2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 停車中のアイドリング禁止を徹底せよ | トップページ | 増谷文雄「仏教入門」―④― »

2016年2月19日 (金)

iPhoneの電話が勝手につながるトラブルの原因

 私はiPhone6sを使っているが、電話をするときに「履歴」から相手の名前をタップして電話を掛けるようにしている。いちいち「連絡先」を開いて調べるのは面倒だからだ。「連絡先」から掛けるのは必要な場合だけである。

  電話を掛けて切ったあと直ぐに別の相手に勝手に電話が掛かってしまうという現象がよく起きた。その場合掛けた相手の直ぐ上にある名前に掛かることが多かった。それ以外にも電話を掛けないのに誰かに掛かってしまうということもあった。

  頻繁に起きたので、15日にauサポートに電話をした。この前に書いたようにauサポートデスクにはすぐにつながった。受け付けた人からテクニカルサポーターの女性に替わってサポートを受けた。

  そのときは、電波の質のよいものにつながるようになっているので、それを普通のものにすると改善されることがあると言ったのでそのようにして様子を見ることになった。

  しかし、電話が自然につながる現象は毎日1回は起きたので、17日に再度auサポートに電話をした。今回もすぐデスクにつながって、テクニカルサポーターの竹沢さんという男性に替わった。

  事情を話すと、すぐに理解をして、Siriの設定を調べた。Siriはオフにしてあった。というのはバッテリーを節約するためにオフにした方がよいとネットで読んだからだ。

  ところがSiriをオフにしておくと音声コントロールが働いて、例えば「佐藤さん」と言っただけで電話が立ち上がってしまうのだという。またホームボタンを1秒以上長押ししても電話につながるとも言った。便利と言えば便利だが不便と言えば不便でもある。

  それでSiriをオンに設定した。その後、iPhoneの電源をいったん切って10秒後に再起動するとよいと言った。

  また、電源は毎日1回は切るようにするとよいと言ったが、私は毎晩寝る前に電源を切って寝ることにしているのでそれは問題なかった。

  電源を切ったり再起動するのは充電器につないでない状態でやるようにということであった。さらに使ったアプリはホームボタンを2度タップしてスワイプして消しておくとよいそうだ。私はいつもそうしている。

  今回のようなトラブルはiPhone5cの時にもよく起きた。auやアップルのサポートに電話したが結局解決にはいたらなかった。しかし、今回の竹沢さんは最初から明快に答えたので感心した。これでしばらく様子をみて、勝手に電話がかかることがなくなれば凄いと思う。そうなることを期待している。

 

 

« 停車中のアイドリング禁止を徹底せよ | トップページ | 増谷文雄「仏教入門」―④― »

パソコン・インターネット・スマホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの電話が勝手につながるトラブルの原因:

« 停車中のアイドリング禁止を徹底せよ | トップページ | 増谷文雄「仏教入門」―④― »