2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 超人気映画「永遠の0」を観た―特攻隊賛美?多少反戦? | トップページ | 電力各社が甘利経済再生相のパーティ券購入―朝日のスクープ »

2014年1月27日 (月)

NHK籾井新会長の看過できない発言

 新聞によると、NHKの籾井新会長は25日の就任会見で、従軍慰安婦について、「戦争をしているどこの国にもあった」と述べ、日本に補償を求める韓国をおかしいと批判した。

 籾井氏の発言は、維新の会の橋下大阪市長の発言と全く同じ類のものである。あの時と同じように国際社会から問題視されるものと思われる。

 また、尖閣諸島・竹島など領土問題では、国際放送で「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」と話した。

 私も尖閣・竹島や北方諸島は日本固有の領土だと考えている。

 特定秘密保護法についても「これが必要というのが政府の説明ですから、とりあえず様子を見るしかない。あまりかっかとすることではない」と話した。

 問題なのは、この籾井会長の考え方は、「政府のやることは全て正しい。その通りに伝えるのがNHKの使命だ」と言っているのと同じである。

 NHKの経営委員は、作家の百田尚樹氏など、歴史認識で安倍首相に近い人たちが選ばれた。その人たちで籾井氏が会長に選ばれたのである。安倍首相の考えを体して動くということが早くも明らかになった。

 NHKの番組編成権を持つ会長がこのようでは、NHKが安倍政権の広報機関となりかねない事態である。「不偏不党」「自律」「表現の自由」「健全な民主主義の発達に資すること」「番組の編集に当たって政治的に公平であること」などの放送法の規定は絵に描いた餅にしようというのであろうか。

 籾井会長の発言について、さすがに閣僚の1人からも「メディアのトップの発言としてあり得ない失言で怒りを覚える。即刻辞任をすべきだ」という発言があったという。

 また石破自民党幹事長も不快感を示したと言われる。だが閣僚や幹事長は籾井会長の考えをいけないと言っているのではなく、問題化することを恐れているのだ。言葉どおりに受け取ることはできない。

 今回のNHK会長の発言で、はからずもNHKを言いなりに経営させようという安倍政権の姿が暴露されたことを注視すべきである。

« 超人気映画「永遠の0」を観た―特攻隊賛美?多少反戦? | トップページ | 電力各社が甘利経済再生相のパーティ券購入―朝日のスクープ »

マスコミ」カテゴリの記事

コメント

 みんなが視聴料を払っている公共放送を安倍カラーの偏向にしてしまうことを平気でやるでしょう。恐ろしいことです。

NHK、朝日新聞、岩波書店、この3つは私が学生の頃、マスコミを志す学生にとっては超難関、別格の存在であった。特にNHKは日常生活で常に接する最も身近なメディアであり、色々と問題はあるとはいえ、信頼度は高い。NHKスペシャルは本当に質の高い番組だと思うことが多い。現政権が国民世論に対して最も影響力を持つNHKに無関心であるはずがない。今回の発言は経営委員全ての人が思っていることであり、本音を言うのはまずかったという批判である。本来ならば辞任に発展する事態であるが、何せ巨大与党がバックに控えているので、辞任にまでは至らないと思う。しかしNHKが政権にヨイショする内容になるなら、NHKの報道番組の客観性は今後、大いに疑ってかかる必要があると思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK籾井新会長の看過できない発言:

« 超人気映画「永遠の0」を観た―特攻隊賛美?多少反戦? | トップページ | 電力各社が甘利経済再生相のパーティ券購入―朝日のスクープ »