« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

麻生副総理、改憲はナチスのようにやればよいと発言

 麻生太郎副総理兼財務相は29日夜、都内で講演し、憲法改正をめぐり戦前ドイツのナチス政権時代に言及する中で「ドイツのワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」と述べた。
(スポニチ)という。

 麻生氏は「護憲と叫んで平和がくると思ったら大間違いだ。改憲の目的は国家の安定と安寧。改憲は単なる手段だ」と強調した。その上で「騒々しい中で決めてほしくない。落ち着いて、われわれを取り巻く環境は何なのか、状況をよく見た世論の上に憲法改正は成し遂げられるべきだ。そうしないと間違ったものになりかねない」と指摘した。(スポニチ)という。

 ナチスのヒトラーが政権を獲得したのは1933年1月30日である。その直後の施政方針演説でヒトラーは、

 (1)国際協調と平和外交、

 (2)ワイマール憲法の遵守と憲法48条(大統領緊急令による基本的人権の停止条項)の濫用抑止、

(3)多党制の維持(共産党の活動も制限しない)の3大方針を示した。

がこれらは真っ赤な嘘であった。

 wikipediaによると、ヒトラーのワイマール憲法改定は次のようである。そこには謀略が奸計が張り巡らされ、あっという間に独裁制を作り上げたことがわかる。

 麻生副総理はヒトラーに学べと述べているが、何とも恐ろしいことを平気で言えたものだと戦慄を感じる。

 ヒトラーの改憲、独裁への手段は次のようである。(wikipedia)

 内閣発足の2日後である2月1日に議会を解散し、国会議員選挙日を3月5日と決定した

 2月27日の深夜、国会議事堂が炎上する事件が発生した(ドイツ国会議事堂放火事件)。ヒトラーとゲーリングは共産主義者蜂起の始まりと断定し、直ちに共産主義者の逮捕を始めた。

 翌28日にヒンデンブルク大統領に憲法の基本的人権条項を停止し、共産党員などを法手続に拠らずに逮捕できる大統領緊急令を発令させた。

 この状況下の3月5日の選挙ではナチスは議席数で45%の288議席を獲得したが、単独過半数は獲得できなかった。しかし、共産党議員はすでに逮捕・拘禁されており、さらに社会民主党や諸派の一部議員も逮捕された。

 これらの議員を「出席したが、投票に参加しない者と見なす」ように議院運営規則を改正することで、ナチ党は憲法改正的法令に必要な3分の2の賛成を獲得出来るようになった。

 3月24日には国家人民党と中央党の協力を得て全権委任法を可決させ、議会と大統領の権力は完全に形骸化した。7月14日にはナチ党以外の政党を禁止し、12月1日にはナチ党と国家が不可分の存在であるとされた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

マララさんの国連スピーチ

 パキスタンの16歳の少女、マララさんが国連で演説をして世界の人々に感銘を与えた。私もニュースで演説のサワリを見て、堂々とした素晴らしい演説に感動した。先週の「ニュースで英会話」でも取り上げられた。

 イスラム教原理主義では女性に教育を受けさせないことはアフガニスタンのタリバンのことで知っていたが、マララさんの国のパキスタンでも、女性が差別されていることを知り驚いた。

 それに対してマララさんは勇敢にも女性にも教育を受けさせることを訴えて、そのためにタリバンに銃撃されたのであった。運よく一命を取り留めて本当に良かった。彼女の国連での演説が知りたかったが見つけることができた。

 この演説をおんどくしたが、涙なくして読むことはできなかった。マララさんの演説には難しい言葉や用語は出てこない。それでいて訴える力に溢れている。私はこの演説を全ての高校生や大学生、そして若者に音読してもらいたいと思う。

In the name of God, The Most Beneficent, The Most Merciful.

Honourable UN Secretary General Mr Ban Ki-moon,

Respected President General Assembly Vuk Jeremic

Honourable UN envoy for Global education Mr Gordon Brown,

Respected elders and my dear brothers and sisters;

 Today, it is an honour for me to be speaking again after a long time. Being here with such honourable people is a great moment in my life.

 I don't know where to begin my speech. I don't know what people would be expecting me to say. But first of all, thank you to God for whom we all are equal and thank you to every person who has prayed for my fast recovery and a new life. I cannot believe how much love people have shown me. I have received thousands of good wish cards and gifts from all over the world. Thank you to all of them. Thank you to the children whose innocent words encouraged me. Thank you to my elders whose prayers strengthened me.

 I would like to thank my nurses, doctors and all of the staff of the hospitals in Pakistan and the UK and the UAE government who have helped me get better and recover my strength. I fully support Mr Ban Ki-moon the Secretary-General in his Global Education First Initiative and the work of the UN Special Envoy Mr Gordon Brown. And I thank them both for the leadership they continue to give. They continue to inspire all of us to action.

 Dear brothers and sisters, do remember one thing. Malala day is not my day. Today is the day of every woman, every boy and every girl who have raised their voice for their rights. There are hundreds of Human rights activists and social workers who are not only speaking for human rights, but who are struggling to achieve their goals of education, peace and equality. Thousands of people have been killed by the terrorists and millions have been injured. I am just one of them.

 So here I stand.... one girl among many.

 I speak ― not for myself, but for all girls and boys.

 I raise up my voice ― not so that I can shout, but so that those without a voice can be heard.

 Those who have fought for their rights:

 Their right to live in peace.

 Their right to be treated with dignity.

 Their right to equality of opportunity.

 Their right to be educated.

 Dear Friends, on the 9th of October 2012, the Taliban shot me on the left side of my forehead. They shot my friends too. They thought that the bullets would silence us. But they failed. And then, out of that silence came, thousands of voices. The terrorists thought that they would change our aims and stop our ambitions but nothing changed in my life except this: Weakness, fear and hopelessness died. Strength, power and courage was born. I am the same Malala. My ambitions are the same. My hopes are the same. My dreams are the same.

 Dear sisters and brothers, I am not against anyone. Neither am I here to speak in terms of personal revenge against the Taliban or any other terrorists group. I am here to speak up for the right of education of every child. I want education for the sons and the daughters of all the extremists especially the Taliban.

 I do not even hate the Talib who shot me. Even if there is a gun in my hand and he stands in front of me. I would not shoot him. This is the compassion that I have learnt from Muhammad-the prophet of mercy, Jesus christ and Lord Buddha. This is the legacy of change that I have inherited from Martin Luther King, Nelson Mandela and Muhammad Ali Jinnah. This is the philosophy of non-violence that I have learnt from Gandhi Jee, Bacha Khan and Mother Teresa. And this is the forgiveness that I have learnt from my mother and father. This is what my soul is telling me, be peaceful and love everyone.

 Dear sisters and brothers, we realise the importance of light when we see darkness. We realise the importance of our voice when we are silenced. In the same way, when we were in Swat, the north of Pakistan, we realised the importance of pens and books when we saw the guns.

 The wise saying, “The pen is mightier than sword" was true. The extremists are afraid of books and pens. The power of education frightens them. They are afraid of women. The power of the voice of women frightens them. And that is why they killed 14 innocent medical students in the recent attack in Quetta. And that is why they killed many female teachers and polio workers in Khyber Pukhtoon Khwa and FATA. That is why they are blasting schools every day. Because they were and they are afraid of change, afraid of the equality that we will bring into our society.

 I remember that there was a boy in our school who was asked by a journalist, “Why are the Taliban against education?" He answered very simply. By pointing to his book he said, “A Talib doesn't know what is written inside this book." They think that God is a tiny, little conservative being who would send girls to the hell just because of going to school. The terrorists are misusing the name of Islam and Pashtun society for their own personal benefits. Pakistan is peace-loving democratic country. Pashtuns want education for their daughters and sons. And Islam is a religion of peace, humanity and brotherhood. Islam says that it is not only each child's right to get education, rather it is their duty and responsibility.

