2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 争点隠しに気を付けよう | トップページ | 舌の先を思い切り噛んでしまった »

2014年12月 9日 (火)

昨日は日米開戦の日だったが

 昨日、整形外科の待合室に置いてあった中日新聞を見たら、1面トップ記事が、真珠湾攻撃に参加した生き残りの元海軍中尉の話であった。ゼロ戦戦闘機に乗り味方の艦の護衛をしたのだそうだ。その後ミッドウエー海戦などを転戦して、何度も奇跡的に生き延びたという。

 その人は現在98歳だが、20数年前から当時のことなどを人に話し、講演もするようになったそうだ。それは戦争はいけない、平和を守らなければいけないと強く思うからだという。集団的自衛権行使容認閣議決定など一連の動きを大変心配しているそうだ。

 12月8日に日本が真珠湾を奇襲攻撃したときは、私は小学校に入る前であった。だから、日本海軍が赫々たる戦果を挙げたことぐらいしか覚えていない。学校も国民学校と呼び方が変わったのが不思議で残念に思った。1年生の最初の父兄参観日には、担任の先生の指導で隊長となり、鉄兜をかぶり、刀を持って兵隊役の他の児童を従えて、机の間を動き回ったことを覚えている。

  当時はとにかく戦争一色で、神国日本は連戦連勝で、勝った勝ったというニュースばかりであった。子供だから、教育されたとおりに、この戦争は正しいと信じ込んでいた。今から思うと何とも嘆かわしいことであった。

 戦後は新しい憲法の下で、平和が大切であり、あのような戦争は2度と繰り返してはいけないと考えて生きてきた。安保闘争には行動は起こさなかったが日米安全保障条約には反対であった。共産主義ドミノ理論によるアメリカのベトナム戦争はには反対したが、後に正しかったことが証明された。

 湾岸戦争やイラク戦争にも反対をしデモにも参加したが、これも正しかったことが証明された。

 ところが集団的自衛権行使容認の閣議決定で、様相はガラリと変わった。選挙後の法整備で自衛隊が海外に行って戦うことが可能になったのである。

 7日のサンデーモーニングで、毎日新聞の岸井氏が「今度の選挙は日本の歴史の転換に関わる大事な選挙だ」と指摘したが、その通りである。

 安倍首相は、どんな状況なら自衛隊の武力行使が許されるのか、という要のことを明らかにしないままで、法整備を来年に先延ばしした。衆議院選挙では具体的なものは何も示していない。本来ならばアベノミクスだけでなく、集団的自衛権行使の中身をきちんと示して国民に信を問うべき問題なのだ。

  武力行使については、安倍首相はペルシャ湾での戦時下の機雷除去ができるとしたが、公明党はペルシャ湾での掃海は認められないと言っている。山口代表は武力行使に歯止めが掛けられたと言うのだ。これは解釈次第でどのようにもなることを示しているのだ。

 衆議院議員選挙の最中に日米開戦の日が来たが、中日新聞がそれに言及したのを褒めておきたい。選挙の後の来年の国会で、国民の信任を得たとして、安倍首相の思う通りの法整備がなされ、日本は戦争への道を開くであろうことをはっきりと言っておきたい。安倍首相のいう「この道しかない道」は、「戦争への道である」と。

« 争点隠しに気を付けよう | トップページ | 舌の先を思い切り噛んでしまった »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

>湾岸戦争やイラク戦争にも反対をしデモにも参加したが、これも正しかったことが証明された。

湾岸戦争とイラク戦争は明確に違います
イラク戦争はイラクに大量破壊兵器があるという疑惑が原因での戦争ですが、湾岸戦争はフセインによる明らかなクウェート侵略が原因です
湾岸戦争に反対ということは、フセインの武力による領土拡大を支持するか、支持しなくても事実上容認するという事です

というか、湾岸戦争はむしろ米軍を始めとした多国籍軍の武力介入の正しさが証明された事例として世界各国から認識されております

 自民党は「この道しかない」だけですね。公明党は「軽減税率」維新は「議員定数を減らす」次世代は「自民党すりより」・・・・。これも選挙を軽視させる戦略でしょうか?

「景気回復はこの道しかない。」「アベノミクスは
正しい。」と何度も連呼されると私はナチスの天才洗脳師、ゲッペルスを思い出す。曰く「大衆の多くは無知で愚かである」 「知識レベルの低い階層に合わせた宣伝を心がける」 「大衆は女と同じだ。私の後に従わせる。」「嘘も百回言えば真実になる」等々。昨日も書いたが、自民党の宣伝戦略(大衆
心理操作」は狡知?を極めている。また今回もこの手に乗ってしまう可能性大である。ただ沖縄は苦戦
とのこと。やはり実際に基地が存在する不条理を肌身で感じる住民は言葉ではごまかせないのである。
言葉で簡単にごまかされるというのはそれだけ日々の生活で切実感が乏しいのかもしれない。
ないということかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は日米開戦の日だったが:

« 争点隠しに気を付けよう | トップページ | 舌の先を思い切り噛んでしまった »