« とうとう安全保障関連法が決まる | トップページ | 天声人語で知った若手弁護士の会の記事 »

2015年7月17日 (金)

安保法案採決を中継しなかったNHK-非難殺到という

 15日の衆議院特別委員会で自民・公明の与党は強行採決をした。スマートニュースによると、予め採決が行われることが想定されていたにも拘わらずNHKは中継をしなかった。

 こんな大事な法案の採決を、その前の討論も含めて中継放送しないというのは言語道断である。本来ならこういうNHKこそ呼びつけて叱るべきである。朝日新聞、毎日新聞、沖縄新聞などは潰せというのに、知らん顔である。

 これでは「みなさまの公共放送NHK」が「安倍様のNHK」になっていることの証明である。HK会長は安倍首相のお友達、経営委員にも多くの息がかかった人が配置されている。だからこそこのようなことになったのだ。

 強行採決という、自分たちのしていることにやましいところがあるので、与党は重要場面の国会中継をしてほしくない、それを慮ってNHK幹部は中継をさせなかったのだろう。

  こうしたNHKに対して非難が殺到しているとスマートニュースは書いている。当然である。ネットでは、「こんな重大な日に国会中継しないで、何が日本放送協会だよ」とか「公共放送としての自殺行為だなどNHKの報道姿勢を批判する声が多数だという。電話でも問い合わせや苦情が殺到し、電話がつながらないという事態も発生したそうだ。

 

 

|

« とうとう安全保障関連法が決まる | トップページ | 天声人語で知った若手弁護士の会の記事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 ワシントンポストの報道については知りませんでした。安倍政権によって懐柔されていることを見抜いているのですね。産経や読売を「政府広報機関」と言ったのもアメリカのメディアでした。

投稿: らら | 2015年7月17日 (金) 09時45分

安保法案採決の重要場面をNHKが報道中継しなかったことについて、今朝のテレビニュースによるとワシントンポスト誌はNHKは安倍政権を支持する経営者によって経営されているからだと報じているとのこと。ワシントンポストといえば、ニューヨークタイムズと並びアメリカを代表する有力メディアである。世論形成に関わるNHKの影響力は大変大きい。これからも政権の意向を忖度し、いっけん中立を装いながらも巧みに世論誘導を図っていくものと思われる。籾井NHK会長が過日いみじくも発言した「政府が右だといっているものを左とはいえないですわな 」がリアリティを持つことになるであろう。

投稿: toshi | 2015年7月17日 (金) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法案採決を中継しなかったNHK-非難殺到という:

« とうとう安全保障関連法が決まる | トップページ | 天声人語で知った若手弁護士の会の記事 »