2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ソフトバンクの煩わしいサポート | トップページ | 停車中のアイドリング禁止を徹底せよ »

2016年2月17日 (水)

増谷文雄「仏教入門」―③―

仏教の輪郭

 

1.仏教はいかなる宗教か

 

  一。

 

 仏教はいかなる宗教であるか。

 

 仏教と名づけられる宗教は、現に私たちの前にもある。仏教寺院は村にも町にも都にもいらか高く聳えている。僧侶はその中にあって、経を読み、葬いを司り、老いたる善男善女をあつめ、或いは来世を説き、或いは加持を行い、或いは禅を修しておる。それらは疑いもなく仏教である。在家にあっても、或いは念仏を 称し、或いは題目を唱え、或いは仏寺に詣で、或いは時に仏書を繙いて瞑想の時をたのしむ者もあろう。そこにも確かに仏教はある。

 

 それらの寺院は、本山末寺の関係を連ねて大いなる組織をむすび、それらの在家の人々は、檀徒としていずれかの寺院に属せしめられておる。かかる教団の組織もまた仏教たるに相違ない。だが、この現前の仏教にも拘わらず、人々は依然として、仏教はいかなる宗教であるかを質ねるであろう。

 

 そのとき人々が意識的または無意識的に求めているところのものは、仏教をその本来の面目において理解するであろう。現前の仏教は枝葉徒にのび歪んで人々の精神の糧となすには適せず、むしろ釈尊の説けるままの仏教こそ尋ねたいとなすのである。かかる希望を、学問的に追求せんとする人々は、これを原始仏教と呼んだ。また、かかる仏教の理想を、現代にもたらさんとする熱情をもって追求する人々は、これを根本仏教と呼ぶのである。

 

 さて、かかる意味の 仏教はいかなる宗教であるか。その輪郭をえがかんとするに当たって、私はまず消極的の手法を用いてみたいと思っている。もし人が黒板の前に立って、これに何ものかをえがかんとすうrとき、そこに無用のものが描かれてあれば、先ずこれを拭き去ることを為すであろう。

 もしそれが、仏教の正しい理解に役立たぬか障げとなるかである場合には、それを寧ろきれいに拭き去らるべきである。そして、人が既に有している仏教の智識には、意外にかかる種類のものが尠くないのである。きれいに拭い去られた黒板の前に立って、新たに仏教の輪郭を描きはじめるために、私は先ず、仏教がいかなる宗教にあらざるかを語ることからはじめたいと思うのである。

※仮名遣い及び漢字は現代用法に改めた。また、段落も読みやすいように増やした。

« ソフトバンクの煩わしいサポート | トップページ | 停車中のアイドリング禁止を徹底せよ »

宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増谷文雄「仏教入門」―③―:

« ソフトバンクの煩わしいサポート | トップページ | 停車中のアイドリング禁止を徹底せよ »