« 次は、オバマ大統領の広島訪問を期待する | トップページ | スシロー名古屋熱田店の再開を巡って »

2016年4月14日 (木)

2020年東京オリンピックロゴ

                「オリンピックエンブレム」の画像検索結果

 4月8日に、2020年の東京オリンピックエンブレムの4候補が発表された。新聞でエンブレムの候補作品を見たとき、いいものがないというのが私の印象であった。

 A案の黒白のデザインは地味過ぎるし、意味不明(扇だという)。他の作品も東京オリンピックを象徴する訴えに欠けると思った。

 ネットを見ていたら、D案が1番いいという評が載っていた。デザインは 朝顔をイメージしているそうだ。朝顔が日本固有の花なのかどうかは知らない。

 そしたら9日のネットにはスポーツ報知の「辛辣くらたま D案絶望的ダサさ『消去法でC案』という記事を見つけた。「くらたま」というのは漫画家の倉田真由美さんのことだとわかった。

 彼女は「全体として地味。消去法でC案。理由は、人間が躍動している感じで、一番オリンピックらしい。」という。ちなみにC案は風神雷神おイメージだという。

 11日のネットで、これもスポーツ報知の「旧エンブレム審査委・平野氏『A案ありきのプレゼン』と指摘」という記事があった。

 それによると旧エンブレムの審査委員を務めた日本グラフィックデザイナー協会の浅葉克己会長が「4作品ともデザインとして低レベル」と批判したという。

 同じく旧エンブレム審査委員のグラフィックデザイナー平野恵子氏は、「どれがよいかという議論には参加しないが、A案ありきのプレゼンと受け取った」と指摘したという。

 漫画家のやくみつる氏は「1964年の東京オリンピックのエンブレムよりよいものは出ないと思っていたがその通りであった。」と述べたそうだ。

 こうして見てくると、14599点の公募作品の中から最終的に残った4候補作品であるが、専門家の見方も厳しいようである。私のようなド素人が直感的にあまりパッとしないと感じたのもあながちお門違いではなかったようだ。

 17日までの一般からの意見聴取を経て25日に決定されるのだが、その行く方はいかに?

|

« 次は、オバマ大統領の広島訪問を期待する | トップページ | スシロー名古屋熱田店の再開を巡って »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2020年東京オリンピックロゴ:

« 次は、オバマ大統領の広島訪問を期待する | トップページ | スシロー名古屋熱田店の再開を巡って »