 Honourable Secretary General, peace is necessary for education. In many parts of the world especially Pakistan and Afghanistan; terrorism, wars and conflicts stop children to go to their schools. We are really tired of these wars. Women and children are suffering in many parts of the world in many ways. In India, innocent and poor children are victims of child labour. Many schools have been destroyed in Nigeria. People in Afghanistan have been affected by the hurdles of extremism for decades. Young girls have to do domestic child labour and are forced to get married at early age. Poverty, ignorance, injustice, racism and the deprivation of basic rights are the main problems faced by both men and women.

 Dear fellows, today I am focusing on women's rights and girls' education because they are suffering the most. There was a time when women social activists asked men to stand up for their rights. But, this time, we will do it by ourselves. I am not telling men to step away from speaking for women's rights rather I am focusing on women to be independent to fight for themselves.

 Dear sisters and brothers, now it's time to speak up.

 So today, we call upon the world leaders to change their strategic policies in favour of peace and prosperity.

 We call upon the world leaders that all the peace deals must protect women and children's rights. A deal that goes against the dignity of women and their rights is unacceptable.

 We call upon all governments to ensure free compulsory education for every child all over the world.

 We call upon all governments to fight against terrorism and violence, to protect children from brutality and harm.

 We call upon the developed nations to support the expansion of educational opportunities for girls in the developing world.

 We call upon all communities to be tolerant ― to reject prejudice based on caste, creed, sect, religion or gender. To ensure freedom and equality for women so that they can flourish. We cannot all succeed when half of us are held back.

 We call upon our sisters around the world to be brave ― to embrace the strength within themselves and realise their full potential.

 Dear brothers and sisters, we want schools and education for every child's bright future. We will continue our journey to our destination of peace and education for everyone. No one can stop us. We will speak for our rights and we will bring change through our voice. We must believe in the power and the strength of our words. Our words can change the world.

 Because we are all together, united for the cause of education. And if we want to achieve our goal, then let us empower ourselves with the weapon of knowledge and let us shield ourselves with unity and togetherness.

 Dear brothers and sisters, we must not forget that millions of people are suffering from poverty, injustice and ignorance. We must not forget that millions of children are out of schools. We must not forget that our sisters and brothers are waiting for a bright peaceful future.

 So let us wage a global struggle against illiteracy, poverty and terrorism and let us pick up our books and pens. They are our most powerful weapons.

 One child, one teacher, one pen and one book can change the world.

 Education is the only solution. Education First.

新着記事一覧

トップページ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年7月29日 (月)

古い手品の本から―①―

 知人が身辺整理をするというので古い手品の本をくれた。2冊になっていて、「手品」という本と「トランプ手品」という本である。どちらもしっかりとした造りの本だ。著者は、安部元章(ペンネーム)氏である。安部氏は元東京アマチュアマジシャンズクラブの会員であった。明治40年生まれだから私の父と同い年だ。

 この2冊の本は、序文によると、昭和28年8月にN・T・V(日本テレビ)が開局してすぐに企画された「テレビ手品教室」という番組で放送したものをまとめたものである。出版は昭和31年5月(1956年)である。

 昭和28年(1953年)は今から60年前のことだ。その頃民間テレビが開局したのだ。私はまだ高校生で、家には古い4球式のラジオがあるだけであった。田舎だからテレビの電波は届いていなかったはずだ。

 そんな時代に、健全な娯楽として、手品番組を連続的に放送するという企画があったのだ。その番組の講師を安部元章氏が務めたのである。

 毎週初歩的な手品を解説して放送した。非常に好評で視聴率も高かったそうで、2年余り続いたという。局内でも多くの手品ファンができたようだ。

 この本の序文を書いたのはN・T・V編成局長の久住悌三氏である。その一部には次のように書いてある。

 「今まで私は手品というものは下品とまでは思っていなかったが、さりとて上品な芸だとも思ってはいなかった。子どもの時分から手品というものは不思議なものだ、面白いものだと思って好きで見ていたが、自分でやってみようと思ったことはなかった。ところが安部君の放送を毎週見ているうちに、だんだんと手品というものは上品なものだと思うようになり、「テレビ手品教室」の視聴率の高い理由もわかった。」

 手品は寄席では色物に分類される。落語などよりちょっと低く見られているように思うのだがどうであろうか。上品、下品という表現にはそんな気持ちが含まれているように感じる。

 ともあれ、手品を低く見ていてのが、そうでなくて立派な芸能であると見るようになったというのが興味深い。

 この番組を見ることができたのは全国でどのくらいの人たちであろうか。テレビが街頭テレビとかごく一部の金持ちの家にしかなかった時代であるから、視聴率が高いとは言ってもごく限られていたであろう。

 生放送の時代だから、手品は格好の材料ではなかったかと思われる。

                  ―つづく―

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

金柑の花がまた咲いた

 朝庭に出たら金柑の木に白い小さな花が咲いていた。えっつ?と驚いて木を見ると白い花が咲いていてところどころに小さな丸い青い実ができていた。

 青い実は確か6月ごろに白い花が咲いてその後ついた実である。我が家の金柑は以前にも書いたように、実がほとんどならない。それが今年は白い花がたくさん咲いたので実がなることを期待していた。

 花がみんな実になると思っていたが、そうでもないらしく、実の数は少ない。そんなところへまた白い花が咲いたので驚いたのであった。

 インターネットで調べたら、金柑の花は7月ごろから3~4回も咲くのだと書いてあった。それで納得した。別に不思議でもなんでもないのだ。ただ、これまでは花が余り咲かなかったので気が付かなかったのであろう。

 金柑は江戸時代より前に中国から移入されたもので、固有種と思われるぐらいい馴染が深いのだという。日本には数種類しかなくて、家庭用に栽培されるのは、ニンポウキンカンまたはネイホウキインカンと呼ばれるものだそうだ。

 我が家の金柑はどの種類かは定かではない。病害虫に強く、土壌適応性も高いといわれる。でも我が家のキンカンがならなかったのは土壌のせいだと思っているのだが。

 本家の中国では、鉢植えとして春節(旧正月)に飾る。以前春節に上海へ行ったとき、デパートなどの入口にたわわに実を付けた金柑の鉢植えを飾ってるのを見た。正月の縁起物として使われているそうだ。豊満な形は「福徳」を表し、黄金色は「黄金」を意味し、多くの果実は「子孫繁栄」を象徴しているのだという。

 中国のキンカンは日本のより実が大きくて色も鮮やかであった。食べたことがないので味は知らない。

 我が家のキンカンも今年の11月ごろにはたくさんの実を付けてくれることを願っている。

 

Cimg6401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月27日 (土)

TPP交渉初参加の会合が終了したが、

 日本が初参加したマレーシアでのTPPの交渉が終わった。日本は11日間のうちたった2日半参加できただけである。

 遅れを取り戻そうと93人の大交渉団を送り込んだが参加の遅れは否めないようだ。一番の障碍は、情報が開示されないことだ。日本以外の早くから交渉に参加して来た国も、秘密保持を盾に何も言わないという。だから交渉団が情報がどれだけ得られたか心配である。

 マレーシアに乗り込んだ経団連や農協関係など約10団体に対しても、政府関係者は「秘密保持契約」を盾に「言えない」を繰り返したという。

 TPPは国民のこれからの生活に直接かかわる、農業、食の安全、保険、医療、知的財産などさまざまな分野に大影響をするのだ。その交渉を秘密裏に進めているのだ。

 以前からTPP反対を唱えてきたJAは、26日の新聞の1面を使った「TPPで喜ぶのは誰だろう?」と題する意見広告を載せた。私に言わせれば、遅きに失した。意見広告をするなら選挙中にやるべきであった。それをしなかったのは、JAは自民党を応援したからである。

 TPP反対と言いながら、自民党を支持し応援するという矛盾した行動をとったのだ。

 「様々な分野において、米国にとって都合のよいルールを他国に押し付ける性格の協定になりつつあります」と書いているが、「なりつつある」ではなく、まさに米国の狙いはそこにあるのだ。

