2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 体感してみたかったSEALDsの集会 | トップページ | アメリカには褒めてもらえた安倍談話だが »

2015年8月15日 (土)

戦後70年の終戦記念日に

 昨年の終戦記念日に、歴史的転換の年のスタートになると書いたと思うのだが、戦後70年の今年はそれが現実になろうとしている。それもこれも安倍の執念のせいである。

 その安倍の執念を実現させるべく自民党・公明党が一丸となっている。誰が何と言おうと耳を貸さない。麻生副総理は麻生派の議員総会で武藤貴也議員の「反対する若者は利己主義」発言について、「今は発言に気を付けなければならない。法案が通ってしまえば何を言ってもよい」と述べた。とにかく法案さえ通してしまえば!というのが彼らの本音である。

 戦後70年もの間世界では各地で戦争が起こり今も続いているが、日本が戦争に直接参加することなく、銃の引き金を引いて発砲することなくやってこられたのは憲法9条があったからである。

 安保法案が成立すれば、自衛隊は海外派遣をされるようになる。後方支援だと言っているが後方は兵站であり前線となんら変わりなく、むしろ相手から見れば兵站を叩けば戦争に有利になるのだ。

 徴兵制が敷かれることは絶対にないと安倍首相はいうが、憲法の解釈を変更する達人だからまた簡単に徴兵制にするであろう。

 武器輸出の3原則も変えてしまい、なんでも輸出できるようにし、軍需産業を儲けさせる道を開いた。

 自衛隊では法案の成立を見込んで、自衛隊の運用や訓練の仕方についてすでに準備を進めていることが分かった。共産党の小池議員内部資料を提示して追及したのだ。

 安保法案が成立すれば、戦後70年間培ってきた世界の平和国家日本への信頼を損なうだけでなく、米国などと一緒になって戦争に参加する国としてテロなどの攻撃の対象にされるであろう。

 安倍首相は戦後70年の首相談話にお詫びを入れたが、これは世論等に押されて渋々入れたものであり、心からのものとは思われない。おそらく中国や韓国などもそう感じているに違いない。今はお詫びをしておいてもいつでも覆すことができると踏んでのことだ。諸外国からみても、憲法でさえ簡単に解釈変更をしたのだから、談話の変更ぐらい朝飯前と信頼されないだろうと思う。

 戦争が嫌なのは利己心からではなくて、実際に戦争に巻き込まれたら悲惨な目に合うのは一般国民だからだ。そのことは太平洋戦争で骨髄まで知らされたのだ。

 戦後70年戦争経験の風化が叫ばれる今、もう一度戦争のむごさ、惨めさを思い出し、生きている高齢者から聞いて、平和の大切さをしっかりと心に留めなければならない。

 8月15日は不戦の誓いを改めてする日である。

« 体感してみたかったSEALDsの集会 | トップページ | アメリカには褒めてもらえた安倍談話だが »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

 半年早く戦争を終わらせていれば200万人ぐらいの命が助かったかもしれませんね。1億玉砕、本土決戦などと国民を鼓舞した軍部や統治者の責任は重大です。

自衛隊の内部文書が出るということは、自衛隊の幹部の中にも安保法制を危惧する人がいるということですね。

今年は戦後70年の節目、尚且つ安保法制の問題が国会で議論されていることもあって、新聞には例年と比べ終戦にまつわる記事が多いのが目立つ。昨日の中日新聞には戦争体験者の声に紙面の多くを割いていた。私はアメリカが無辜の市民に容赦のない空襲を加え大量殺戮したことに激しい怒りを感じる。
しかしながらアメリカは日本の戦争指導者に降伏を迫る事前通告を何度もしていたのであった。これに対し、軍部はあくまで徹底抗戦を主張し、勝利は望めないまでも一撃講和論に固執したのであった。歴史にもしは無意味であるが、半年早い段階で降伏を受け入れたならば東京大空襲も沖縄戦も原爆投下もなかったのである。軍部のメンツ故に多くの無辜の市民が犠牲になったのである。アメリカはけしからんという前に当時の政治家、軍部のミスリードはもっと厳しく問われるべきである。

首相談話も所詮は人に書いてもらった作文を代読しただけで、心からの言葉ではないから相手には何も伝わりませんね。安保法案を通すためなら心にない言葉でも渋々入れただけでしょうね。戦後70年が過ぎても未だに敗戦を認めない人々が国会議員にも数多くいますね。満州侵略を率いた帝国軍元司令官と明治憲法への回帰を目指す宗教団体が合体した日本会議に所属する国会議員289人も、時代錯誤の思想に何の疑問も感じないのか、派閥が無くなって以来、領主様に絶対服従になって思考停止状態になっていますね。憲法違反の法案にこれだけ大きな国民の反対の声が届かない国会は、国民無視で民主主義も立憲主義も破壊していますね。アメリカとの約束がすべてにおいて最優先で、日米ガイドラインや安保法案も国会無視で必ず成立させると先に約束して、既に自衛隊が米軍と合同訓練したり、先制攻撃も可能だと言う法案の先取りの計画が明るみになっているのは、自衛隊の中にも法案に反対して、徐々に文民統制が崩れ背広組と対等になった制服組の暴走を危ぶむ人がいる証拠だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦後70年の終戦記念日に:

« 体感してみたかったSEALDsの集会 | トップページ | アメリカには褒めてもらえた安倍談話だが »