2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今国会の焦点は平和安全法案が憲法違反かどうかだ | トップページ | 不親切なマイクロソフト―いい加減なWINDOWS10アップグレード情報 »

2015年6月21日 (日)

NHKのトランス脂肪酸報道のいい加減さ

 6月17日の7時のNHKニュースで、米国のトランス脂肪酸使用廃止について簡単に伝えた。米国食品医療薬品局が16日、トランス脂肪酸の食品への添加を、2018年以降原則禁止するという内容であった。禁止により年間数千人の心臓発作による命を救えるということであった。

 

 米国食品医薬局(FDA)は、2013年に規制に乗り出す方針を示し、その後の科学的見地からの検討の結果、食品にトランス脂肪酸を使うことは「安全とは認められない」と結論付けたのである。

 

 食品業界は、3年の猶予期間の間に、代用の添加物を調達することを求められる。トランス脂肪酸はマーガリンや菓子、既成の揚げ物などに多く含まれていることは前に取り上げた。

 

 消費者庁によると、日本では、トランス脂肪酸に関する基準値や含有量の表示義務はなく、野放しになっている。厚生委労働省の「食品摂取基準2015年版では、「日本人の摂取量はアメリカ人に比べてかなり少ない」としている。しかし、これは人命や健康に大きくかかわる問題なのだ。政府の態度は無責任と言うほかない。

 NHKニュースでは、日本ではどうなっているかという重要なことを報じなかったのだ。米国では2018年に明確に禁止するというのに、日本では野放しになっていて、厚労省のように「日本人は摂取量が少ない」などとのんびりしているのに同調したとしか思えない。

 NHKは安倍首相のお友達の籾井会長になってから、政府広報機関となっているから、政府に不利な報道はしないのであろう。

 米国で禁止に踏み切ったから、日本でもそうすべきだという意味で、せめて日本では規制がないというぐらいのことは付け加えてほしかった。

 トランス脂肪酸は、日常私たちが食べるさまざまな食品に含まれているのだから、これからは気を付けて食べるようにすべきである。現状では自分で防衛するしかないのだ。こういうことこそアメリカにならって集団的自衛をしてほしいと切に思う。

 ●参考

 トランス脂肪酸を多く含む食品→マーガリン
 マーガリンに含まれるトランス脂肪酸の含有量は約10~14%とかなり高い。

 ショートニングを含んだお菓子類にも多い。ショートニングとは植物油などを原料に作られる油の一つで、食べた時にサクサク感が出る。そのためクッキーやパン、ケーキなどによく用いられている。油で揚げたスナックやビスケットなどにも、トランス脂肪酸は含まれている。

食用油にも多くのトランス脂肪酸が含まれている傾向があり、サラダ油やなたね油、てんぷら油、大豆油の場合で1~2.5%程度。

これらの油は精製する際に高熱を加えるわけですが、その際にトランス脂肪酸が発生するのだ。一方でオリーブオイルやごま油などは比較的含有量が少なく、0.5%未満。

揚げ物をする場合に、古い油を何度も繰り返して使えば、トランス脂肪酸の含有量が増える。

 他に、カレールウ、シチュールウ、マヨネーズなどやインスタント食品、レトルト食

 品、揚げ物やてんぷら、フライなど。

« 今国会の焦点は平和安全法案が憲法違反かどうかだ | トップページ | 不親切なマイクロソフト―いい加減なWINDOWS10アップグレード情報 »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

トランス脂肪酸は前回も取り上げていただいたので気にはしてました。しかしながら、トランス脂肪酸についてきちんと答えられる人は殆どいないように思います。私も再度、ネットで検索しましたが、化学にある程度の素養がないと読むのが苦痛になり、何だっていいわという気持ちになります。NHKがこの問題について慎重?なのは善意に解釈すれば、表面的な取り上げ方をすれば、
業界に大混乱を起こしかねないと判断したかもしれません。例えばマーガリンが全然売れなくなったとか、油で揚げたスナック類が売れなくなったとか、国民は正しく理解できないので極端に動くからです。でも、今回の事態は国民の健康に多大な影響があるので、日本としての取り組みをはっきりさせるべきだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKのトランス脂肪酸報道のいい加減さ:

« 今国会の焦点は平和安全法案が憲法違反かどうかだ | トップページ | 不親切なマイクロソフト―いい加減なWINDOWS10アップグレード情報 »