« 参議院議員選挙は野党協力を | トップページ | 増谷文雄「仏教入門」―⑱― »

2016年4月11日 (月)

一億総白痴化の成功

 テレビが出始めた頃(1957年)に大矢壮一が、

 「テレビに至っては、紙芝居同様、否、紙芝居以下の白痴組が毎日ずらりと列んでいる。ラジオ、テレビという最も進歩したマスコミ機関によって、『一億白痴化運動』が展開されていると言って好い。」と週刊東京2月2日号に書いた。それが瞬く間に広がって人口に膾炙した。時は戦後12年であった。

 大矢壮一の指摘したことが正しかったことは、その後のテレビの番組に低劣なのが多いことを見れば分かる。よくなるどころか一向に改善の兆しが見られない。というかますます悪くなっている。

 テレビではどうでもよい知識や瞬間のお笑いを誘うバラエティば氾濫し、アイドルやお笑いタレントがたくさん出演し、自分たちだけが楽しみ、多額の出演料を貰っている。

 報道番組では政権の意向に反するものは極力排除されている。特に安倍政権になってからは露骨に行われている。NHKを支配するために籾井会長など安倍氏の息のかかったものを配し、民間放送のトップといつも会食をするなどして、政権に批判的な番組が出ないように巧みに処している。テレビだけでなく、新聞等のマスコミも同様である。

 NHKのニュース9の大越キャスターやクローズアップ現代の国谷キャスターの降板にみるように、それほど政権に不都合ではない中庸のキャスターでさえ、邪魔者と見られたのだ。ひどい仕打ちを受けたのは岸井成格氏であった。市民を名乗る団体によって読売新聞・産経新聞に意見広告を出され名指しで非難された。古館キャスターも事実上の降板であった。

 もともと報道番組でも、安保法制問題やTTPや原発問題できちんとした報道がされるのことは少なかった。週刊ポストが書いたように、政権側は対立した政治関係ニュースを終わるときは、政権側の映像で終わるように仕組まれている。また安倍首相がことあるごとにニュースの画面に現れている。これほどの露出は以前にはなかったことである。

 安倍内閣の支持率があの安保法制成立後それほど落ちることがなく、最近では48%(毎日)ほどに回復している。歳川氏はその原因を巧みな広報活動にあると見ている。

 私はテレビや大新聞などが大事な政治問題について、国民の側に立ってきちんと報道して来なかったことのほかに、大矢壮一が予言した一億総白痴化の政策が功を奏して来たとみている。我々一般人はまんまと乗せられてインテリジェンス・リテラシーを持たずに、テレビ等に接してきたことが、今日の政治的無関心層の増大の一因になっていて、安倍政権をなんとなく支持する原因にもなっていると思うのだ。

 

|

« 参議院議員選挙は野党協力を | トップページ | 増谷文雄「仏教入門」―⑱― »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

論理的思考から導き出された
善(正)なら良いものの文面の多くは
多分に私情(怨念)が含まれていますので
ネットに溢れるコメントは公的な
善ではなく私的な私刑なわけであります

今度はアナタについて
他者にスティグマ(ラベリング)するのなら
もう少し論考が必要かと思われますが
一方でギリギリ及第点のように感じます
(生意気言ってすみません)

下記コメントにあるURLに飛んでもらえれば
分かると思いますが日本の他に韓国も
非常に低い結果となっております
中国は調査対象ではないのですが
想像ですが似たような結果になるかと思われます
韓国は日本と同様に「権利」を
獲得したことがないので関心が無いのでしょう

東アジアは文化的に同質的なので
意識調査などでは似たような
結果になるこよもしばしばであります

投稿: 中卒引きこもり | 2016年7月 4日 (月) 01時08分

日本人のニュースメディア接触、先進国の中で際立つ特異性、ロイター調査が浮き彫りに
http://zen.seesaa.net/article/439047519.html

斜陽になるには斜陽になるなりの理由というものがあると
このニュース(調査報告)を見ればわかりますな
まとめブログや2ch(巨大掲示板)は未だ健在で
「悪貨は良貨を駆逐する」といういい例だと思われます

投稿: 中卒引きこもり | 2016年7月 4日 (月) 00時51分

 政権に対してきちんといけないものはいけないと批判できるマスコミであってほしいです。

投稿: らら | 2016年4月11日 (月) 10時07分

私はスキャンダル、失言が続く安倍政権が50%近い支持率をあげている原因がよくわからない。どんな調査方法をしているのであろうか。調査方法によっては調査結果はどうにでも変わるものであることは調査手法に詳しいものならよくわかることである。 ただ、支持する理由に他よりはましに思えるが一番多いのは納得できる。要は他に期待できる政党、政治家が見当たらないのである。48%の中身が圧倒的支持ではなく、消極的支持というのであれば十分理解できる。ところで、昨日の週刊現代にこの夏に衆参W選挙が実施されれば、自民大敗65議席減という見出しが躍っていた。週刊文春、新潮も活躍?している。政権サイドがマスコミを完全支配しているとは思えないが?

投稿: Toshi | 2016年4月11日 (月) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一億総白痴化の成功:

« 参議院議員選挙は野党協力を | トップページ | 増谷文雄「仏教入門」―⑱― »