 誰かが米国の新しい植民地主義だと言っていたが、例えば「食の安全」でも、残留農薬の基準を低くして米国から農薬まみれの食糧を輸入させるとか、食品添加物の認証手続き、遺伝子組み換え食品など全て米国に都合がよいように見直しを求めてくるのだ。

 恐ろしいのは、「ISD条項」である。投資家・企業が不利益を被った場合、外国政府を国際仲裁機関(米国が牛耳っている)に提訴できる制度である。これまで米国はメキシコ、カナダとのNAFTAでこれを行使し、いずれも勝っているのだ。これは日本の憲法や法律より上位に来るので恐ろしいのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=qHlmCn1I1Bc

 知的財産権では、著作権が日本では50年だが、米国並みに延長させられる。それで音楽業界などは困っている。薬の特許の期間も米国が主張するように長くされると新興国や途上国では薬代が高くなるので困るのだ。

 TPP参加について政府は国民に情報を提供せず、極秘のうちに交渉を進めており、気が付いたら米国の思うつぼにはまっていたということになるのは真っ平御免である。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

2013「アート・クルー」展

 さまざまなジャンルのアート作家の作品展、2013「アート・クルー」展を見て来た。息子のところへ友人の奥村さんから案内の葉書が届いたので出かけたのだ。そうでもなければ、こういう展覧会があることは知らずに過ぎたであろう。

 このグループの展覧会を見るのはこれで2回目である。今回は13名の作品が展示されていた。

 wire art   arino,  drypoint 井田紀子、 healing art  内山孝代、  

 glass  奥村佳巳、  metal  加藤伸介、 active art  島田加寿子、

 oil painting  杉山英子、  pottery  多和田千春、  glass 内藤暖子、

 object ピエール、  glass 堀正直、  glass ヤマタカ、

 作品展の会場は、広小路伏見の「Art-Ship」という小さなギャラリーである。

       http://www.art-ship.jp/gallery.html

 とてもこじんまりとしたギャラリーなのでゆっくりと見ることができる。多彩なジャンルの作品で、しかも小品ばかりである。見ていて楽しい。

 会場にいた人に、もうすぐトリエンナーレだから参加したらと話した。前回のトリエンナーレにはこれはという現代アートの作品は少なかった。奇を衒った作品が多かった印象である。

 そこへいくと「アート・クルー」の作品は技術性、芸術性が高く、しかも、分かりやすくて楽しめる。

 7月28日(日)までやっている。

Cimg6404

Cimg6411

Cimg6412

Cimg6406

Cimg6407

Cimg6410

Cimg6408

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

英王室ロイヤルベイビー誕生ニュースで大騒ぎ

 英国王室のウイリアム王子とキャサリンさんの間に男の子が誕生した。それについてはおめでとうございますと言いたい。

 出産予定日より遅れたので、世界から集まったと言われるマスコミ人が病院の入口に陣取って今か今かと待っていた。

 そして誕生が知らされると、そのニュースはあっという間に世界に飛んだ。日本ではNHKがおはよう日本や次の日のニュースナインでも、トップニュースとして伝えた。民間放送は見てないので分からないが、おそらく大騒ぎで放送したに違いない。

 私は、NHKがトップニュース扱いをしたことに違和感を覚えた。イギリス王室のロイヤルベイビー誕生がそれほど大事なニュースなのかと思ったのだ。

 オーストラリアやニュージランドやカナダなどは、エリザベス女王を元首とする大英帝国の一員だから、大喜びで大騒ぎをするのは理解できる。アメリカでもトップニュースで伝えられたようだが、アメリカ人はロイヤル贔屓が多いと言われるからさもありなんである。

 英国でロイヤルグッズが売れるのは当たり前だが、日本でも売れているらしい。ロイヤルグッズは需要があれば売るのは当然である。しかし、NHKニュースでロイヤルベイビー誕生のトップ扱いを続けたのは理解できない。

 それはともかくとして、2日めにウイリアム王子夫妻が産院の外に出て赤ちゃんを見せたのには驚いた。外の空気に触れさせて感染することへの心配はなかったのであろうかということだ。

 王子夫妻がとても庶民的な態度、振る舞いであったのが好感を持てた。日本の皇室の隔離的な態度とは大違いで、だからこそ英王室は世界から親しまれているのだと思った。

 病院を離れるときウイリアム王子は赤ちゃんを入れたベビーシートをぶら下げて車に入れ、自分で運転をして帰って行ったのにもびっくりした。日本ならSPが取り囲み車の前後をがっちりと固めるからだ。

 ふつうの市民のような行動と身近さがイギリス王室のよいところなのだ。ヨーロッパの王室は概してそのような傾向にあるようだ。

今朝のニュースで、名前がジョージ・アレキサンダー・ルイと決まったと発表された。ジョージ6世にちなみ、ミドルネームはエリザベス女王のアレキサンドラにちなんだものという。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

民主党の惨めな3連敗も元はといえば菅元首相からだ

 7月22日の朝日社説には次のような部分がある。「それにしても、つい7か月前まで政権を担っていた民主党の退潮は目を覆うばかりだ。改選議席は半分以上割り込み、2大政党の面影はない。」

 民主党は昨年暮れの衆議院選挙で大敗し、7月の都議選でも惨敗し、今回の参議院選でも惨敗したのだ。

 思えば3年前の衆議院選では自民党に愛想をつかした有権者の票が民主党にあつまり歴史的な勝利を収めたのであった。ところがその後の参議院選挙では議席を減らしてねじれ国会を作り出してしまった。

 その原因は、選挙の前に、菅元首相が突然、民主党のマニフェストになかった「消費税増税」に言及したからであった。それが国民の期待を裏切るものとして受け止められて参議院選で負けたのであった。

 もし、菅氏が消費税増税を言わなければ、ねじれを生み出すような負け方はせず、むしろ楽勝できたはずだ。

 きっと今回の安倍政権と同じ安定政権ができていたと思うのだ。そうすれば苦労は少なくて民主党らしさを出した政治ができたであろう。

 ところが民主党政権は、ねじれのために政権運営に非常な苦労を続け、しまいには反旗を翻す党員が続出し、党自体が割れてしまい、国民の信用を全く無くしてしまったのだ。

 もともと民主党は、民主社会党や社会党や自民党から飛び出した人たちで作られた寄せ集めであったから、党としての方向をきちんと示すことができなかった。それは綱領を持っていないことにも現れている。

 それでも、もし、民主党員たちが高い政治的志を持って真剣に日本の政治や未来を考えていたら、党がばらばらになることはなかったと思う。結局は自分のことを大事にする連中の寄合であったことと、識見をもち統率力のあるリーダーがいなかったのがかくも急速な衰退の原因であると思う。

 その最初の原因を作ったのが菅氏だから彼の責任はA級戦犯ものである。安倍政権や自民党は菅氏の失敗から学んで、選挙に不利になることには極力避け、人気があるアベノミクスだけを前面に押し出して闘い大成功を収めたのだ。

 選挙後の昨日の株価は低迷をした。アベノミクスに市場は疑問符をつけようとしたのであろうか?

