2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« NHKスペシャル―「アルツハイマー病を食い止めろ」から | トップページ | NHK籾井新会長の看過できない発言 »

2014年1月26日 (日)

超人気映画「永遠の0」を観た―特攻隊賛美?多少反戦?

 今人気の「永遠の0」とはどんな映画か観てみたいと思い、土曜日であったがミッドランドスクエアに出かけた。5階の映画館は非常に混雑していた。希望の時間には無理だと思ったが数席あいていてよかった。永遠の0が始まった時は満席で凄い人気であることを知った。

 血がつながる祖母の葬式で、祖母の最初の夫が零戦搭乗員であったことを知った孫が、祖父がどういう人物であったかを調べるというストーリーである。

 祖父の宮部久蔵が零戦の操縦技能が抜群であり、家族のために何とかして生き抜こうとする人物として設定されている。

 結婚まもない妻とまだ顔も見ない娘のために、絶対に死なないと決心をして行動をする。零戦に乗り戦闘に行っても、逃げ回って無傷で帰還をする。それで臆病者と陰口をたたかれる。

 あの戦争中に、逃げ回るとか生き抜こうとかすることが認められるはずがなかったと思うのだが、ミッドウエー海戦、ラバウル海戦、マリアナ海戦にも生き延びる。軍法会議に掛けられることもなく、零戦搭乗員の教官を務めている。その辺りがフィクションとはいえ不自然な感じを抱いた。

 孫が当時の祖父を知る零戦搭乗員を探して訪ね歩くというストーリーや、最後に今の血がつながっていない祖父が、実は亡くなった祖父に助けてもらったというオチは物語としては面白い。

 この映画の見所は零戦が飛び回るシーンと空母赤城である。VFXという手法を使って作られたのだという。空中戦で零戦が自由時自在に飛び回るシーンが何度も出て来るが、あのようなアクロバット飛行を実際にやっていたのであろうかと疑問に思った。

 この映画については、特攻隊賛美の映画だという評価と反戦映画だという評価に二分されているそうだ。安倍首相は手放しで絶賛しているそうだが、原作者の百田尚樹氏が安倍総理を実現させる会で骨を折ったというのだから息が合うのであろう。

 映画監督の井筒氏は観たことを忘れてしまいたいと述べたそうだ。また宮崎駿氏もウソだらけの映画と酷評したらしい。

 「3丁目の夕日」を作った山崎貴監督が監督・脚本・VFXを担当しているが、山崎監督は観客を泣かせる映画を作るのがうまいそうで、永遠の0でも涙が出る場面が幾つか設定されている。

 私は反戦映画だとは思わないが、この映画を観て戦争と非人間性を多少でも考えるきっかけになれば・・・と思う。特攻隊賛美や戦争をかっこいいという見方はしてほしくない。

 VFXについては、下記のURLが参考になる。

http://wired.jp/2013/10/18/eien-no-zero-hp/

« NHKスペシャル―「アルツハイマー病を食い止めろ」から | トップページ | NHK籾井新会長の看過できない発言 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

 この映画には防衛庁も協力していますし、安倍首相が涙したのも分かる描き方です。

私もこの本を図書館にオーダーして1年ぐらい経過してやっと手にしました。かなり分厚い本で半分読んだところで期限が来ました。昨日の英会話クラス
でこの映画を見た女性がいい映画で涙が出ましたと
報告してました。ゼロ戦が当時、世界一の戦闘機だったということで、ひとしきり話しが弾みました。(勿論英語でです。)私は確かにゼロ戦の戦闘能力は非常に高かったけれど、パイロットの安全は軽視された面があると発言しました。百田氏は安倍総理と親交が深く、NHK経営委員にも選出され、今後も存在感は高まってくるように思えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人気映画「永遠の0」を観た―特攻隊賛美?多少反戦?:

« NHKスペシャル―「アルツハイマー病を食い止めろ」から | トップページ | NHK籾井新会長の看過できない発言 »