« 前進座の芝居を観た | トップページ | 昭和男爵コーラスとスイートポテトのコンサート »

2015年10月 1日 (木)

安保法成立で感じる不安

 参議院特別委員会の大混乱の中の採決は私は認めない立場だが、安保関連法案は成立したことになっている。

  安保法が施行されるのは来年早々だと言われるが、それに向けて自衛隊を含めて着々準備がされているようだ。

  新聞によると、すでに行っているスーダンへのPKOで、駆けつけ警護も行われるという。そうなると当然どこかで発砲という事態が生じるであろう。

  私が不安に感じるのは、いったい誰が銃の最初の引き金を引くかということと誰が最初の戦死者になるかということである。

  銃を撃てばきっと相手の誰かが死ぬであろうし、相手に撃たれれば誰かが戦死となる。その第1号は誰になるのだろう?

  もしそういう事態になれば、戦後初めての発砲は大ニュースになるであろう。また戦後初の戦死者が出ればこれも英雄扱いになるかもしれない。

  第一号の戦死者には安倍首相自身が葬儀に行くのだろうか。もし発砲をして相手を殺したらどんな声明を発表するのだろうか。

  もう一つの不安は、サンデーモーニングのコメンテーターによると、IS(イスラム国)が「日本の一般市民に加えて在外公館を攻撃する」と警告したそうだ。

  安保法成立によって早くも危惧されていたことが現実となったのだ。東京の山手線かどこかの鉄道で自爆テロなどが行うことはテロリストには容易であろうと思われる。日本でテロが行われたら世界中を駆け巡る大ニュースとなるに違いない。これまで平和で安全だと考えられてきた日本だからだ。

 安倍首相は「国民の命と安全をより一層強固に守るために」安保法を作るのだと何度も繰り返したが、それが覆される日が近いように思うのだそれが第2の不安である。

 サンデーモーニングの岸井コメンテーターは、「参議院選挙で安保反対派が多数を取れば安保法を執行停止にできる」と指摘していた。もしそれが可能なら「安保法反対」の1点で野党が共闘して、来年の参議院議員選挙で自民・公明・次世代など安保賛成派を引きずりおろしてほしい。SEALDsなどはそのために活動を続けると言っている。共産党も1点共闘を呼び掛けている。

不幸な犠牲者をださないために、戦後70年続いた平和ブランドを取り戻すためにみんなが行動することが大事なときである。

 

|

« 前進座の芝居を観た | トップページ | 昭和男爵コーラスとスイートポテトのコンサート »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

意外に早く戦争参加が来るのではと危惧しています。何とか執行停止にしたいものです。戦争反対安保反対が非国民扱いになるということもあり得るでしょうね。

投稿: らら | 2015年10月 1日 (木) 21時23分

南スーダンへの自衛隊派遣派遣は中国軍を後方支援するための駆けつけ警護になりそうですね。これまでは中国脅威論を盾にして安保法制を強行成立させておいて、中国の権益を守るためとは論理が成り立たないですね。自衛隊員の戦死者が出れば命がけで出かけているのに安保法に反対するものは非国民だと非難するのでしょう。軍人ではないので捕虜になっても身分保証もなく、帰国後にPTSDで生涯苦しむ人がたくさん出ることは容易に想像ができますね。

投稿: danny | 2015年10月 1日 (木) 14時30分

全く同じ危機感を抱いています。
安倍語辞典による「安全保障」は一般のわれわれの言葉では「危険招来」です。
アメリカに従い、アメリカと共にある限り、生命の危機はぬぐわれません。
私は国会周辺の集会に爆弾が投げ込まれることを危惧していました。幸いその危惧はおこりませんでしたが、奥田愛基君への脅迫が行われました。
これから安保反対、アメリカ反対、平和を守れ国民主権を取り戻せ、の運動が活発になるとともに、安倍演説にかかわるテロの危険も増すと思います。
その前に野党連合の選挙協力が成立して、選挙に勝利してほしいと思います。

投稿: Ninja | 2015年10月 1日 (木) 10時06分

決して起こって欲しくない事態であるが、残念ながら起こりうる可能性の高いシナリオである。多くの国民はこうした事態が起きて初めて事の本質が分かることになる。安倍総理は国連での一般演説で日本は積極的平和主義の理念のもと、世界の平和に貢献します、と胸を張り、また安保理常任理事国入りを目指すことを表明した。積極的平和主義とは当然、集団的自衛権の行使を意味している。来年の参議院選挙までは何も起きなければ争点にならないし、しない。これが政権側の切実な願いであるとみるが。

投稿: toshi | 2015年10月 1日 (木) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/61837538

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法成立で感じる不安:

« 前進座の芝居を観た | トップページ | 昭和男爵コーラスとスイートポテトのコンサート »