 ねじれを解消し安定政権になったからといって高飛車の政権運営をすればきっと痛い目に遭うであろう。朝日新聞社説は「民意とのねじれを恐れよ」と書いた。的を得た指摘である。白紙委任をしたのではないのだ。そこを取り違えないように政権運営をしてもらいたい。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

自民党が圧勝して―次に来るものが怖い

 注目の参議院選挙は自民党の圧勝に終わり、公明党を含めると与党は76議席を獲得した。非改選を加えると安定多数の135議席となり、いわゆるねじれもなくなって与党は欣喜雀躍である。憲法改定を提案できる2/3にはならなかったが、あと僅かなので工作をして96条改憲をするつもりのようだ。

 参議院選挙はあと3年間はないから、それまでは安倍政権は安定する。石破幹事長は全ての懸案をスピードを上げてやっていくとNHKで話していた。

 安倍首相は、選挙中はアベノミクスと経済ばかり話して、大事な憲法改定、TPP、消費税、社会保障、原発、沖縄基地については殆ど触れなかった。しかし、選挙で圧勝したことです全てが白紙委任されたとしてがむしゃらにこれらの重要問題を進めるであろう。

 中国や韓国、そしてアメリカも、安倍首相が歴史認識で更に強硬な態度に出るのではないかと懸念を示したそうだ。私も心配をしている。

 日本は今日からTPP交渉に参加できるのだが、以前に書いたように、ほとんどの重要な議題は決められたあとである。安倍首相は、聖域を守ると言っているが果たして可能なものか疑わしい。

 TPPでアメリカの思う通りになれば、日本は農業も医療も保険も著作権も何からなにまでアメリカの言いなりにしなければならなくなるのだ。

 96条から憲法を改定することもいよいよ本格的に動き出すであろう。石破幹事長は自民党の長年の願いだと言っている。

 原発は既に再稼働に向けて進んでいるし、安倍首相自身がインド、トルコ、などを回って原発を売り込んでいる。

 安倍政権は弱者切り捨て路線であることがはっきりしている。現在2000万人以上いる非正規雇用者は今後も増加すると言われている。生活保護基準の切り下げや厳格化も進められている。介護保険料値上げや年金の減額も予定されている。

 アベノミクスの恩恵を受けているのは、大企業と富裕者だけである。大多数の国民はますます厳しい生活を余儀なくされるのだ。

消費税の増税も待ったなしである。さらには安倍首相が執念を持っている教育への管理統制強化も行われるであろう。

 今回の選挙で、一隅の灯りとなったのは、東京、大阪、京都で共産党が議席を獲得して議案提出権を得たことであり、東京で原発反対を掲げて山本太郎氏が当選したことである。また、沖縄では社会大衆党の糸数氏が当選をして、唯一自民党の完全試合を阻み、沖縄の基地問題で一石を投じたことである。

 惨敗した民主党、生活の党、緑の風は今回の政治状況を作り出した元凶であることをしっかりと受け止めるべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

神道の葬式

 親戚の葬式に出席した。この家は神道なので通夜も葬儀も神式である。ずっと以前に葬式に行ったときは、自宅で執り行った。記憶では大変簡単であった。神棚にお神酒を入れる瓶子や野菜と海藻など簡単なお供えなど必要な物を揃えて行われた。

 神主さんが1人だけで、祝詞をあげて玉串の奉奠をし、参拝をした。時間も短かった覚えである。それに神主さんへのお礼も大変少額であった。だから神式の葬式がいいなと思ったものである。

 今回はというと、会場を葬儀屋で借りて行われた。それで立派な祭壇があり、神主さんも二人来た。神主さんは直衣(のうし)に烏帽子(えぼし)を被り笏(しゃく)を手にしていた。笏は祝詞を出したりしまったりするときやお辞儀をするときに使った。

 参列者は椅子に座ったが、通夜の時は、起立をする場面がやたら多くあった。神主(祭主)の入退場時、祝詞をあげるとき、拝礼するとき、玉串奉奠の時などだ。

 式の初めの方で献撰というのがあり、蝋燭に灯をともしたり、酒の瓶子の蓋を取ったりする。終わりの方で撤撰と言って灯を消し、瓶子に蓋をする。祝詞は文語体で、一生懸命に聞き取ろうとしたが、部分部分聞き取れただけであった。仏式の場合はお経だから全くのチンプンカンプンであるが似たようなものである。

 お焼香に当たるものが玉串奉奠(たまぐしほうてん)で、榊に白い紙で作った紙垂(しで)が付けてあった。それを神主さんから頂いて、時計回りに向きを変えて、枝の方を向こうにして祭壇の上に置くのである。そのやり方は事前に会場の係りが教えてくれた。玉串奉奠の時、柏手(かしわで)を打つのであるが、弔の場合は「偲手」(しのびて)と言って掌をそっと合わせるだけである。二拝二柏手一拝は同じである。

 後半に、遷霊というのがあり、向かって右手にしつらえた小さい祭壇に御霊を移す儀式である。会場の灯りが一時消される。この儀式は魂をそちらに移すということのようだ。この時も式の初めの方で献撰というのがあり、おわりの方で撤撰がある。

 通夜の時間も仏式の場合は30分であるが、45分もかかったので意外であった。

 翌日の葬儀の時はやり方が改められて起立の回数が減らされたので良かった。本当は起立をするのであろうが、高齢者が多いので変えたようだ。

 葬儀は通夜と同じように45分ほどかかったが、遷霊はなかった。祝詞が3回読まれたが、その中に、いつまでもここにとどめておきたいがそうすることもかなわないので火で焼くところに移すというような意味のことが入っていた。

 納柩のとき、参列者が玉串を柩に入れた。その後みなで花を入れてきれいに飾っって親族で蓋をした。蓋の上には「○○刀自柩」と書いた幟が載せられた。この幟は葬儀の間祭壇の横に立てられていた。

 火葬場ではまた玉串奉奠が行われた。それにも15分かかった。

 火葬場から戻ると十日祭が行われた。遷霊をした祭壇が中央に移してあった。

 神式は抹香臭さはないが祭主の玉串奉奠やお辞儀がやたら多かった。私はキリスト教の葬儀は一度も経験をしたことがない。神道はこの親戚の場合だけである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

いい言葉―キョウイクとキョウヨウ―天声人語から

 7月14日の朝日新聞「天声人語」に面白い表現が紹介されていた。それは「キョウイク」と「キョウヨウ」という言葉である。真っ先にこの言葉から連想する漢字は、「教育」であり「教養」であろう。他には「恐育」や「共育」もあるがそれは連想しない。同じように「強要」も「共用」も「供用」も連想しない。

 ではいったいどういう意味なのかそれは後に譲るとして、定年退職をすると男性はややもすると時間や体を持て余すことが多くなりがちである。  

 私の知り合いの奥さんは、「うちの旦那はテレビの前から離れない」とぼやいていた。以前にぬれ落ち葉という言葉が流行ったことがあったが、まさにぬれ落ち葉状態になっているのだ。

 それに対して、健康そのものでしかもいつも元気で忙しそうな男性も見かける。私の古い知人は、手帳の予定表がいつもぎっしりと書きこんであった。時間に追われるぐらいにしてそれをこなしていて、半ば憧憬に似た気持ちでその人を眺めていたものである。

 自分はというとほどほどに忙しく過ごしている。趣味やボランティアや買い物などやることや出かけることが多いからだ。

 ところで「キョウイク」と「キョウヨウ」であるが、どういう意味か想像がついたであろうか?

 その意味は、「今日、行くところがある」つまりキョウイクであり、「今日、用がある」つまりキョウヨウである。

 定年後はこの二つの言葉を念頭に置いて過ごすようにするとよいという教えである。この言葉の出所は心理学者の多胡輝さんの著書「百歳になっても脳を元気に動かす習慣術」の中で紹介されているという。私はこの本を読んだことがないので知らなかった。

 多胡さんは100歳に近い大先輩から教わったのだという。「ボケないための頭の使い方」を実に巧みに表現した言葉だと絶賛しているそうだ。

 日本語は、同音異義語が多いからダジャレもよく作られるが、この言葉もダジャレの一種である。本当によくできたダジャレだと思う。

 「今日も行くところがあっていいなあ」「今日も用があっていいなあ」と思って過ごすようにしたい。行くところがあるができれば病院でないことが望ましいし、今日用があるも同じである。健康で行くところがあり、用があるのが一番である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

子どもの教育で貧富の格差をなくせ

 安倍政権になって取られている政策は、大企業優遇、富裕層優遇であり、貧乏層はますます貧困に追いやられるものである。

 富裕層優遇の一つが、孫への教育資金の贈与を1500万円までは非課税にするというものである。それについては以前にも触れた。

 経済効果は確かにあるだろうが、1500万円もの金額を簡単に贈与できるのは相当な富裕層だけである。我々のような年金生活者は自分たちの生活をするだけで精いっぱいなのだ。

