2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大政翼賛会のようだ―野中広務元自民党幹事長 | トップページ | 第63回稲垣流豊美会日本舞踊を楽しむ »

2013年11月24日 (日)

猪瀬東京都知事はやめるべきである

 猪瀬東京都知事が、都知事選の前に徳洲会の徳田虎雄氏を訪ね、初対面なのに1億5000万円を援助してほしいと言ったという。それに対して、虎雄氏は5000万円で話をつけるようにと次男の毅衆議院議員に、「バレルとまずいから議員会館で現金で手渡すように」と指示した。それで毅議員は議員会館で5000万円を猪瀬知事に手渡しをした。

 これに対し、猪瀬知事は、初め「選挙には多額の金がかかるから資金提供の形でお願いした」と言っていたのを取り消して、「個人的に借りた金で、徳洲会問題が起きたときに返金した」と述べた。

 そして、選挙にかかわる全収入報告書に記載するよう義務付けた公職選挙法には抵触しないとして、資産報告書に借入金として記入、訂正したという。

 これはどうみてもおかしいと言わざるを得ない。徳田虎雄氏も猪瀬知事が選挙資金の応援を頼みに来たと明言しているのだ。そして最初は知事もそれを認めていたのだ。それを覆して、個人的借入金で手を付けず保管してあってのを返したと言い換えたのだ。

 猪瀬知事は詳しいことは忘れたとか知らないなどとも述べていたそうだが、白々しいにもほどがある。知らぬ存ぜぬといえば通ると思っているのであろうか。テレビで記者に追及されて答える知事の表情は、かつての道路公団問題のときの高飛車な知事とことなり、おどおどとして何とか切り抜けるのに必死という感じであった。

 NHKニュースや新聞報道を素直に理解すれば、猪瀬知事が嘘をついていることは素人にもよく分かることだ。検察当局は厳しく調べて真相を明らかにしてほしい。そして猪瀬知事を公職選挙法虚偽記載で立件すべきである。

 

 

« 大政翼賛会のようだ―野中広務元自民党幹事長 | トップページ | 第63回稲垣流豊美会日本舞踊を楽しむ »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

 都民は猪瀬お前もか、という気もちでしょう。政界は庶民の知らないところで何がやられているか。だから秘密保護lがいるのかもしれません。

猪瀬直樹氏と言えば、その著書「日本国研究」で道路公団をはじめとする政府関係機関の利権構造に鋭く切り込み、その後の小泉構造改革の原点になった
ことでも知られている。彼は政府の行革の主要メンバーとして活躍し?石原元都知事の推挙で副知事に収まり、昨年の選挙で都知事にまで昇りつめたのである。先の東京オリンピック招致では、色々あったけれど成功に導いた立役者の一人には違いない。そんな彼が今問題の徳州会から使途不明金?5000万円を受け取っていたとは。余りに次元が低すぎてあきれかえらざるを得ない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬東京都知事はやめるべきである:

« 大政翼賛会のようだ―野中広務元自民党幹事長 | トップページ | 第63回稲垣流豊美会日本舞踊を楽しむ »