« 「生涯健康脳」という本を読んで―②― | トップページ | 「生涯健康脳」を読んで―③― »

2015年10月20日 (火)

昭和生涯教育センター祭りでコンサート

 10月16日(土)は昭和生涯教育センター祭りの初日であった。我が昭和男爵コーラスは恒例となった女声コーラスのスイートポテトとジョイントコンサートを開いた。

 スイートポテトは創立35年ぐらいの歴史を持つが、昭和男爵コーラスもいつの間にか9年目となった。時が過ぎるのは速いものだ。

 創立当初からのメンバーは私を含めて5人となったが、途中入会者があるので現在は17名である。今年は一人も欠けることなく出演できたのがよかった。

 10時半から11時までスイートポテトが歌った。メンバーは10名に減っていたが、おそろいの黄色いユニホームで次の5曲を歌った。

   バイカル湖のほとり

    モルダウ

    時代

    糸

    里の秋

 きれいなハーモニーで歌った。指揮者は創立以来同じ指揮者だというのも凄い。

  11時からは我々の出番であった。今年は4曲歌った。

 戦前の昭和15年ごろに流行った「山の彼方に」

 橋幸夫と吉永小百合が歌ってヒットした「いつでも夢を」

 谷村新司の有名な「昴」

 灰田勝彦のジャズっぽい曲「煌めく星座」

 いずれも団員が曲の解説をしたが、この解説が毎年好評で、今年も曲の成り立ちや背景がよく分かりよかった。

 私としては「いつでも夢を」と「昴」が歌っていて気持ちがよかった。低音部もメロディーを歌う場面があるし編曲がいいからだろうと思った。いずれも4分の長い曲だ。

 次は、11月26日のイーブルなごや(旧女性会館)での出演である。昭和男爵コーラスは14時ごろの予定である。

Cimg0299


Cimg0289

 

 

|

« 「生涯健康脳」という本を読んで―②― | トップページ | 「生涯健康脳」を読んで―③― »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Toshi様
ご返信どうもありがとうございました。
「人生の達人」を少々誤解しまして失礼いたしました。
クラシック音楽はいくらか好きな私ですが、聴く範囲が極端に限られているため、シューベルトは「未完成交響曲」と「アルペジオーネ・ソナタ」は2,30回聴いたことがありますが、ほかは歌曲も交響曲もほとんど未聴でした。

らら様
そうでしたか。「いつでも夢を」は男女で歌う定番曲ですから、最後に混成合唱でもう一度きかせてもらえたら、お客さんにとっては一粒で二度おいしい音楽会になったかもしれません。

投稿: たりらりら | 2015年10月21日 (水) 09時27分

 もちろん全員合唱はありました。
スイートポテトは「里の秋」私たちは「煌めく星座」でした。

投稿: らら | 2015年10月20日 (火) 16時07分

たりらりらさんへ。
一般的にはシンフォニーがメインプログラムで、後半に演奏するのが常ですが、今回はウィーンの香りと銘打ってのコンサートでしたのでワルツの小品がメインプログラムとなりました。人生の達人とは不遜ながら、演奏者のことを言っています。団員の平均年齢が65歳以上、人生経験が豊富で分別も十分あり?ということだそうです。歳をとれば人生経験はともかく、無分別になることが多いのが今の高齢者の実態ですが、、。シューベルトとの交響曲は未完成があまりにも有名ですが、今回の4番もシューベルトらしさに溢れた名曲でした。

投稿: Toshi | 2015年10月20日 (火) 12時57分

楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
朝ドラの「あまちゃん」のテーマ曲は歌ではなかった(朝っぱらからオッフェンバックかのようなにぎにぎしい演奏でした)かわりに「いつでも夢を」が劇中で何度も歌われて、橋幸夫を知らない世代にまでひろまった感があります。
ところで、この手のジョイントコンサートでは最後にすべての団体による合唱がよくありますが、それはなかったのですか?
また先日の記事では「人生の達人のための音楽会」が取り上げられていましたが、あの音楽会では、おくれてくる客を待ちつつ演奏者もウォーミングアップするために冒頭で小品を演奏するということはなかったのですか?人生の達人は、おくれてこないのかもしれませんが。
それにしても、あの記事を見なければ一生縁がなかったにちがいないシューベルトの交響曲第4番ですが、録音をさがして聴いてみました。

投稿: たりらりら | 2015年10月20日 (火) 09時56分

私もいつの間にか齢70歳となり、出演者の皆さんとほぼ時代背景が重なりますので、グループの歌声を聴くのを毎年楽しみにしています。いつでも夢はそれほど昔の歌とは思っていませんでしたが、もう50年以上も昔の歌になったのですね。改めて歳月の移ろいを感じました。男純情ので始まる灰田勝彦の歌は古さを感じないメロディーで好きな歌ですが、それが「煌めく星座」という題名であることも恥ずかしながら初めて知りました。まさにラジオ深夜便を聴くようなひとときでした。いつまでもお元気で
ご活躍ください。

投稿: toshi | 2015年10月20日 (火) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和生涯教育センター祭りでコンサート:

« 「生涯健康脳」という本を読んで―②― | トップページ | 「生涯健康脳」を読んで―③― »