 仮に1500万円の貯蓄があったとしても、老後の生活の不安のために残さなくてはならないし、何よりも今の生活が日々厳しくなっているという現実がある。

 介護保険料は私の場合今年度16.4%も増額になったし、この9月からは年金がまたまた減額されるのだ。復興増税だって始まっている。さらに来年からは消費税が3%上げられると予想される。物価も上がり始めている。

 また安倍政権は生活保護の受給基準を厳しくすると共に、給付を切り下げるという。現在216万人もいる生活保護受給者はおののいている。

 非正規社員はとうとう2100万人を超えた。これからもさらに増え続けるであろう。問題はそうした低所得世帯の子どもたちである。

 金持ちの子どもは家庭教師を雇い、進学塾などに通い、ピアノなどのお稽古に通う。そして将来は優秀な大学への進学が約束されるのだ。

 一方今問題になっているのは、低所得層、貧困層の子どもたちが、憲法にうたわれた教育の機会を奪われていることである。

 15日の朝日新聞「私に視点」欄で、岡田昭人東京外国語大学教授が、「日本の教育 今こそ格差解消策の充実を」と問題提起をしている。一部を紹介する。

  「戦後日本では、国レベルの教育改革議論において、階層間格差が殆どとりあげられなかった。

 戦後は平等主義に基づく6・3・3・4制が採用された。教育基本法には、すべての国民は人種、性別、経済的地位に関わらず、等しく、その能力に応ずる教育を受ける機会が保障されると明記された。

 しかし、近年の教育改革は、学校教育に市場原理を導入した。親と子の『選択の自由』を拡大することによって、競争をかき立てる方向に進んでいる。家庭は経済力と情報力を精一杯駆使し、少しでもレベルの高い教育を獲得しようとする。その結果が期待に反するものになっても『自己責任』とみなされがちだ。」

 森永卓郎氏によると、自民党は、民主党が行った児童手当をなくし、年少扶養控除を復活させようとしているという。

 手当は一律だから低所得層にも教育などの支援になるが、扶養控除の減税は税率の高い高額所得者ほど有利になる。ここでも高所得層の子弟をより強力に支援するという自民党の意図が見られると指摘する。

 この考え方の背景にあるのは、資本主義社会では、能力の高さは稼いだ金額で測られるということである。だからその資質を受け継いでいる子弟にも教育を集中させた方がいいということになるのだ。(「庶民の知らないアベノリスクの真実」 角川SSC新書P.100)

 岡田教授も森永氏も、金持ちのこどもも貧乏人の子どもも同じスタートラインに立てる、全ての人々に公平な教育機会が保障されてこそ、公正で健全な競争が生み出され、協調性のある安定した社会の実現が期待できると指摘している。

 私も二人の考えに全面的に賛成である。1%の超富裕層と99%の低所得層のアメリカのような格差社会はまっぴら御免である。

 第一、遺伝子を調べれば、下層の子弟の中にどんなに将来性のある優秀な遺伝子があるやもしれないではないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

TPPの争点化を避ける安倍政権は卑怯

 マレーシアで15日から18回目のTPP交渉会合が11日間の日程で始まった。しかし、日本が参加できるのは、23日の午後からである。ところが、各国の利害がぶつかる「関税」「投資」「競争政策」など7つの作業部会は22日までに交渉を終えるのだ。

 だから日本が参加できるのは、「原産地規制」や「政府調達」など5つの作業部会しかない。重要な「関税交渉」には参加できないのだ。

 TPPがこのような情けない状況であるにもかかわらず、安倍政権はだんまりを決め込んでいる。そして参議院選でTPPへの対応が争点化しないようにしているという。

 「農業、漁業、林業、しっかりと守り、成長させていくことをお約束申し上げます」と声だけは大きく演説したそうだが、極めてあいまいである。

 農産物の輸出拡大で「10年間で農業、農村の収入を倍増する」と勇ましいこを主張した。しかし、「TPP]という言葉は使わず、日本がどんな姿勢で交渉に臨むのかも語っていない。

 TPPについては、日本の農家の9割が壊滅的影響を受けると言われている。アメリカなど外国から安い農産物や飼料が入って来るから農業が立ち行かなくなるのだ。

 その他にも、日本のすぐれた医療保険制度が破壊されると言われ、日本医師会などが警告を発している。

 また、日本の法制度や憲法を飛び越えてアメリカの産業界の利益を損なわないように、要求を受け入れさせられるというのだ。

 まさに日本の将来の死活に関わる重要なTPPなのに、安倍政権や自民党はそれに触れることを避け、参議院選を乗り越えようとしているのだ。何とも国民を馬鹿にした卑怯なやり方ではないか。

 参議院選挙に勝てば国民の信任を受けたと主張してTPPも憲法改悪も原発稼働もやりたい放題に進める魂胆なのだ。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

安倍首相はついに本音を漏らした

 参議院選は終盤となり、自民党の歴史的大勝が現実のものとなってきたと産経新聞は伝えている。

 産経紙によると、安倍首相は勝利を確信したので、憲法9条の改定をするとはっきり述べたという。

 「われわれは9条を改正し、その(自衛隊)存在と役割を明記していく。これがむしろ正しい姿だろう」

 首相は参院選の遊説先で長崎国際テレビ番組のインタビュー(12日収録、15日放送)に応じ、憲法9条改正の必要性を明言した。これまでの選挙戦でも憲法改正の発議要件を緩和する96条改正に意欲を示してきたが、いよいよ“改憲の本丸”に攻め込んだ格好だ。

 このように書いている。これまで憲法改定が争点になるのを避けて極力触れないできたのが、大勝するとみて俄然牙を剥いた感じである。私が危惧していた通りになると思われる。

 参議院選挙に勝ちさえすれば国民の信頼を得たとして、やりたい放題にしゃにむに突き進むつもりなのだ。

「民主党は潰れる運命にある。党を飛び出した改憲派と連携をして憲法を改正する。」と、自民党憲法改正推進本部の幹部が15日に語ったという。民主党もここまでコケにされて歯がゆくないのであろうか。

 金、土と2日間しか残されていないが、憲法改定だけでなく、TPPといい、原発再稼働といい、年金や生活保護など社会福祉といい、消費税といい、日本の将来を決定する大事な選挙である。よく考えて、どの政党が本当に日本の未来に責任を持っているのかを見極めて、棄権しないで投票に行くことが大事である。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

自民党の2枚舌―普天間飛行場の移転問題で

 参議院選挙も後数日となった。

 朝日新聞7月11日朝刊には、「普天間公約自民に亀裂」という見出しが躍っていた。記事によると、自民党は沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題を巡り、参議院選公約で、名護市辺野古への移設を明記した。

 ところが、沖縄選挙区で戦う自民党候補者も自民党沖縄県連も「県外移転」の立場をとっているという。

 自民党の安里候補者の選対本部長に仲井真沖縄県知事が就いたが、その際、「候補が『県外移設』をあいまいにすれば説明がつかない。堅持してほしいと釘を刺した。こうした意向を念頭に、自民党県連は地域版公約に「県外移設」を明記することにしたのだ。

 仲井真知事は以前は辺野古移転であったが、沖縄県民の「県外移設」の意志を見資できず県外移設の立場を取っている。しかし、自民党候補者の選対本部長に就いたということは矛盾している。

 本当に「県外移設」を貫くのなら、社会大衆党の糸数氏を応援すべきである。

 とまれ、安里氏は知事の顔を立てて、6月初めには、「県外移設」を明言したのである。しかし、県連は内部で分裂したので、安里自民候補は、有権者へ分裂イメージを避けるため「県外移設」を言わなくなり、選挙ビラは事務所に置かれたままだという。

 選挙で勝つためには、辺野古移転という本当のことを隠し、選挙民を欺いているのだ。これは沖縄選挙区だけの問題ではない。自民党は大事な争点をはっきり言わなかったり、ぼかしたりして、アベノミクスだけを強調して選挙を戦ってきた。

 憲法改定、TPP、原発、被災地復興、医療・介護・年金などの社会保障などの重要問題についても抽象的表現にとどめている。今はとにかく選挙で勝つことが大事とばかりに不利なことには蓋をしているのだ。

