« 香港発健康法情報 | トップページ | アベノミクスに厳しい見方の海外メディア »

2016年4月26日 (火)

注目の北海道5区補選、統一候補は落選したが

 24日に投票があった衆議院議員補欠選挙。大河ドラマ真田丸を見始めたら、早々に京都3区では民進党の泉氏の当選確実のテロップが薙がれた。しかし、北海道5区についてはドラマが終わるまで何も出ず、終了後出口調査のグラフが出て和田氏のやや優勢を伝えていた。

 翌朝の朝刊を見て、統一候補の池田氏が僅差で負けたことを知り、ちょっとがっかりした。元々民進党と共産党のこれまでの得票は、自民党の得票と拮抗していたので、勝てるのではないかと期待していた。

 今回は負けはしたが、統一候補を立てて善戦したことは、今後に希望を抱かせるものであった。北海道5区は自民党の大物の町村氏の強固な地盤であり、娘婿を候補としたことで地盤を守ったと言えるが、地盤に大きな亀裂を生じさせたことは間違いない。

 今回の選挙では、単に民進党、共産党、社民党、生活の党の4党が協力したというだけでなく、市民運動が加わったことが大きいできごとであった。学生団体のSEALDsらがつくる「市民連合」が、新しい形の選挙運動を展開し、無党派層などへの支持拡大を訴えた。

 その効果はあったと言えるのではないか。NHKの出口調査では無党派層の70%が池田氏に投票したといい、朝日新聞の出口調査では、68%が池田氏であった。

 衆参同日選挙を安倍首相は見送りと朝日新聞は一面で大きく報じたが、同じ日のNHKニュースではまだ確定したとは言ってなかった。どちらが正しいのかは不明である。

 いずれにせよ、参議院選挙では、32ある一人区選挙区で、北海道5区の補選のように、野党が協力して候補者を立て、戦争放棄反対、立憲主義を守れ、アベノミクス失敗を旗印にして、市民運動とも連携を深めて闘うべきである。

 安倍政権は憲法改正とアベノミクスを掲げて参議院での与党2/3を目標に闘うであろう。ここでこれ以上改憲勢力を伸ばしては、にっちもさっちも行かなくなる。共産党は大きく譲歩して4野党の共闘を呼び掛けている。いくつかの選挙区では統一候補が決まっているが、出来るかぎり32選挙区全部に広げるべきである。

 北海道では、共産党を「シロアリ」と言っていた民進党の前原氏も小池共産党書記長と一緒に演説に立ったという。とにかく立憲主義、戦争法案反対、国民の生活を守るという大きい目標で一致して参議院選挙を戦ってほしい。

|

« 香港発健康法情報 | トップページ | アベノミクスに厳しい見方の海外メディア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政治アナリストの伊藤惇夫氏は「北海道5区は自民党が組織力で逃げ切ったが、与党や政権批判の受け皿として野党統一候補がいかにてごわいかが示された。」とコメントしていたが、まさにその通りであろう。経済評論家の多くがアベノミクスは破たんしたとは言わないまでも、行きつまり、手づまり状態に陥ったとみている。要は金融政策、財政出動だけでは景気を浮揚させる効果は限界があることを露呈しているのだ。それでもアベノミクスの成果を看板に参議院選挙を戦うというのだから国民も舐められたものである。

投稿: toshi | 2016年4月26日 (火) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注目の北海道5区補選、統一候補は落選したが:

« 香港発健康法情報 | トップページ | アベノミクスに厳しい見方の海外メディア »