2023年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 映画「それでも夜は明ける」を見た | トップページ | 「里海」を始めて知った »

2014年3月28日 (金)

猪瀬氏と同じみんなの党渡辺代表

 みんなの党の渡辺喜美代表が、DHCの吉田会長から借りたという8億円もの大金について、吉田会長は「借用書もない。お金は上げたようなものだ」と言い、「選挙に必要な資金」との認識だったと言っている。

 10年7月の参議院選前に3億円、12年12月の衆議院選前に5億円を渡辺氏の口座に振り込んだという。その後少し返済があったが、今でも貸付残高は5億5千万円に上っているという。

 渡辺代表が貸して欲しいと言った金額は、維新との選挙協力の話があった時には20億円と言ったというのだから驚きである。

 DHCという会社は化粧品大手らしいが、政治家に言われて右から左へ簡単に何億円もの金を動させるのにも驚いた。金を持っている人は持っているのだと改めて感心した。

 また、20億円という金を簡単に貸してほしいと言う渡辺代表にも驚いた。庶民の感覚では1万円の金でも簡単には貸し借りできない。

 猪瀬元東京都知事の場合は5000万円で、それでも驚いたが、今度は8億円である。しかも、5億円分には借用書もなく、利息や返済期限もないという。この辺も猪瀬氏の場合とよく似ている。

 渡辺代表は「純粋に個人として借りた」と言っているそうだが、政界というのはそういうあいまいな金が裏で自由に行ったり来たりしている所だと再認識した。

渡辺代表は使途については説明せず、例としてあげたのが酉の市で大きな熊手を買ったという、何とも人を馬鹿にしたものである。

 猪瀬氏は結局都知事を辞任に追い込まれたが、金額が10倍の渡辺代表はどうなるのであろうか。素人目にも選挙のための金であり、政治資金規正法違反だと分かるのだが、徹底的に追及してことの次第を明らかにしてもらいたい。

« 映画「それでも夜は明ける」を見た | トップページ | 「里海」を始めて知った »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

みんなの党の意味するところは庶民目線でものを考える党ですよ、庶民の味方ですよといいたいのであろう。多くの有権者はそう思ってこの政党の候補者に投票したのだと思う。(私もその一人)
今回の話しはブログ子のいうように猪瀬氏のケースと同じでその10倍以上のスケールである。この件に違法性があるかどうかはよく分からないが、いずれにせよこんな金銭感覚が党首であるなら、みんなではなく「わたなべの党」と改名した方が分かりやすい。借りる方もさることながら貸す方もである。
DHCをネットで検索したら健康食品の通販大手
であった。おりからの健康ブームでサプリメントを
愛用する人は多い。貸し手の吉田会長はこの業界の
成功者の一人なのだと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬氏と同じみんなの党渡辺代表:

« 映画「それでも夜は明ける」を見た | トップページ | 「里海」を始めて知った »