2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アベハラ(アベハラスメント)とは言い得て妙 | トップページ | 名古屋大学レクチャー2014公開講演会を聴く―⑥― »

2014年12月28日 (日)

冬の早朝ウオーキング 寒さに負けず

 早朝ウオーキングを34年ほど続けている。1日5km余り歩く。1か月のうち雨で歩けない日は3日ぐらいだから、年間320日近く歩くことになる。だから距離にすると1600kmにはなるだろう。34年間で54400kmだ。

 

1日、1日の積み重ねでいつのまにかそうなったということである。でも、歩けるのはありがたいことである。体が弱ったり痛いところがあったりすると歩けないからだ。

 

 実は1か月ぐらい前から腰痛が再発した。3年前までは毎年3回ぐらい整形外科に行っていたのだが、我流のストレッチのお蔭か、腰痛が引っ込んでいたのだ。それがまた痛くなった。

 

 でも、幸いなことに歩くのには支障がないので助かっている。朝起きるときやウオーキングに出かけるときに痛烈に痛むことがあるが、歩き出すと正常に戻るので有難い。

 

 今朝出かける前に、ぼつぼつ耳あてがいるだろうと思い、耳あてをして出かけた。それが正解であった。これまでは歩いている間に体が温まっていたのだが、今朝は手袋の指先もジーンと痛く感じた。耳は耳当てがあるのて何とか冷たさを感じずに済んだ。

 

 寒さがきつくなってきたことを感じた。寒くなると、歩く人やジョギングをする人も少なくなる。今朝は5時に家を出たのだが、以前はたくさんの人に出会った山崎川沿いの道も、700mぐらい歩いてやっと1人ふたりに出会ったぐらいであった。

 

 晩秋までは毎朝見かけていた人たちにも会わなくなった。寒いから日が出るまで歩いていないのかどうか定かではない。

 

 私は真冬でも薄い夏用のズボンに、下シャツ1枚、上シャツ1枚、その上に夏用のブルゾンを羽織るだけで、手袋と耳当てをして歩く。他の人たちはそんな薄着の人はほとんど見かけない。ダウンジャケットを着ていたり、防寒帽で顔をすっぽりと覆った人もいる。概して厚着で歩いたりジョギングをしている。

 

 私の場合歩くスピードは遅くなったが、それでも2kmぐらい歩くと体が温かくなってくる。よほど風のきつい日でなければ大丈夫である。

 

 歩けることがありがたいと感じる昨今である。

« アベハラ(アベハラスメント)とは言い得て妙 | トップページ | 名古屋大学レクチャー2014公開講演会を聴く―⑥― »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の早朝ウオーキング 寒さに負けず:

« アベハラ(アベハラスメント)とは言い得て妙 | トップページ | 名古屋大学レクチャー2014公開講演会を聴く―⑥― »