言しているのです。

 具体的には、あなたのどんな情報が盗み見されてしまうのか、ということですが、コンピュータの専門的な知識を持っているブロガーが、次の記事で分かりやすく書いています。

Windows 10 comes with built-in spyware. If your work requires confidentiality, DO NOT INSTALL

粗訳、ほぼ全文は、以下のとおり。」

 

 

|

« 報道の自由と表現の自由、2つの調査が一致 | トップページ | 香港発健康法情報 »

パソコン・インターネット・スマホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無料配布する理由が分かった―WINDOWS10:

« 報道の自由と表現の自由、2つの調査が一致 | トップページ | 香港発健康法情報 »