2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« オーストラリア旅行―⑮― | トップページ |  面白くない「花燃ゆ」、視聴率悪いのは当然 »

2015年2月16日 (月)

勝手に入り込み、しつこく居座る「hao123」

 去年の秋ごろだったと思うのだが、ある日突然「hao123」という検索エンジンのようなものがinternet explorerのタスクバーに入り込んだ。そのときはエクスプローラのサービスの一つだと思い気にしなかった。

  私はinternet explorerを使うことは使うが、検索にはGoogleを使うので「hao123」は使わない。ところが先日のこと、iphoneでニュースを見ていたら、「hao123」が入り込んで除去が困難だという記事を見つけた。

  それでパソコンから削除をしなければと思い、「hao123」について調べた。それで「hao123」は中国の「百度」のものだということが分かった。そして削除がなかなか難しいとも書いてあった。

  でも、削除の仕方を説明したサイトがあったのでそれを読んで削除に挑戦をした。「すべてのプログラムの中の『日本hao123』を探してアンインストールをすればよいというので、まずそれを試みたら意外にも簡単に「成功しました」というメッセージが出て、すべてのプログラムの中からなくなっていた。デスクトップのアイコンも消えていた。

  その後エクスプローラのホーム画面をbiglobeに切り替えた。

  これで安心と思ってエクスプローラを開いたら、タスクバーに「hao123」が入り込んだままであった。それで次の手段として、コントロールパネルからファイルのアンインストールをしようと思い探したが見つからなかった。仕方がないので、タスクバーの「hao123」を選択して削除したら消えてくれた。

  先日妹のパソコンを見に行ったら、何とその中に「hao123」が入り込んでいるではないか。これは削除しなければと思い、すぐに削除をした。

  ところがinternet explorerからは削除できたが、Google Chromの方からは削除できていなかった。私もGoogle Chromを使っているが私の場合はhao123は入っていなかった。

  どうやっても削除できないので、Google Chrom自体を削除して再インストールをした。するとChromに「hao123」がくっついていた。結局、Google Chromのホーム画面を変えるしかなかったが、「hao123」は居座ったままで除去できなかった。

  Google Chromにくっついて侵入するとなるとお手上げである。何とも厄介な中国のソフトである。「百度」といえば、以前に勝手に入り込んでいたので、その顛末をblogで取り上げたことがあった。中国は勝手放題に何でもやるということを改めて思い知らされた。

  おそらくレジストリーかどこかに入り込んで、こちらの情報を盗んでいるのではないかと思う。

« オーストラリア旅行―⑮― | トップページ |  面白くない「花燃ゆ」、視聴率悪いのは当然 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に入り込み、しつこく居座る「hao123」:

« オーストラリア旅行―⑮― | トップページ |  面白くない「花燃ゆ」、視聴率悪いのは当然 »