2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 正月から行列のレストランに驚く | トップページ | 我がblogの原点―書くという行為 »

2014年1月 5日 (日)

blogを始めて満5年になった

 先ほどblogをやり始めてどのくらいになるか調べてみたら、満5年になることが分かった。最初のblogは2009年1月4日である。

 自分の感覚としては3年ぐらいだと思っていたが、もう5年も過ぎてしまったことに今更ながら驚いている。この間1日も休まずにblogを続けてきた。”継続は力なり”というが、続けて来た自分を褒めてやりたいと思う。

 私は教員として勤めているとき、子どもたちに何事も続けることが大事だと話してきた。そしてそのように実践をしてきた。

 どんなことでも続けると何らかの成果が出るものである。特に教育の場ではそれがはっきり分かる。

 ところでblogであるが、blogを書くという行為は脳の活性化に大変有効であると思っている。

 書く題材を見つけるには、新聞、テレビだけでなく、日常の生活のさまざまな事柄に眼を向けていなければならない。アンテナを高くするという言い方があるが、360度の無指向性アンテナでなければならない。友人や知人からは題材の幅が広いというコメントをもらう。

 書くことが見つかったら、それを構成して文章化しなければならない。私の場合コツンと胸に来たものがあった場合は一気呵成に書くことができる。幸いPCの場合後から修正が容易だから有難い。作家なら鉛筆かペンで原稿用紙に書いて、修正の跡が見えるようにする方がよいのだろうが、一介の市井の人間だから修正原稿を残す必要はない。

 構成をして書くことで題材に対する思考と判断活動が行われる。それが大事なのである。またその過程が書く楽しみでもあるのだ。

 私が国民学校(戦争中に小学校が国民学校に変わったのだ)2年の頃、「綴り方」という教科書があり、作文を書かされたが、私はこれが大の苦手であった。いったい何をどのように書けばよいのかさっぱり分からなかったのだ。

 幸いなことに戦争が激しくなり、綴り方どころではなくなって書かされることも消滅した。そんな私だが、知らない間に書くことを覚えたのである。

 blogは不特定多数を相手に公開している。その中で未知の人からコメントを貰ったり、たまにはblog記事が役にたったという言葉を貰うここもある。

 今年もblogを続けて行くつもりである。blogが書かれてあれば元気だということでもある。

 

 

 

« 正月から行列のレストランに驚く | トップページ | 我がblogの原点―書くという行為 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 いつもコメントを頂き感謝しております。批判精神は私の属していた児童言語研究会で大切にしていたことです。

 有難うございます。いつも読んでいただいて感謝しております。今年もよろしくお願い致します。

5年の間には超ご多忙であったり、ご気分のすぐれない時は当然あっただろうと思います。にもかかわらず、1日も休まずにブログを続けられたことは驚異的なことで、その信念、意思の強さに深く敬意を表したいと思います。一般的に人間、歳をとってくると、世の中の動きに次第に無関心になり、もう何だっていいというふうになりがちです。が、ブログ子の社会を見る目は鋭く、確かで、批判精神は衰えることはありません。また日常茶飯の出来事にも細かい目配りがお有りなので読んでいてとても参考になることがあります。小生も尻馬に乗って駄文を弄させていただきますので今年もよろしくお願いします。

 満5年おめでとうございます。
1日も休まず続けてこられたことの裏には多くのご努力があったことと思います。
 書く題材を見つけるために、日常生活だけでなく社会にも目を向け感性を研ぎ澄まして観察されていることとそれを表現する文章力に大きな敬意を表します。
 そのことが脳の活性化につながること、参考にしたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: blogを始めて満5年になった:

« 正月から行列のレストランに驚く | トップページ | 我がblogの原点―書くという行為 »