« 注目の北海道5区補選、統一候補は落選したが | トップページ | 中国の土壌汚染のひどさ »

2016年4月27日 (水)

アベノミクスに厳しい見方の海外メディア

 yahooニュースを見ていたら、「4年目のアベノミクス 厳しい論調に転じた海外メディア」という記事を見つけた。東洋英和女学院大学大学院の中岡客員教授の解説だそうだ。

 アベノミクスが発表されたのは、2012年12月に安倍政権が発足したときである。金融緩和、財政出動、成長戦略を三本の柱とするものであった。異次元金融政策として騒がれ、インフレ率2%の目標が設定された。

  それから3年。国内はもとより、海外でもメディアの論調は厳しいものになってきている。アベノミクスは当初期待されたような成果を上げていないということだ。2%の物価上昇率ははるか及ばす、日本経済がデフレ脱却も心もとないというのだ。

  アベノミクスは、円安と株高をテコに経済成長を実現し、それが労働賃金の上昇に結びつき、需要を喚起して、デフレ脱却を目指すものであった。しかし、マイナス金利政策を導入したが為替相場は円高に振れ、株式相場も不安定な動きとなってる。

 以下にコピペする。

 『バロン』(2016年1月4日)は、「安倍首相の日本経済再興政策は過去3年間、ほとんど役に立たなかった」と切り捨てている。

 ●CNN(2015年10月5日)も、「安倍首相の計画は座礁に乗り上げているというコンセンサスが高まっている」と、海外のアベノミクスに対する考え方が変わったと報道している。CNNはさらに安倍政権の“新政策”である名目GDP600兆円目標に関しても、「この政策によって改革が促進されることはないだろう」とクールなコメントを加えている。

●『ウォール・ストリート・ジャーナル』(2016年2月10日)も「三本の柱の内、最初の金融政策は唯一、期待が持てるが、財政拡張は財務省の抵抗で失速し、構造改革は短期的には成果が期待できないものだ」と指摘し、もっと大胆な政策が必要だと説いています。

 ●『ワシントン・ポスト』(2016年3月5日)は「アベノミクスは今までのところ、たいした成果を上げていない」と書いています。通信社AP(2016年2月15日)も日本経済がマイナス成長になったのを受けて「大規模な金融緩和によるインフレを通して経済を再生するという安倍首相の野心的な戦略は約束されたような成果を上げていない」と厳しい見方を紹介しています。

●通信社ブルームバーグ(2015年9月10日)は、アベノミクスに好意的であったクルーグマン教授が「アベノミクスが失敗するリスクは高まっている」と、アベノミクスに対する懸念を表明したと報道しています。クルーグマン教授は2014年11月に安倍首相と会談し、消費税引き上げを延期するように語っています。同様にノーベル経済学賞経済学者ジョセフ・スティグリッツ・コロンビア大学教授も2016年3月16日に安倍首相と会談し、クルーグマン教授と同様に、消費税引き下げの延長の必要性を説いています。

 

●『フィナンシャル・タイムズ』(2015年9月25日)は、「日本銀行のインフレ目標を2年以内に達成するのは不可能である」と、三本の柱である金融政策の効果に疑問を呈しています。さらに賃金の伸びが鈍く、消費回復が見られないとして、これらが「アベノミクスの失敗」を示していると指摘しています。

●有力週刊誌の『エコノミスト』(2015年9月26日)も、「アベノミクスが始まって以来初めて物価が下落した」とデフレ脱却を目指すアベノミクスが期待通りの成果を上げていないと分析しています。

●英国の大手紙『ガーディアン』(2016年2月15日)も、経済成長がマイナスに陥ったことを受けて、「経済を低迷から引き出そうという安倍首相の試みはさらに大きな打撃を受けるだろう」と書いています。

●国営放送のBBC(2016年2月15日)も、「黒田日銀総裁は20年に及ぶデフレを脱却するために必要なことは何でもすると語っているが、結局円安を引き起こしているだけだ」と、異次元の金融政策は日本経済の復興にはつながっていないと厳しいコメントをしています。

|

« 注目の北海道5区補選、統一候補は落選したが | トップページ | 中国の土壌汚染のひどさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベノミクスに厳しい見方の海外メディア:

« 注目の北海道5区補選、統一候補は落選したが | トップページ | 中国の土壌汚染のひどさ »