2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初めての台北、行き当たりバッタリ旅行―⑧― | トップページ | ブラックチョコレートが血圧を下げる! »

2014年2月14日 (金)

初めての台北、行き当たりバッタリ旅行―⑨―

 台北最後の日、一番行きたかった故宮博物院へ朝一で行くのだ。朝5時10分に起床してシャワーを浴び、洗顔やパッキング等をした。7時ごろ娘たちが起きた。私はゆっくりと食事をしたいので、7時15分ごろにレストランへ行った。なるべく前日食べなかった物を選んで食べた。焼き芋もあって大変甘かった。

 ガイドブックには、故宮博物院へは朝9時の開館に合わせて行くとよいと書いてあった。しかし、出発が遅くなり、9時に民権西路駅に降りた。故宮博物院へ行くバスは路線が幾つかあった。9時20分のバスに乗り、32分に博物院近くに着いた。

 博物院は交差点の向こうに大きな建物が見えていた。階段を上って行くと入口に出たが、大変な人であった。うっかりするとはぐれるので気をつけあった。

 係りの人にチケット売り場を聞いて買いに行った。老人割引は台湾人だけだそうで普通料金を払った。ロビーは人で溢れていた。

 婿が3階に上がって順に見て行こうと言ったので3階まで上がったが、人が多いので歩くのも大変であった。台湾の人たちはなぜ春節に見に来るのか不思議であった。現地の人は他の日に来ればもっと楽に見ることができるだろうにとおもった。

 3階は主に玉(宝石)細工の展示であった。時代別におおまかに分けて展示してあるので、時代による違いや変化がよく分かった。

 2階に行ったとき、最初の部屋で、若い女性の係から、私が背負っていてバッグは駄目だと言われた。手で持っても駄目かとか肩から掛けている人もいると言ったら、肩掛け式はよいのだという。

 結局1階入口の横に特設された荷物預かり所まで連れて行かれ預けさせられた。でも、ずっと案内をしてくれて、元の場所まで一緒に行動してくれたので助かった。

 2階は沈周という明代の書家の特別展や陶器の展示をしていた。書は興味があるが3部屋も見たら飽きてしまった。

 さっきの係の女性が、この階には博物院最大の目玉の展示があると教えてくれた。廊下いっぱいに並んでいる人は何をしているのだろうと思っていたが、その最大の展示品を見る人たちであったのだ。団体らしく旗をもったガイドがあちこちに見られた。

 私たちは「個人だから通して下さい」と言いながら前に進もうとしたが、余りにも人がつまっているので容易ではなかった。やっとも思いでその展示の部屋にたどり着いた。

 展示品は「翆玉白菜」であった。白と碧の混ざった翡翠で巧みに作ってあり、葉っぱにキリギリスとイナゴがとまっている。

 http://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx?sNo=04001080

 2階まで観たら、疲れてしまった。ひとつは人の多さであり、もう一は展示品の多さであった。12時半ごろになったので出ることにした。

 それから私が見たいと思っていた台北101を見に行った。一駅ほど歩いて101まで行った。下から見上げると、上の塔が見えないのでスカイツリーより低く感じた。

 1階にある小龍包の名店は大変な混雑で諦めた。101に上るつもりはなかったので、外に出て市政府の方角へ歩いた。時々振り返ると101が高くそびえていた。

 市政府前にボランティアガイドがいたので、「頂好」(ディンハオ)へ行くにはどこでバスに乗るとよいか尋ねた。でも、婿が地下鉄がよいといったのでそこまで歩いた。

 国父紀念館駅に着いたのが13時40分で、そこから1区だけ地下鉄に乗った。降りたところ辺りからが東京の銀座のような街で「頂好」というのだそうだ。確かに銀座の雰囲気に似ていたが、中には古いビルディングも見られた。

 ここでも脇道に入り、Mr.Papaというコーヒー店があったので、外のCafeでコーヒーを飲んだ。ワッフルと合わせて165元であった。

 それから裏通りを歩いて周り、また表通りに出て「そごう百貨店」へ行った。そごう百貨店の正面の春節飾りは上海そごうの飾りと一緒であった。そごう百貨店は大変賑わっていた。UCCコーヒーの前は行列ができていた。

 15時15分に忠孝新生駅で乗り換えて中山小学校駅まで戻った。これで台北旅行は終わりということになった。

 ホテルの近くにある「頂好超市」というスーパーに寄った。そこにも風梨酥という菓子をいろいろ売っていた。台湾にはどこに行ってもある銘菓なのだと思った。

 15時50分にタクシーで出発し松山空港に向かった。空港までは20分ぐらいであった。空港の銀行で余った金を両替した。3万円替えたうち2万円分残っていた。

 初めての台北旅行は、行き当たりバッタリであったが、捷運やバスが分かりやすく本数も多いので移動に便利であった。台湾の人は老人に親切でおとなしい印象であった。帽子をかぶっている人が少なく、日本の冬と同じような服装が多かった。いわゆる定番の観光地はまだ見ていないところがあるが、ツアーより自由旅行の方がよいと思った。

 

             Photo

              ●至宝・翆玉白菜

Cimg7744

             ●故宮博物院

Cimg7746

             ●台北101

Cimg7751

             ●台北101入口

Cimg7761

             ●頂好(台北の銀座)

Cimg7767

Cimg7768

             ●そごう百貨店

Cimg7743

                               ●故宮博物院バス停から見る

« 初めての台北、行き当たりバッタリ旅行―⑧― | トップページ | ブラックチョコレートが血圧を下げる! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての台北、行き当たりバッタリ旅行―⑨―:

« 初めての台北、行き当たりバッタリ旅行―⑧― | トップページ | ブラックチョコレートが血圧を下げる! »