« 採決成立とは言えない特別委員会採決の暴挙 | トップページ | NHKスペシャル「老衰死 穏やかな最期を迎えるために」を観て »

2015年9月22日 (火)

再掲載:採決やり直しを求める署名

 昨日夕方にblogに追加しましたが再度掲載します。

          記

以下の呼びかけの拡散にご協力いただけましたら幸いです。

 政府・与党は917日の参議院安保特別委員会で、2つの安保関連法案ほか計5件の案件を「採決」し、「可決」したとみなし、マスコミもそのように報道しています。
しかし、「採決」の場面をテレビで視た多くの市民の間で、「あのように委員長席周辺が騒然とし、委員長の議事進行の声を自席で委員が聴き取れない状況で、5件もの採決がされたとは信じられない」という声が飛び交っています。至極もっともな感想ではないでしょうか?
ということは、「強行採決」に抗議する以前に、「採決」はそもそもなかったというのが真相ではないでしょうか?

このような余りに理不尽な状況が既成事実としてまかり通るのを見過ごすことはできません。
そこで、緊急に山崎参議院議長、鴻池安保特別委員会宛てに、添付のような申し入れをすることにしました。

以下のとおり、皆様に賛同の呼びかけをさせていただきます。

「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛同のお願い

   
 

 
 

「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」への賛同のお願い

 

続きを読む...

 

http://netsy.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-6f5b.html

賛同いただける方は次の署名フォームにご記入の上、至急、送信下さるようお願い
いたします。

http://form1.fc2.com/form/?id=009b762e6f4b570b

申し入れは、賛同者名簿を添えて、今国会の会期末(927日)までに提出します。

それに合わせて賛同署名は925日(金)10時締切りとします。

時間が切迫しているため、僭越ながら、醍醐1人の呼びかけでスタートさせていただ

きましたが、呼びかけ人に加わっていただける方は次へご一報をお願いします

shichosha_kangeki@yahoo.co.jp または、080-7814-9650

あわせて、この呼びかけ転載した私設のブログ記事をお知らせします。

「安保関連法案の採決不存在の確認と法案審議の再開を求める申し入れ」
への賛同のお願い

http://sdaigo.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/post-bd74.html

呼びかけ人

醍醐 聰(東京大学名誉教授)

 shichosha_kangeki@yahoo.co.jp

電話:08078149650

|

« 採決成立とは言えない特別委員会採決の暴挙 | トップページ | NHKスペシャル「老衰死 穏やかな最期を迎えるために」を観て »

憲法問題」カテゴリの記事

コメント

特別委員会採決の無効ははっきりしています。良識の府が泣きます。鴻池委員長も所詮同じ穴のムジナでしたね。

投稿: らら | 2015年9月22日 (火) 11時33分

参議院安保特別委員会の様子をテレビで見ていて、あんな採決はあり得ないと思いましたが、安倍内閣は閣議決定から強行採決、訳の分からない答弁など何から何まで徹頭徹尾、質問者や国民の声に真摯に向き合わない内閣なので、あのような採決をされても、またかという気持ちでした。でもそんなふうにあきらめてはいけないですね。廃案(廃止)にするまでがこれからが本当の民主主義と憲法を守る長い闘いの始まりだと思います。早速友達、知人に拡散して、賛同者が増え続けています。ご紹介ありがとうございました。

投稿: danny | 2015年9月22日 (火) 07時23分

呼びかけをしてくださってありがとうございました。
いま、参議院での記録を見たら、鴻池委員長がうその報告をしているのを知りました。委員会で「可決した。詳細は議事録を見てくれ」と言っています。議事録は「議場騒然、聴取不能」です。
本会議もこのうその報告に基づいて行われています。
何を言っても「無効」は明らかです。

投稿: Ninja | 2015年9月22日 (火) 06時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再掲載:採決やり直しを求める署名:

« 採決成立とは言えない特別委員会採決の暴挙 | トップページ | NHKスペシャル「老衰死 穏やかな最期を迎えるために」を観て »