 おそらく橋本元首相や民主党の菅元首相が「消費税」に触れて参議院選挙で大敗したことを教訓としているものと思われる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

平和憲法で平和外交の先頭に立て

 14日のNHK日曜討論を聞いていたら、自民党の石破幹事長が、アメリカ軍の沖縄駐留は抑止力として重要だと言っていた。だから基地を辺野古に移転をすることがどうしても必要だというのだ。

 また憲法を変えて、国防軍を創設し、戦争ができるようにすることも大事だと述べた。自民党の改憲案はその趣旨で作られているのだ。

 それを聞いて、「抑止力」というときに、対象が想定されているはずだが、いったいどの国を想定しているのだろうと思った。また、戦争ができる軍隊を持つべきだということも戦争の相手があるはずだ。

 日本は日米安保条約によりアメリカの同盟国だから、アメリカは想定敵国ではないのは明らかだ。韓国も竹島問題で仲をこじらせているがアメリカの庇護のもとにあるから違う。

 ソ連の崩壊によりロシアとなってからは冷戦構造がなくなったから、ロシアは想定敵国ではあるまい。一番考えられるのは北朝鮮であり、中国であろう。

 中国は経済関係において日本の重要な相手だから、いくら尖閣列島問題があるとは言っても、戦争の相手とは想像しにくい。

 私は、どこかの国といつかは分からない将来に起こるかも知れない戦争を仮定して、憲法を変えて戦争ができる状態にして、戦力を保持することよりも、平和憲法の下で、戦後70年近く平和を維持してきたことを大事にして、世界の平和の先頭に立つことが大事だと思うのだ。

 そんなことを考えながら聞いていたら、社会党の又吉書記長やみどりの風の谷岡代表や共産党の市田書記局長などが同じような趣旨の発言をしたので心強く思った。

 誰かが言ったように、世界文化遺産にしてもよいような日本国憲法を堅持して、日本は戦争をしない国だという信頼を世界から勝ち取り、平和外交を進めるのが一番の戦争抑止力になると思うのだ。

 イラク戦争のとき、自衛隊がPKOで派遣されたが、自衛隊は武器を使わないという信頼があって、最後まで任務を全うできたという見方に賛成である。

 スイスは永世中立国であるが、日本は「永世平和国ー戦争放棄国」を宣言し、国連でもどこでもその立場で外交を進めるべきだと思う。

 「戦争をしない歴」が1年、1年延びて、それが100年になり、150年になって行くことを願って止まない。平和が続くことは、何よりの経済発展への寄与ともなる。あの悲惨な戦争は絶対に繰り返してはならない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

第39回国語教育研究集会―児童言語研究会名古屋支部主催―

 児童言語研究会名古屋支部が主催する「第39回国語研究集会」が、愛知県教育委員会と名古屋市教育委員会の後援で開かれる。

 テーマは「ことばを磨き合い、学び合う中で、人間認識や自然認識を深める      国語教育の実践」

 ◎日 時 2013年8月5日(月) 午前9時20分~午後4時40分

 ◎会 場 ウイルあいち(愛知県女性総合センター)

        名古屋東区上堅杉町1 (Tel:052-962-2511)

        地下鉄名城線 「市役所駅」下車 ②番出口から東へ徒歩10分

        名鉄瀬戸線「東大手駅」下車 南へ徒歩8分

        基幹バス「市役所」下車 東へ徒歩10分

        市バス 幹線名駅1 「市政資料館南」下車 北へ徒歩5分

 ◎参加費 教員→3000円(前売り2500円、資料代を含む)

        一般(父母、学生、講師)→1000円

        ※講演または分科会のみ→1000円

  ◎問い合わせ先(事務局) 0586-71-6179 三輪 聡 

 ◎日 程 

  《午 前》 全体会

       9:20 開場・受付

       9:40 開会挨拶、基調報告

           【講 演】 言葉の贈り物  石井睦美氏(児童文学作家)

                  ※光村教科書2年「わたしはおねえさん」の作者

            第3回毎日新聞はないちもんめ童話大賞、

            新見南吉児童文学賞

            第14回朝日新人文学賞

            第51回日本児童文学者協会賞

            第53回産経児童出版文化大賞  

  《午 後》 分科会 

 ◎文 学 「スーホの白い馬」(光村小学2年)→吉田美紀代

 ◎説明文 「千年の町」(光村5年)→三輪聡

 ☆楽しい国語の授業ってどんな授業?

 ☆話し合いのさせ方はどうするの?

 ☆子ども主体の授業がしたいな

 ☆発言がつながり、深まる授業をするには?

 そうした要望や疑問にお答えするとともに、皆さんと一緒に考えたいと思います。

 毎年東京で開かれる「児童言語研究会夏季アカデミー」は、7月30日(火)、31日(水)の2日間、第50回の記念集会を開催します。会場は江戸川区総合区民ホールです。

 詳しくは、http://www.jigenken.com/index.html

 私は、第5回夏季アカデミー辺りから参加して来ました。また、児童言語研究会名古屋支部の国語研究集会には第1回から研究・運営に携わってきました。

 名古屋支部の国語研究集会は、初めのうちは隔年で開催していましたから、今年は第39回ということになりますが、児童言語研究会名古屋支部が作られてからは50年以上になります。大変歴史のある研究会です。

 私が退職してからすでに長い時間が経過していますが、後輩の先生たちが頑張って研究会を続けてくれています。

 ひとりひとりの子どもを大事にし、子どもたちが主体的に学習に取り組み、他の人の意見を受け止めて、みんな深めあっていくという姿勢は一貫して変わっていません。

 子どもは可能性を秘めた存在です。だからこそ、その可能性を引きだして行くことが教師には望まれるのです。

 私が退職するまで続けられたのも、仲間たちと切磋琢磨して研究をしてきたからです。それは子どもたちを大事にしたいという願いがあったからです。この会で学んだことは一生の宝となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月14日 (日)

意味不明な「日本を取り戻す!」―取り戻すのはどんな日本か?

 日本の未来を決める参議院選挙も中盤を過ぎた。マスコミによると、自民党・公明党の与党が過半数を制するようである。これはひとえに民主党が退潮し、野党がバラバラとなって乱立した結果である。

 街を歩くと安倍首相の大きな顔写真に、「日本を取り戻す」というキャッチフレーズをあしらったポスターが目に入り、新聞広告にも同じものが見られる。

 「日本を取り戻す」というキャッチフレーズを見たとき、私はすぐに「取り戻す日本って、いったい何だろう」と思った。

 日本を取り戻すというが、どんな日本を取り戻したいのかが全く不明なのである。それについての説明が欲しいが、新聞などを見ていても分からない。

 取り戻したいのは、自民党・公明党政権時代の日本の状態なのか、それとももっと前の、ひょっとすると戦前の日本なのか?

 自民党の憲法改定案を見る限り、どうも取り戻したいのは、戦前の日本のようである。理由はいくつかある。

 ○天皇を元首とすること。

 ○国防軍を創設し、戦争ができるようにすること。

 ○公共の利益の名の下に、表現の自由や集会結社の自由や基本的人権を制約すること。

 ○個人や家庭の自己責任に委ねること。

などなどが書いてあるからである。

 しかし、安倍首相は、憲法については殆ど触れない。むしろタブーとしているようである。選挙が終わるまでは、憲法改定には口をつぐみ、参議院選挙で勝ったら一気に憲法改定をやろうという魂胆のようである。

 取り戻したいのが戦前の日本であるとすれば、彼の考えはアナクロニズムであるが、選挙で勝てば信任されたとして、やりたいことをやるに違いない。

 国民は「取り戻す日本」の中身をよく考えて、耳触りのよいフレーズに惑わされないようにすることが大事である。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

セミの穴と抜け殻

 4,5日前に柚子の木の根元に穴が5つ空いているのを見つけた。蝉の出た穴だろうと思って柚子の木に抜け殻がないか調べた。でも見つからなかった。

 2日後に更に新しい穴を2つ見つけた。そして蝉の抜け殻が1個転がっていた。
想像通り蝉が地面から出で成虫になって飛んで行ったのだろうを思った。

 昨日はさらに穴が増えて、蝉の抜け殻も2個落ちていた。梅雨が明けて暑い日になったので蝉も地下生活から抜け出すときだと感じているのであろう。

 妻は一昨日の夕方蝉が土から出て柔らかい体で木に止まっているのを見たと言った。蝉は夕方5時ぐらいから土の中から出てくると聞いたことがあるが、まだ見たことがない。一度見てみたいものだと思う。

 それにしても我が家から巣立った蝉たちはどこへ飛んで行ったのであろうか。私も妻も今年の夏はまだ蝉の鳴き声を聞いてことがないのだ。

 セミが鳴いているのは、私の耳の中だけである。耳鳴りだから年中鳴いている。今夏、蝉の鳴き声を聞くのはいつであろうか?

