« 自転車の交通規制強化ーしっかり説明してほしい!! | トップページ | オルガンの秋コンサートを2つ聴く »

2015年6月 4日 (木)

「新緑 中部ハーモニカコンサート」、とてもよかったです

 日本語教室で一緒の稲垣さんは中部ハーモニカ連盟の事務局長である。案内を頂いたので、5月31日に「新緑 中部ハーモニカ連盟コンサート」を聴きに出かけた。場所は天白文化小劇場で地下鉄の原駅を降りたところにあり大変便利であった。

  開場時刻の12時半ごろ着くと受付に稲垣さんがいた。会場に入るとまだあまり来ていなかったので気に入った席を取ることが出来た。

  プログラムは4部に分かれていて、第1部はソロが4人、デュエットが1組、グループが4組あった。

  第2部はグループが2組、デュエットが1組、ソロが9人であった。

  第3部はグループが4組出演した。

  第4部はホルンを中心にしたハーモニカ・コーキンズの特別出演であった。

  演奏曲目は、演歌、唱歌、外国の歌、ポピュラーソング、ジャズ、クラッシック、タンゴなどバラエティに富んでいた。

  ソロの人はクロマチックハーモニカや複数のハーモニカを操っての演奏であった。グループの演奏はバスや特殊なハーモニカも加わってのアンサンブルであった。このハーモニカコンサートは無料で、アマチュアの演奏であったが、皆さんはとてもレベルの高い人が多く、最後まで楽しむことができた。演奏の前にメッセージが紹介されるのもよかった。

  演奏者も会場の人も若い人が少なくて、ほとんどが高齢者であった。高齢者は子供の頃にハーモニカを手にしたであろうし、戦後小学校の音楽で扱われたことも関係しているかもしれない。

 次回は9月22日(火)に天白文化小劇場で午後12時半開場で開かれる。入場無料である。次もぜひ聴きに行きたいものだと思った。

 なお、近々では6月6日(土)午後1時から東文化小劇場で「第15回 カトレア・ハーモニカ・フェスタ」が開かれるそうだ。入場無料である。

Fullsizerender


Hamonika1


Hamonika2

|

« 自転車の交通規制強化ーしっかり説明してほしい!! | トップページ | オルガンの秋コンサートを2つ聴く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 私はハーモニカもものにできませんでした。楽器はすべてダメでした。ハーモニカも素晴らしい楽器です。若ければ習いたいと思うでしょう。

投稿: らら | 2015年6月 5日 (金) 08時51分

ハーモニカと聞くと私は小沢昭一のハーモニカブルースをいつも思い出します。戦後の何もかも欠乏していた時代、音楽に渇望した若者がどうしてもハーモニカが欲しかった心境を小沢昭一独特の語りでみごとに歌いあげているこの歌は大変面白い。またその中で演奏される「丘を越えて」を聴くといつも胸がわくわくします。どこか人生の哀愁を感じさせるハーモニカの響きは私は大好きです。天白文化小劇場は近いので次回は出かけたいと思います。
参考までにハーモニカブルースのサイトを貼り付けます。
https://www.youtube.com/watch?v=2jIW5dxWZsY

投稿: toshi | 2015年6月 4日 (木) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「新緑 中部ハーモニカコンサート」、とてもよかったです:

« 自転車の交通規制強化ーしっかり説明してほしい!! | トップページ | オルガンの秋コンサートを2つ聴く »