« 憲法9条を守ろう「2015愛知県民のつどい」―①― | トップページ | 憲法9条を守ろう 2015愛知県民のつどい―③― »

2015年11月 6日 (金)

憲法9条を守ろう 2015愛知県民のつどい―②―

 ●何でも決める第二次安倍政権

1.手段としての「富国強兵」

 ①富国→アベノミクスによる株高、円安の演出。それによって恩恵を受けられたのは、大企業と富裕層だけ。一般国民は円安で輸入価格が上がり、食料品に反映して、物価高にあえいでいる。

 ②強兵→自衛隊を積極活用した安全保障政策への誘導。

2.独裁に等しい閣議優先、国会軽視

 安倍首相は重要な議題をすべて閣議決定という手段で決めてきた。閣議といっても20名以下の大臣で決めることであり、反対する者はいないし、もし反対すれば入れ替えるだけだから、事実上の安倍独裁である。

 そうやって決めたことは、国家安全保障政略、防衛計画大綱、中期防衛力背日計画である。

 そして昨年7月1日の憲法解釈へんこうによる「集団的自衛権行使容認」であった。ありえない事例をみせて国民を騙す手口であった。

 ガイドラインの先行、安全保障法制は後回しにした。

●安倍訪米の狙いは何か

1.改憲へ向けた米国詣で

 ①リセットしたかった安倍政権へのマイナス評価。

   ・2013年の初の訪米では昼食を含めてたった1時間半というオバマ大統領との会談。

   ・靖国参拝などでつくられた歴史修正主義を上書き

 ②そこで2回目の訪米では、手土産を用意した。それは「ガイドライン改定」と「TPP支援」

   ・ガイドライン改定で、地球規模で戦う米軍に自衛隊を提供

   ・TPPをやりたいオバマ大統領を支援するため、譲歩に譲歩を重ね日本の農業を米国に

    提供。日本の農業は食いつぶされるであろう。

    戦後レジーム脱却を掲げる安倍首相だがむしろ固定化させた

2.米国に安保法制を夏までに成立を約束した意味

 ・衆議院で2/3の多数を握ったので成立は可能。何としてもやる。

 ・2016年 参議院選挙では与党で2/3議席を確保。野党はバラバラだし、安保でもめたこと

  は忘れるであろう。

 ・2017年 第1回めの憲法改定のための国民投票実施。そのときは国民に慣れさせるため

  に、環境権と緊急事態条項を憲法に入れることを提案する。しかし、緊急事態条項は安倍  

  首相に自由に自衛隊を派遣させる根拠にされる恐れがある。

 ・2018年 第2回の国民投票で憲法9条を改定。

 安倍首相が任期2年で衆議院を解散したのは、次の4年間を確保できるからで、4年間の

 安倍政権の間に、9条改定までやってしまうという目論みなのだ。

                ―つづく―

|

« 憲法9条を守ろう「2015愛知県民のつどい」―①― | トップページ | 憲法9条を守ろう 2015愛知県民のつどい―③― »

憲法問題」カテゴリの記事

コメント

 安倍独裁の指摘は半田氏の言ったことです。その通りになっていますね。

投稿: らら | 2015年11月 6日 (金) 09時23分

今まで気がつきませんてしたが、貴兄のおっしゃる通り、閣議決定は手っ取り早い独裁の手法ですね。
安倍独裁者が君臨する限り、独裁政治がまかり通ります。恐ろしいことです。
ついに辺野古に機動隊が乱入したそうですね。無抵抗な市民に対する暴力のテロです。そういうことはみんな閣議決定で正当化してしまうのですから、この国の法治はなくなります。
アーアーヤンナッチャウナ、アーアーオドロイタ

投稿: Ninja | 2015年11月 6日 (金) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条を守ろう 2015愛知県民のつどい―②―:

« 憲法9条を守ろう「2015愛知県民のつどい」―①― | トップページ | 憲法9条を守ろう 2015愛知県民のつどい―③― »