2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 携帯電話に入った迷惑mail | トップページ | 海外派遣された自衛隊員の自殺の多さ »

2015年5月31日 (日)

死んで落ちていた野鳥

 27日の朝、いつものウオーキングから帰ってきて、スマホの歩数計をSTOPして、ふと下を見たら車の後輪の近くに小鳥が1羽落ちていた。腹部が白っぽい色で他の部分はねずみ色で尾が二つに分かれていた。

 ツバメかなと思ったが私には分からなかった。そのままにして家に入った。午前中外出して帰宅したら、妻が「小鳥が死んでいる」と言って見に来るように言った。「ああ、あの小鳥のことだな」とピンと来た。

 妻は小鳥を持ってきて玄関脇に置いてあった。「触ったときまだ少し温かったのよ」と言った。小鳥の写真を写すことにして縁石の上に載せた。スマホを出して写した。頬のところにまるい白い部分があった。

 鳥の名前が分からないので野鳥に詳しい山口さんに聞くことにした。丁度買い物に行くつもりだったのでその途中で寄ることにした。

 山口さんの家に行き見せたら、直ぐに、

「シジュウガラです」

と言った。それでどうして道端に落ちていたのだろうと疑問をぶつけた。彼が言うには、車の後ろの窓のガラスにぶつかったのだろうということであった。

 「車のガラスは低いところにあるのにそんなことがあるの?」

と言ったら、

「ガラスが透明だからぶつかることがよくある」

と話した。

 我が家の駐車している車のすぐ後ろに落ちていたのでそうかもしれないと納得した。山口さんは、

「五十ガラというのもありますよ。」

と言い、

「覚えるには、『私の財布はシジュウカラ』と覚えるとよい」

と教えてくれた。私の財布は「始終空」だから妙に納得できた。

 壁に野鳥の写真が貼ってあり、その一つを指して、

「これもシジュウガラの仲間でエナガという」

と説明してくれた。枝に親鳥と雛が8羽も並んでいる珍しい写真で、瑞穂運動場の辺りで撮ったのだそうだ。

  家に帰り、妻に小鳥が死んだ訳を話したら、

「そうかもしれないね」

と言っていた。住宅地だがシジュウガラ飛んでくるとは知らなかった。

Fullsizerender

« 携帯電話に入った迷惑mail | トップページ | 海外派遣された自衛隊員の自殺の多さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 死んで落ちていた野鳥:

« 携帯電話に入った迷惑mail | トップページ | 海外派遣された自衛隊員の自殺の多さ »