« 「糖質制限の真実」という本から | トップページ | メーテレドラマ「名古屋行最終列車」のくだらなさに驚く »

2016年2月 3日 (水)

自民党が頼りにする公明党の組織力

 自民党は先の衆議院議員選挙で多数の議席を獲得したのに相変わらず公明党と連立を組むのはなぜかと思っていた。公明党の母体である創価学会の組織力が頼りになるからなのだ。

 選挙になると創価学会員は戸別訪問をして候補者への支持を訴えて回る。私の所にも何人かやってくる。その熱心さは半端ではない。公明党がいつも手堅い得票で一定の当選者を確保しているのはその組織力がすごいからである。

 先日の沖縄県宜野湾市の市長選挙で自民党と公明党が推す現職の市長が当選をした。対立候補の民主党・共産党・社会大衆党・生活の党などが推す候補は破れてしまった。

 自民党が徹底して辺野古基地問題を避けたのが勝因だという見方がもっぱらである。しかし、別の見方をする人がいた。

 沖縄県の住人のIさんという人の見方は違っていた。

宜野湾市長選の敗北の原因は、軽減税率です。谷垣が絶対に公明党の軽減税率は譲れないということを、ギリギリまで頑張っているフリをして、最後は、安倍の一声で、公明党の最大の要求を受けるという演出をしました。これはすべて、創価学会公明党員むけのポーズでした。

 この瞬間、ぼくは 宜野湾市長選での敗北を予想しました。案の定、その翌日、公明党は佐喜眞候補の推薦を決定したというニュースがながれました。これでオシマイと、内心、思いました。」と述べている。

 どうしてか?公明党が自主投票にした選挙では、名護市長選、沖縄県知事選すべて勝利したが、自民党と共に公明党が推薦をした石垣、宮古、那覇市ではみな自公側が勝っているというのだ。

 公明党が自主投票にすると創価学会員は自分の考えで投票に行くようだが、推薦をすると組織の判断を優先するということなのだ。ここに宗教の怖さをみることができる。

 安保法制審議の時には創価学会の中からも安保反対、戦争法案反対の行動をする勇気がある人々が現れたが、残念ながら宜野湾市長選挙では辺野古基地より自民党の掲げたエサの方に目がくらんでしまった学会員が多かったのだ。

 自民党は公明党と連立を組んで10年以上になる。公明党は下駄の雪と揶揄されながら政権の中にいるメリットからへばりついている。かつての平和の党の看板を投げ捨てて平然と戦争参加への道を開く加担をし、沖縄基地の存続に手を貸しているのだ。

 宗教を信じるのは自由だが政治の判断は自主的にやってもらいたいものである。少なくとも基地問題、戦争と平和、原発問題は正しい判断をして欲しいものだ。

 

 

|

« 「糖質制限の真実」という本から | トップページ | メーテレドラマ「名古屋行最終列車」のくだらなさに驚く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 たった一つの参政権です。おっしゃるように自分の頭で判断して投票することが大事ですね。18歳選挙権の若年者もそうあってほしいものです。

投稿: らら | 2016年2月 3日 (水) 17時20分

民主党屈指の論客であった仙石由人氏が公明党について地元徳島県で「公明党という中途半端ないんちきな政党がいる。何が平和の党だ。何が福祉の党だ。どこかから命令が下りたら三日間で五万票が動く。こんなでたらめな民主主義があるか」と演説した。10年近く前のことであるが、今も変わらないか?それが組織政党だと言ってしまえばそれまでであるが、組織の上部の人が右向けと言えば一斉に右を向く。どこかの国の政治と変わらないではないか。私は現役時代、労組が推薦し、組織を挙げて応援した立候補者を他人には勧めておきながら(そうせざるを得なかった。)一度も投票したことがなかった。どの政党の誰に投票するかは、組織や他人から強制されるものではなく自分の頭で考えて貴重な一票を投じたいものである。

投稿: toshi | 2016年2月 3日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党が頼りにする公明党の組織力:

« 「糖質制限の真実」という本から | トップページ | メーテレドラマ「名古屋行最終列車」のくだらなさに驚く »