2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 勝手に入り込んで情報を収集する中国の百度(Baidu)IME | トップページ | 予想通りの仲井真知事の辺野古埋め立て承認 »

2013年12月28日 (土)

自己中の安倍首相の靖国参拝

 安倍首相がついに靖国神社参拝を敢行した。第一次安倍政権のときには参拝しなかったのが”痛恨の極み”と言っていたので、今回は心中で快哉を叫んでいるであろう。

 しかし、一国の首相は国全体に責任を持ち国政を進めなければならない。その立場にある人が、自分だけの信念を通して、ひとりよがりの行動するというのは首相失格である。

 安倍首相は、「国のために戦死した兵士のために参るのは、世界共通のリーダーの務め」だと記者会見で言っていた。しかし、靖国神社は世界でも特殊な存在である。アメリカやフランスなどの無名戦士の墓地などとは違うのだ。戦争に否応なく召集されて、英霊という言い方で靖国に祀られるというものであった。しかも、靖国神社にはA級戦犯が合祀されている。

 安倍首相は、極東軍事裁判は勝者の裁判だから一方的なものだといい、橋下大阪市長や河村名古屋市長も同じ立場である。戦争犯罪人というレッテルは戦勝国が勝手に貼ったものだという。

 しかしA級戦犯たちがあの忌まわしい戦争を始めて、中国、韓国、東南アジアなどの諸国を侵略したのは事実なのだ。だから中国や韓国は怒っているのである。これがもし逆だったら・・・という想像力すら持ち合わせていないのだろうか。

 経済的にも関係が深く、日本に一番近い隣国と歴史認識でいつまでももめるというのは情けない話である。

 さすがに今回はアメリカもしびれを切らして批判をした。事前にアメリカは中国や韓国との関係を修復する努力を促していた。靖国参拝についても、しないように示唆していたと言われる。それを無視したので、アメリカ政府は「失望した」と言った。

 ウオールストリートジャーナルは、安倍首相が国粋主義に傾きつつあると指摘した。また、イギリスの新聞も右傾化を強めたと批判している。

 私は、「中韓を刺激し、反発する姿を国民に見せ、国防や安全保障に関心を高めさせる布石ではないか」という「戦争と平和資料館ピースあいち」の野間美喜子館長の指摘に全く同感である。

 首相の参拝によって、中国や韓国が激しく反応することは間違いないから、それを見越しての行動であり、反発を理由にして、集団的自衛権、さらには憲法9条の廃止、国防軍の設置へと向かおうということなのである。

 赤沢史郎立命館大学名誉教授も「対外的な緊張を高めることで国民の支持を集めようという姿勢だと思うが、それでは外交はつまずく」と、野間さんと同じことを指摘している。

 対外的な緊張を高めることによって、国民の目をそらそうという手法は、どこの国の為政者もとる手段である。現に北朝鮮や中国でも顕著に行われている。

 安倍首相の靖国神社参拝は、国家安全保障会議設立、武器輸出3原則の見直し、特定秘密保護法成立を受けて、つぎなるターゲットである集団的自衛権確立、憲法改悪、国防軍設置という道筋の中の一つであることを銘記すべきである。

« 勝手に入り込んで情報を収集する中国の百度(Baidu)IME | トップページ | 予想通りの仲井真知事の辺野古埋め立て承認 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

 安倍首相がやりたいことは憲法改悪で、戦争ができる国にすることですから、数を頼んで一気にやろうというのでしょう。

 英米だけでなく、ロシア、EU,など広範な国から安倍首相批判がでていますね。

 靖国神社は一宗教法人に過ぎなく、神社内の遊就館には当時の戦争を正当化し美化する展示物が並んでいる。さらにA級戦犯も合祀されている。このような一神社が、戦没者を追悼するにはふさわしい場所なのであろうか。
 歴史修正主義的な考えを持つ安倍首相がこのような靖国神社を参拝することがアメリカを始め多くの国から批判を受けるのは当然である。
 これから日本が外交的に世界から孤立していけば国益を大きく損なってしまうことになるだろう。国民が経済の立て直しを期待して投票した自民党が、民意とかけ離れた国家主義的な政策を進めていけば、やがて国民の支持を失っていくと思う。

靖国神社を参拝した際、安倍総理はインタヴューに応えて「国のために戦い、尊い命を犠牲にされた御英霊に対し、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊(みたま)やすらかなれとご冥福をお祈りした」との談話を発表した。このいささか時代がかった表現は素直に解釈すればその通りだ多くの人は思うであろう。素直でない私はかなりの違和感を感じてしまう。即ち、あの戦争で当時の軍部は平和に暮らしていた多くの一般庶民を、冷静に分析すれば、まったく勝算のない無謀な戦いに駆り立て、しかも南海の孤島で極限まで戦うことを強いてしまったのである。まず、当時の為政者の非を深く反省し、謝罪し二度と間違いを繰り返さないと誓うのが先だと思う。英霊として祭り上げられ、ご冥福を祈られただけではきっと浮かばれないのではと思ってしまう。もともと安倍総理の本音はあの戦争は侵略戦争ではなかったとする「大東亜戦争肯定論」に強いシンパシーを感じているのだ。昨夜のNHK(BS)で国際政治学者の藤原帰一氏が今回の靖国参拝で中国韓国のみならず、欧米諸国にまで大変な不信感を持たれてしまったと憂慮していたがその通りだと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己中の安倍首相の靖国参拝:

« 勝手に入り込んで情報を収集する中国の百度(Baidu)IME | トップページ | 予想通りの仲井真知事の辺野古埋め立て承認 »