2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初めての「青春18切符」旅行で野沢温泉へ―⑧― | トップページ | 朝日新聞誤報問題への執拗な攻撃を憂う »

2014年9月20日 (土)

初めての「青春18切符」旅行で野沢温泉へ―⑨―

 3日目の朝、駅へ行くバスは7時半だったので、早めの食事を用意してもらった。野沢から戸狩野沢駅まで行くのに、そのバスの次は9時近くで大変不便であった。しかも、乗る予定の列車を駅で40分ぐらい待たなければならないのだ。

 

 ところが駅に着くと長野行きの快速列車がすぐに来ることが分かった。それで駅で無駄な時間を過ごすことはなくなった。

 

 長野には予定より早くついた。長野駅は大掛かりな改装工事をしていた。新幹線が開通した関係らしかった。善光寺に行くので駅のロッカーを探した。荷物を預けて身軽にした。

 

 まず、トイレに行かなくてはならないので探したら公衆トイレが見つかった。ホテルの前にあったので、私がホテルのトイレの方がよいからそちらに行こうと言った。ホテルのトイレはシャワートイレで清潔であった。

 

 ホテルの近くにバス停があり、そこからバスが出ると思ったら、バスは駅前のロータリーにあるバス停からだと分かった。善光寺に行くには周回しているバスとそうでないバスがあって、周回しているバスは回る方向により遠回りになるようであった。

 

 1番のバス停で善光寺経由のバスに乗った。善光寺の門前町に近いところで降りて、そこから歩いて行った。道の両側には宿坊が並んでいた。そのうちに門前商店街に出たので店を見ながら歩いた。

 

 煎餅屋で試食販売をしていたのでそれにつられて試食をし、生姜煎餅を買った。「われせん」というのは値段が安かったのでそれにした。

 

 善光寺の山門には大きな仁王像があったのでDさんにその説明をした。善光寺の寺の内陣に入るのは有料なので外からお参りをした。以前来たときは中に入り裏の方にある仏像などを見たが今回は見なかった。

 

 境内をゆっくりと見て回った。モミジが少し色づいているのが見られた。寺の周りを回って正面に戻った。昼食を食べるため蕎麦屋を見て歩き、大丸という店に入り、800円のざるそばを食べた。Dさんがざるそばというのはどういうものかと前に尋ねたからだ。

 

 その後試飲ができるという、造り酒屋よしのやへ行った。いろいろと説明を聞きながら試飲をして、結局買わなければ悪い気がして、純米原酒「雲山」という酒を買った。720ml瓶1700円であった。

 

 善光寺へ来て改めて思ったのは、この寺1つで長野という街を支えているということだ。ウイークデーなのに観光客はひっきりなしで賑わっているし、人が集まれば商店も潤う。交通機関も儲かる。その存在の大きさは半端なものではない。

 

 駅まで戻ると時間があったので、またホテルに行きロビーで休憩をした。13時39分発の篠ノ井・中央線で松本には15時35分に着いた。そこでまた中央線の中津川行に乗りかえるのだがホームは別のところにあった。。でも途中にきれいなトイレがあってよかった。

 

 中津川まではDさんにカード手品を見せて暇つぶしをした。途中特急退避で30分も待たされた。中津川で中央線に名古屋行に乗り換え大曽根には19時半ごろに着いた。私はDさんの一人用の切符と交換して鶴舞まで乗ったので早く帰れて助かった。

 

 初めての青春18切符の旅であったがDさんやKさんたちと大変楽しい旅ができた。二人とも青春18切符の大ベテランであった。

 

Cimg8850

 

                          仁 王

Cimg8851
Cimg8854

                        善光寺境内

Cimg8869
                      試飲をする

Cimg8874

                       特急退避




                    

 

 

 

 

« 初めての「青春18切符」旅行で野沢温泉へ―⑧― | トップページ | 朝日新聞誤報問題への執拗な攻撃を憂う »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての「青春18切符」旅行で野沢温泉へ―⑨―:

« 初めての「青春18切符」旅行で野沢温泉へ―⑧― | トップページ | 朝日新聞誤報問題への執拗な攻撃を憂う »