2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« やっとできたアイホン5Cへのmediacatメール追加 | トップページ | 昭和男爵コーラス、昭和生涯学習センター祭りでコンサート »

2013年10月13日 (日)

和歌山県が柿生産日本一とは知らなかった

 秋になって果物が出回るが、柿では刀根柿が最初に出てくる。産地は和歌山と示してある。

 和歌山県から来たメールマガジンを見ると和歌山県は柿の生産日本一と書いてあったので驚いた。南紀新宮で育ったのでミカンの産地であることは知っていたが、柿については全く知らなかった。南では柿が少なかったせいもあるが、お隣の岐阜県が富有柿や蜂屋柿などで有名なので岐阜が日本一だと思っていたのだ。

 私は柿が大好きである。次郎柿や富有柿が出回るのが待ち遠しい。

 以下、メールマガジンを転載する。

 ◆ 和歌山県産品情報
 ○ 和歌山の柿と機能性
 

 和歌山県は柿の栽培面積、 収穫量ともに日本一で、 収穫量の全国シェアは2割を超えています。

 和歌山県の柿の主な生産地は、 かつらぎ町、 九度山町、 橋本市などの伊都地方を中心とする紀ノ川流域で、 昼夜の温度差が大きいという気候風土を生かし、 甘くて色づきの良い高品質の柿が生産されています。

 品種は、 「刀根早生(とねわせ)」(出荷時期:9月中旬〜10月上旬)の栽培が最も多く、 次いで「平核無(ひらたねなし)」(出荷時期:10月中旬〜11月上旬)、 「富有(ふゆう)」(出荷時期:11月中旬〜12月上旬)」の順となっています。

 また、 固形アルコールを用いて、 樹上で平核無などの渋柿の渋を抜いた「紀の川柿」は、 甘くてサクサクとした食感を楽しむことができ、 好評を得ています。

 加工品としては、 「あんぽ柿」や「串柿」などがある他、 郷土料理として、 柿の葉を使った「柿の葉寿司」があります。

 「柿が赤く色づくと医者が青くなる」という言葉があるほど、 柿の栄養価は高く、 様々な機能性があります。

 柿はビタミンCが豊富で、 イチゴやキウイフルーツにも劣りません。

 ビタミンCはコラーゲンの合成に関わり、 細胞の若返りに働きます。 また、 様々なウイルスなどと戦う白血球の働きを強化する効果もあることから、 美容と健康の両方に役立ちます。

 柿に含まれるカリウムは、 細胞内からナトリウムの排出を促進し、 血圧を下げる作用があることから、 血圧を正常に保ち、 高血圧を予防します。

 タンニンは柿の渋味を感じさせる成分ですが、 抗酸化作用があり、 癌の原因となる活性酸素の働きを抑えます。 また、 軟便の方には便を硬くする他、 二日酔いの原因物質を排出する効果もあります。

 日々の健康生活を支える糧として、 是非、 生産量日本一を誇る和歌山の柿をご賞味ください。

    ◎刀 根 柿

« やっとできたアイホン5Cへのmediacatメール追加 | トップページ | 昭和男爵コーラス、昭和生涯学習センター祭りでコンサート »

食・食事・食物」カテゴリの記事

コメント

 日本は野菜でも果物でも規格外のものは殆ど売られないようですから、もったいない話です。味は変わらないはずですから規格外でもどんどん安く売って欲しいもlのです。

我家も果物が大好きです。秋は梨、みかん、りんご、柿が豊富に出回るので楽しみです。ただ果物もふんだんに食べるにはけっこう高くなったという印象です。スーパーでりんごや梨が一個200円近くするのはめずらしくありません。アメリカ帰りの娘に言わせると、アメリカのスーパーでは、果物が
山のように積まれ、お客は好きなだけ袋に入れて買うとのこと(重さ単位の場合も一個単位の場合もある)。日本は規格を揃え、きちんとパッケージしてあるので人件費がかかり高くなるように思えます。たかが果物?アメリカのようにもっと大雑把にして販売すれば値段が安くなるように思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山県が柿生産日本一とは知らなかった:

« やっとできたアイホン5Cへのmediacatメール追加 | トップページ | 昭和男爵コーラス、昭和生涯学習センター祭りでコンサート »