2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 親指が大切なことを初めて知った | トップページ | iphoneの連絡帳のデータ保存ー「データお預かり」アプリ »

2016年1月 9日 (土)

iphone6sのデータバックアップで四苦八苦

 10月初めにiphone6sを買った。バッテリーが減るのが速いのでサポートに聞いたら、初めのうちはバックで使っているので減るのが速いが、そのうちに安定するということであった。

 そのまま使っていたが、今度は充電するのに何時間もかかることに気が付いた。それで12月にサポートに電話をして相談をした。そのときは古いiphone5sのコードを使って充電していたので、新しい方でやるようにと言われ、しばらく様子を見ることにした。

 けれども充電時間は相変わらず長くかかった。それでまたサポートに相談をした。新しいihoneに取り換えてもよいいと言ったが、データのバックアップなどが面倒なのでそのまま使うことにした。

 それまで朝ウオーキングから帰ってから充電していたのをやめて、寝る前にコンセントにつないで充電をすることにした。

 新年になってまたバッテリーの減りが速いことが気になった。私はYahooニュースを見るのと、写真をときどき撮るのと、メールのチェックと、たまにfacebookとLINEをチェックする程度の使い方である。音楽を聴いたり、YouTubeを見たりしないのでそんなにバッテリーを使うとは思えないのだ。

 ほとんど何もしないのに、夜9時ごろに28%まで減っていることがあった。それでまたサポートに電話をした。appleのサポートは大変丁寧で親切に粘り強く応対をしてくれる。

 結局、iphoneを初期化してバッテリーの使用状況を調べることになった。そのためにはデータのバックアップをしなければならない。リモートサポートで私のPCの画面を見ながらituneを起動してやってくれた。

 しかし、データの復元には時間がかかるので、私にやり方を説明してデータの復元が終わったら電話をして欲しいということであった。

 ituneの取り込みが終わったら「編集」の中の「設定」をクリックすると取り込めたかどうかが分かると言ったので、終わったころ見てみたら「今日、13:40」をなっていたのでうまく行ったと思った。

 私はバックアップの間ituneの画面の左上にある「%」と電池の形をしたものを見ていた。てっきりバックアップの進み具合を示すものだと思っていたのだ。

 取り込みが終わったのは「70%」のときで、そこで「ihoneの復元」ボタンをクリックした。特に変化はなかったが、「%」の数字が増えていくので進行していると思っていた。

 歯医者の予約がしてあったので、サポートに電話をしてこのままで出かけてもよいか尋ねたら、いいと言ったので出かけた。

 帰宅してみると、終わっていて「100%」となっていた。ところがiphoneの画面に「こんにちわ」が現れると言っていたのに出ていなかった。

 サポートに電話をすると今、度はスペシャリストに替わって女性のスペシャリストが対応してくれた。復元の状況を調べることになり、再びリモートサポートで調べてくれた。そして、復元が終わっていないことが分かった。

 「iphoneの復元」をクリックすると、前には出なかった「同意」画面が現れた。今度はうまく進んだ。メニューバーの付近の青いバーが移動して進行を教えてくれた。前に私が見ていた「%」はバッテリーの充電状況を示すものであったのだ。たしかにバッテリーは100%充電されていた。

 PCからiphoneへの復元は5分程度で終わり、その後ipohneでも復元が始まった。液晶のバーが左から右へ動いて進行状況を示した。5~6分ぐらいで「Hellow」が現れ、その後「こんにちわ」が現れた。

 「復元」と言っても、初期状態への復元であった。この状態で電池の減り方を見るということであった。

 この後スマホのEメールアドレスの設定をし、さらに自分でPCのメールが見られるようにしたのだが、Commufaのメールがなぜかうまく設定できず、今度はCommufaのサポートを頼んだ。それでも数十分かかり、9時近くになりぐったりしてしまった。

 17時ごろ100%であったバッテリーは、80%になっていた。3時間で20%減ったことになる。

 APPLEのサポートは大変親切で「問題が解決するようにします」と言って安心させてくれる。また応対の仕方もとても感じがよく、時間がかかるのもいとわずにやってくれるので感謝している。

 

 

 

« 親指が大切なことを初めて知った | トップページ | iphoneの連絡帳のデータ保存ー「データお預かり」アプリ »

パソコン・インターネット・スマホ」カテゴリの記事

コメント

ガラ携の時は1年ごとにバッテリーの交換をしてくれたのですが、iphoneはダメなようです。もったいない話です。新しい機種を買わせる作戦かもしれません。

以前にも書きましたが、5年前に買ったiPadがバッテリーが消耗したため昨年の8月に新しいipadを購入しました。しかし以前のiPad
もケーブルをつなぎっぱなしにしておくと、使えないことはないのでそのまま使っていました。ところが最近どうしても立ち上がらなくなり、いよいよ寿命が尽きたように思えます。PCは5年も使えば御の字だそうですが、せめてバッテリー交換が安価にできればさらに長く使えると思えるのですが、バッテリー交換はできないそうです。また、バッテリーがダメでも電源をつなぎっぱなしにしていれば機能するのではと素人は思うのですが、それもダメとのことです。他の家電であれば10年以上使えるのが普通であるのにと言いたくもなります。早く消耗させろがメーカーの戦略なのではと思えてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iphone6sのデータバックアップで四苦八苦:

« 親指が大切なことを初めて知った | トップページ | iphoneの連絡帳のデータ保存ー「データお預かり」アプリ »