 暑い日に蝉の鳴き声を聞くと暑さが倍増するように感じるが、夏の風物詩として蝉の声は欠かせない。庭のもみじの木でうるさくなく蝉の声が待ち遠しいこの頃である。
昨日の朝、蝉が飛び立って行くのを見た。多分我が家の地面から出た蝉だと思われる。どこまで飛んで行ったのであろうか。蝉が出た穴は12個になっていた。

Cimg6391


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

遺伝子の解明がもたらすもの―NHKスペシャルを見て考えさせられた

 7日のNHKスペシャルは「あなたは未来をどこまで知りたいですか―運命の遺伝子」というタイトルで、遺伝子解明がもたらしたものを取り上げていた。

 人間の遺伝子解明が始まったのは1991年頃で、それから12年かかって30億個もあるという、ヒトのすべての遺伝子の構造が解明された。

 その翌年の2004年に、日本の理化学研究所が「次世代シーケンサー」という画期的な遺伝子解析の器械を発明した。それ以後は、たった1日で、30億個もある遺伝子を調べることができるようになた。

 12年も要した頃は1回で96個しか調べられなかったのが、1回で29万個も可能になり、スピードは2000倍にもなったというのだ。

 ヒトゲノム計画で全ての遺伝子の構造を知ることができたが、それをもとにさらに研究が進められて、遺伝子の僅かな違いを手掛かりに、今では何百もの病気の遺伝子構造も分かってきた。

 世界で遺伝子利用が一番進んでいるアメリカでは、遺伝子を調べるキットが市販されている。価格はたった99$(約1万円)で、脳梗塞、心臓疾患、乳がんなどのガン、アルツハイマー・・・・・など、120種類もの項目を調べることができるという。

 アメリカの有名な女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝子検査をもとに健康な乳房を切除して世界中の話題となった。彼女の場合、将来乳がんになる確率は87%ということで手術を決意したのであった。それにより罹患確率は5%に減少したということだ。87%の残りの13%は、化学物質、ストレスなどの環境要因なのだという。

 日本でもインターネットで、検査キットを買うことができ、記憶力、円形脱毛症、肥満など37項目を調べることができるそうだ。アメリカの場合も日本の場合も検査は簡単で、唾液を特別の容器に入れて検査会社に送るだけである。1か月後には結果が知らされるのである。

 武庫川女子大薬学部では入学の際、唾液を検査紙に載せて遺伝子を調べるそうだ。何の遺伝子かというと、酒に強いか弱いかである。結果は4時間で分かり、A~Dに分類されたものが知らされる。Aは酒が好きで強いが酒乱になる恐れがある。Bは酒に強いが酒乱にはならない・・・などである。

 私は酒は好きだが乱れたことはない。それは理性の問題だと思っていたが、遺伝子だとすると、成人式のときに全員を調べるとよいのではないかと思った。

 遺伝子検査の有効な例として、日本では肺がんの人の例が紹介された。大きな肺がんがあり、手術も不可能な女性が、遺伝子検査をもとに新しく作られたALK阻害薬によって劇的に快復しているという。肺がん患者にとっては大変な朗報である。

 アメリカのニコラス君の場合も凄い。赤ん坊の時から食物を食べると腸に穴がくという奇病で8歳までに160回も手術した。医師たちは最後の手段として遺伝子を調べることにした。すると遺伝子の異常が16000余りも見つかった。その中から1つのXIAP遺伝子を特定した。それは腸の免疫に関係をしていた。

 それで治療のために骨髄移植をして健康な遺伝子と入れ替えた。9歳になったニコラス君は元気になり普通の生活をしている。

 これらの例のように、難病や治療が不可能と思われた病気が遺伝子を調べることで治療法が見つけられる場合はよいが、アルツハイマー病のような、現時点では治療法がない病気の場合は、遺伝子検査で将来の確率が分かっても不安になるばかりである。

 中国の例は驚くべきものである。英才教育の一環として、幼稚園の段階で遺伝子タイプを調べ、どんな才能があるかを調べるというのだ。運動、音楽、舞踊、絵画などさまざまな才能を遺伝子レベルでチェックするのである。

 ある女の子は、親が運動選手だったので運動能力が高いと思って、親はそちらに期待していた。調べてみたら、筋力、反発力など運動関係は普通であった。ところが意外なことに美術方面の才能があることが分かった。それでそちらの方面を伸ばすことにした。女の子は将来美術家を目指している。

 また、ある男の子は、ダンスの才能を示す遺伝子があることが分かり、ダンスの練習に励み、2年で優勝するまでになったという。

 中国の遺伝子検査には、マレーシア、トルコなどからも検査の依頼があるといい、何と日本人もすでに3000人が検査をしてもらったそうだ。

 これまでは才能について、何となく向き、不向きを知って、努力によってそれを伸ばすようにしてきた。それが今や遺伝子を調べれば才能の有無が分かるというのだ。

 もっと驚くことは、北京ゲノム研究所の例だ。そこでは知能指数が160以上の人の遺伝子2600人分集めて調べている。天才、秀才がどのような遺伝子を持っているのかを解明するという。

 さらに驚くべきことは、アメリカ、デトロイトのある会社の例である。その会社では受精卵を調べて、その段階でどんな危険因子を持っているかを調べ、病気の少ない受精卵を選んでくれるというのだ。今では毎日検査依頼があり、その数は増えているという。

 受精卵で病気の危険性が少ないものを選ぶというが、それはまだいいかもしれない。なるべく健康な子供を欲しいという願いに応えるということだ。でも、もし、才能まで受精卵で選べることになると、それが果たしていいことなのか疑問に思う。

 人間はどこまでも神の領域に踏み込んでいくが、もし、人間が天才や秀才ばかりになってしまったら・・・・果たして人類のためによいであろうか?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

平和憲法を守る国際オンライン署名

 安倍政権は、参議院選挙の中で憲法を改定することにはなるべく触れないようにして、アベノミクスを振りかざして戦っています。憲法を変えるのは、選挙に勝ってから数に物を言わせてやればよいという腹のようです。

 そうした中で、平和憲法を守ろうという動きが世界を対象に始まっていることを知りました。それで下記に転載をしました。

国際オンライン署名
「安倍首相、日本の平和憲法を救ってください!」

今日、日本の平和憲法はこれまで以上に危機に陥っています

http://www.change.org/petitions/prime-minister-shinzo-abe-save-japan-s-peace-constitution

 日本では、来る7月21日に参議院選挙が行われます。安倍首相率いる自民党
をはじめとする複数の政党が、憲法改定を優先政策に掲げています。彼らが多数
派をとれば(そうなりそうだと予想されています)、彼らは、戦争を放棄した憲
法9条を改定し、日本が集団的な軍事行動を行えるような動きを進めるでしょう。


     日本国憲法
         第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の
        発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段と
        しては、永久にこれを放棄する。
       第二項 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
       国の交戦権は、これを認めない。


    日本による平和への誓約

 日本は、第二次世界大戦の後に戦争放棄の憲法を手にしました。憲法9条は、
日本自身による世界に対する-とりわけ日本による侵略と植民地支配に苦しんだ
周辺諸国に対する-過ちを二度とくり返さないという誓約なのです。

