2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 新六会有志傘寿祝い旅行―③― | トップページ | 伏見稲荷へ行く »

2015年10月28日 (水)

新六会有志傘寿祝いの旅行―④―

 ホテルに戻りしばらく部屋で休憩をした。6時10分前に写真室に集まって記念写真を撮った。あとで知ったのだが、同窓会のイベントをこのホテル(ルビノ)でやると、記念写真が付いてくる仕組みになっていた。

  6時から宴会室に移動した。和室大広間なので座布団に座らなければならない。でも、高さ20cmぐらいの和風腰掛があったのでそれに座った。私は膝が硬いのか正座ができないし、足を投げ出すのも苦手なのだ。高齢者にはテーブル席の方がいいという声が聞こえた。今は和室でもテーブルを置くところが多いのだ。

  私の前にSさんとT君、左隣がTさん、右隣がR君であった。私は美女に囲まれて幸せだなあと言った。Sさんは頭髪が真っ白であったが若いころの美人の面影を残していた。Tさんは髪が真っ黒なので驚いたが、そのことを言うと、女性はみんなそれなりにケアをしているのよと言っていた。男性は髪が薄く白髪の多い状態であった。そめたりしないようだ。

  K君が挨拶をして乾杯の音頭を取った。その後は飲み放題であった。T君は飲めるらしく、ピッチが速かった。SさんとT君がどんどん注いでくるので酒量が多くなってしまった。

  東京から来たU君は今でもフルマラソンに出ているそうでびっくりした。こうした会に出てこられるのだから元気な訳だが、膝の故障とか、腰の故障とか、脳の故障とか、ガンだとかいろいろな病を持っているのは仕方がない。はるばる宮崎から飛行機で来た陶芸家のOさんは車椅子での参加だが、作品作りで樺太やアメリカなどに行くと言っていた。

  三重のS君が「米寿を祝えるように頑張ろう」とはっぱをかけていた。途中で用意してあった歌を歌った。合唱をやっているS君、Iさん、Tさんと私が前に出てリードした。新宮高校校歌は学校分割で消滅したのだがみなしっかり覚えていて元気よく歌った。

2次会は15人がタクシーでホテルが紹介してくれた「ジャンカラ」というカラオケに行った。余り大きくない部屋であった。1時間半の制限で、結局一人1曲歌えただけであった。ビールが300円と言っていたが、一人1800円もとられみんなはぶつぶつ言っていた。どう考えても高いカラオケであった。

 カラオケで一番うまいなあと感じたのは合唱をやっているというTさんであった。でも他の連中もそれなりに上手で感心した。

 カラオケに行かなかった連中は差し入れのワインやウイスキーを飲んで歓談をしたという。カラオケに行かなかった方が正解であった。

Cimg0362

 

 

 

« 新六会有志傘寿祝い旅行―③― | トップページ | 伏見稲荷へ行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 お互いにこれまで生きてこられたことを感謝し喜び昔日を懐かしみました。

お写真からは懇親会が盛大に盛りあがったことが伺えます。60年以上前にタイムスリップしお互い昔話に何の遠慮もなく話し合えるのは同窓会ならではですね。新宮高校と言えば、確か昭和31年?頃、甲子園球場で剛腕ピッチャーの前岡勤也擁する新宮高校チームが強豪浪花商業高校を破ったことは小学生ながら鮮明に覚えています。たぶん、その時代に少し重なったのではと思います。
それはともかく私も10年後にこの様な同窓会が企画され出席できればと思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新六会有志傘寿祝いの旅行―④―:

« 新六会有志傘寿祝い旅行―③― | トップページ | 伏見稲荷へ行く »