2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山崎拓元自民党副総裁を見直す | トップページ | テレビの威力? »

2015年4月 8日 (水)

久しぶりの同期会に出て

 松坂市に住むS君の音頭取りで久しぶりの高校同期会を持った。私の出身高校は、今や熊野古道で有名な新宮高校である。学校はサッカー日本代表のロゴの八咫の烏にゆかりのある神倉神社の、ご神体ごと引き岩という巨岩の真下にあった。

  その高校の同期で愛知と三重に居住するものが時々集まっているのだ。今回は大阪からも2人参加した。会場は四日市の札幌カニ本家であった。四日市は距離的に名古屋と伊勢の間に位置するのでそこにしたのだ。

  近鉄名古屋駅を10時41分の急行に乗った。四日市に着いたら11時14分で、会場は駅前にあるので11時半の集合時刻には間に合った。すでに4人来ていてやあやあと挨拶をした。KS君がいきなり「お前年取ったな」と言ったのでショックであった。でも何年か振りなので年を取るのも当たり前でみな前より老けていた。

  幹事のHS君の「健康が第一。あの世に金は持っていけないからせいぜい使って長生きしよう」という挨拶で始まった。

  この日集まった連中は女性も含めてみな酒が飲める者ばかりであった。まず生ビールの中ジョッキで乾杯をした。

  参加できなかった一人の女性のTさんは最近心筋梗塞をやり退院したばかりだと紹介された。ご主人が車いす生活で介護疲れなのだろうと話し合った。

  大阪から来たSK君は、「みんな無料の高齢者健康診査を受けているか」と切り出し、健康診査の血液検査で心臓に異常が見つかった話をした。大きい病院で心臓カテーテルで血管の通り道を作ったのだと言った。2か所やったそうである。

  女性のOさんは、子宮がんで子宮を摘出したそうだが、その後元気で毎週2~3回プールに行き、500m泳ぐと言った。私はびっくりして「この間オーストラリアに行って久しぶりに海水浴をしたが10mも泳いだらアップアップだったよ」と言った。Oさんの話では85歳の男性で毎日3km泳いでいる人がいるという。

  名古屋のY君は最近医者に行ったら即入院と言われたと話し、4日入院したという。同じ病院に奥さん入院中で今は一人で身の回りをやっているので大変だと言った。

  幹事のHS君は14年前に腎盂ガンの手術で腎臓を摘出した。その頃「俺はあと何年生きられるか分からないからやりたいことをやるんだ」と言っていた。驚いたのは集まった中でいちばんたくさん酒を飲んだことだ。

  S君も10年前に白血病で入院し奇跡的に助かったのだ。一緒に旅行をしたとき松本でその話を聞いて驚いたのだが、この日はすこぶる元気で杯をあおっていた。

  みんな酒が強いのに、私が晩酌で2合飲むと言ったら、みんなが「エッ?!」と言って私の顔を見た。こっちが驚いて「そんなに飲んでるのに」と言うと、普段家では飲まないのだと言っていた。健康を考えているのだなあと感心した。

  K君は医者なのに杖をついているとかO君は車椅子で参加できないと言ったとか、消息はみな老齢化のことばかりであった。この日集まったのは8人だったがこうして集まって酒を酌み交わせる幸せを感じた日であった。

 私の出身校は総合高校で普通科、商業科、建築科、土木科があり、建築科以外いの者が集まり楽しく語らい合った。

 

 

 

 

« 山崎拓元自民党副総裁を見直す | トップページ | テレビの威力? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 高齢になると話題が健康問題中心になるのはやむをえませんね。

お酒をのみながら昔話に話しを咲かせることができて本当に良かったですね。人生長くやっていますと誰一人順風満帆ということはなく、大病を患われてそれを克服されているのには勇気づけられました。もっとも克服できたからこそ集まることができたとは思いますが。高齢者が集まると病気の話し、お墓
の話しで盛り上がるといいますが、これは誰にでも降りかかる問題ですので共通の話題としてむしろ好ましいと思います。私ごとですが来月には小学校と中学校の同窓会が控えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの同期会に出て:

« 山崎拓元自民党副総裁を見直す | トップページ | テレビの威力? »