2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« その人の身体に合うヨーグルト、合わないヨーグルト | トップページ | 水森かおりメモリアルコンサート~歌謡紀行~を聴いて »

2013年9月15日 (日)

年金の減額通知が来て驚く

 安倍政権は社会福祉を槍玉にあげて、その支出を減らす決定をしたと聞いていた。その中に年金の減額も含まれているとは知っていたが、現実にその通知を手にして愕然とした。

 通知の封筒には説明のチラシが2枚は入っていたが、それを読んでも訳が分からなかった。それで東京の本部まで電話をし、質問をぶつけてやっと理解できた。

 それにしても減額の金額がかなり大きい。そして質問をしてさらに驚いたのは、2015年まで毎年1%、1%、0.5%の年金減額が行われるということだ。3年間で合計2.5%の減額になるのだ。この額も大変大きい。

 来年から消費税が値上げになると言われている。5%とするとそれは実に厳しい。さらにアベノミクスで2%の物価上昇を見込んでいる。物価は既に上がり始めている。買い物をしているので日々実感できるのだ。

 介護保険料の値上げ、健康保険料の値上げなどを合わせるとこれからの生活は相当切り詰めなければならないことは明白である。

 アベノミクスで一部の大企業は利益が拡大したとか、そこで働く人たちは若干給料が上がったと言われるが、それ以外のほとんどの人たちには全く恩恵が及ばない。NHKの世論調査によると76%の人は家計に不安だと答えている。

 我々年金生活者はもともと少ない年金から減額をされるのだ。たまったものではない。くどいようだが消費税、物価上昇のダブルパンチを食うのだ。

 これまではデフレのおかげで何とか生活をしてこられたが、インフレになると年金はどんどん目減りして行くことになる。昔「貧乏人は麦を食え!」と言った首相がいたが、今はその麦も売っていない。江戸時代は貧乏人は稗や粟を食べたのだがそれもない。

 安倍首相は、「貧乏人は霞を食え」とでも言うのであろうか。霞を食うには山に入って修行が必要だ。凡人には無理というものだ。

 1つ提案がある。現在日本では食品の賞味期限が切れそうになると捨てられることになっている。その量は1/3にもなると聞いたように思う。その捨てる食糧を安い値段で提供したり、無料で配ったりしたらどうか。せっかく生産した食糧を無駄にしなくて済むではないか。

 大半の国民を苦しめ、一部の大企業だけを減税で優遇し、利益を上げさせるアベノミクスの正体見たり!である。

« その人の身体に合うヨーグルト、合わないヨーグルト | トップページ | 水森かおりメモリアルコンサート~歌謡紀行~を聴いて »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年金の減額通知が来て驚く:

« その人の身体に合うヨーグルト、合わないヨーグルト | トップページ | 水森かおりメモリアルコンサート~歌謡紀行~を聴いて »