 

憲法上の制約にもかかわらず、日本は自衛隊を作り、これを徐々に増強させ、
世界の中でも有数の軍事費支出国、そしてアジアにおけるもっとも高いレベルの
軍事力を持つ国の一つになりました。それでもなお、9条の存在と、その諸原則
に対する日本の人々の支が、日本政府に対して武器輸出の禁止や非核政策、また
自衛隊を実際の戦闘行為に参加させないといった一連の平和的政策をとらせてき
ました。



  9条の世界的影響
 

  9条は、単なる日本の法の条文ではありません。9条は、軍事費を減らし、紛
争予防を進め、非核兵器地帯を広げ、平和への人権を認めるといったことにつな
がっていく国際平和メカニズムとして機能するのです。



地域と国際の平和・安定に対する危険
 

  地域レベルにおいて、9条は「アジア太平洋地域全体の集団的安全保障の基盤」
(※)として機能してきました。
 今日、日本、中国、南北朝鮮の間の地域的緊張が高まっていることを考えると、
9条改定に向けた議論や、高位の政治家たちによる歴史修正主義的な発言(とり
わけ、第二次世界大戦中に日本軍が強制的に性奴隷にした「慰安婦」の制度は
「必要であった」との発言や、日本の戦時中の行動が「侵略」といえるかどうか
は疑問であったとする言動など)は、東北アジアの壊れやすい平和を不安定化さ
せる脅威であり、地域的な(世界的でないにせよ)紛争へとつながる軍備競争を
引き起こすものです。


  ※武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ(GPPAC)
   世界提言(2005年)


グローバル9条キャンペーン
    日本の市民団体が協力して立ち上げた「グローバル9条キャンペーン」は、国
     内において憲法9条を守ることはもちろん、世界中の人々に対して、日本の憲法
    9条のような国際平和メカニズムが存在することを伝え、国々の政府に軍縮、非
    軍事化、平和の文化のために取り組むよう働きかけています。



呼びかけ
 
  日本の市民社会は、皆さまの支持と行動を緊急に必要としています。日本の平
   和憲法を支持し、日本政府による国家主義や歴史修正主義の傾向、そして、日   本や地域さらには国際平和に深刻な影響をもたらす日本の軍事化への道を止めるための支持と行動をお願いします。


以下の請願に署名してください。
http://www.change.org/petitions/prime-minister-shinzo-abe-save-japan-s-peace-constitution

宛先:日本国・安倍晋三首相および内閣
ここに署名する、平和を求める私たち地球市民は、
●日本国憲法9条に対する支持を表明し、これを改定しようとする動きに反対し
ます。
●軍事化の道を選ぶのではなく、日本を平和的な国家として発展させていくこと
を要請します。
●日本の平和条項が持っている平和メカニズムとしての、また人々がめざす理想
そして習うべきモデルとしての価値を認める国際的運動の高まりの声に耳を傾け
るよう求めます。
日本の平和憲法を救ってください!

こちらから署名してください(署名サイトは英語です)↓

http://www.change.org/petitions/prime-minister-shinzo-abe-save-japan-s-peace-constitution
このアピール、また署名(英語)↑を世界中の方々へ広めてください。


詳しくは、グローバル9条キャンペーン(
www.article-9.org)までお問い合わせ下さい。
連絡先:
川崎哲 
kawasaki@peaceboat.gr.jp
Meri Joyce meri@peaceboat.gr.jp
http://www.peaceboat.org/projects/global9
http://www.peaceboat.org/topics/archives/48

グローバル9条キャンペーンについて
 この国際オンライン署名を展開する「グローバル9条キャンペーン」は、憲法
9条の価値を世界に広めることを目的として、NGOピースボートと日本国際法
律家協会が2005年に立ち上げた国際キャンペーンです。2008年5月には
幕張メッセその他で「9条世界会議」を実施し、40カ国以上から計3万人以上
を超す人々を動員しました。これまでにジョディ・ウィリアムズ、マイレッド・
マグワイア、故ワンガリ・マータイなどのノーベル平和賞受賞者を含む多数の著
名人がこのキャンペーンに賛同しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月10日 (水)

こだわりの手打ち讃岐うどんの店

 2週間ぐらい前にCafe Vitaへ行ったとき、マスターが「御器所においしいうどんの店がある」と話した。腰がとても強くておいしいうどんだと言った。店の名前を聞いたらウエダだという。どこかで聞いたことがあると思った。しばらくして息子の同級生の店かもしれないと思った。

 家に帰ってから確かめたら、思った通り息子の同級生の店であった。同級生と言っても奥さんの方なのだが、店の主人とも付き合いがあると言った。

 先日Cafe Vitaへ行ったとき、また上田うどん店の話が出て、マスターが「息子さんとお友達らしいね」と言った。「いろいろ息子さんのことを話していましたよ」と話した。上田さんはCafe Vitaにも来たことがあると話していた。

 そういう訳で一度うどんを食べに行きたいと思っていた。昨日丁度息子が休みだった。それでうどんを食べに行こうかということになった。

 家を出たら、道の角で自動車がブッブーとクラクションを鳴らした。「なんだ?」と思って見ると、運転をしていたのはCafe Vitaのマスターであった。「これから御器所の例の店にうどんを食べに行くところ」と言うと、「腰が強くて本当においしいよ」と言った。

 御器所の「手打ちうどん うえだ」の店に着いたら、丁度開店時間の11時であった。息子が「かっちゃん、オヤジを連れてきた」と言って紹介してくれた。背が割合あって40半ばぐらいの人で、黒い店のユニホームを着ていた。2人の女性の店員も同じユニフォームを着ていた。

 この店は櫻通線御器所駅で降りて、昭和区役所の前の信号を西に渡った北にある。

 http://tabelog.com/aichi/A2301/A230108/23048941/dtlmap/

 店の中にはカウンター席と2人用のテーブル席が10ぐらいあった。3人とか4人の場合はテーブルをくっつけるのであろう。

 息子に聞いたら今年の2月に開店したばかりだという。道理で店が新しいはずだと思った。店内のインテリアは奥さんが担当したという。すっきりしていた。

 私が注文したのはランチメニューの「ぶっかけうどん」(550円)で、うどんの他にいなり寿司が2切れついているものであった。息子は「かきあげうどん」(680円)を頼んだ。

 「13分ぐらい待ってください」と主人が言った。入口の脇にガラスまどの一角があり、その中で主人が手打ちうどんを作るのだ。注文を受けてからうどんを打つらしかった。それでガラスのところから覗いたら、包丁で切っているところであった。他にも1人客が来て3人分を作っていた。

 汁は熱いもの、ぬるいもの、冷たいものの3種類から選べた。私は夏なのと、メニューに「うどんの腰を楽しみたい方はつめたいのを」と書いてあったので冷たい汁にした。しばらくすると注文の品が運ばれてきた。

 大きな重い鉢にうどんが入れてあった。うどんを1本とって口に入れてみると、本当に腰の強い歯ごたえのあるうどんであった。汁も鰹の匂いがふわっと漂い、薄味のとてもよい味であった。きざみねぎと生姜が少し載せてあった。

 私が初めて讃岐うどんを食べた、高松の栗林公園前のうどん屋のうどんを思い出した。あのとき一目ぼれで讃岐うどんにほれ込んだあの歯ごたえであった。

 その後名古屋や徳島などで讃岐うどんを食べたがこれほどの腰のものには出会わなかった。

 うどんの腰の強さを味わいながらゆっくりと食べ、汁もきれいに飲み干した。出しもこだわりの出しのようであった。昼どきなので、お客さんが増えてきた。また食べに行こうと思った。

 帰るとき、主人に器は特注品かと尋ねたら、そうではないが砥部焼だと話した。砥部焼が好きなのだそうだ。有田焼のような青を大胆に使った線の模様が入っていて、大きくて重い器であった。

 

Cimg6383

Cimg6384

Cimg6386

Cimg6387

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

初めて植えたミニトマト

 5月だったと思うのだが、島田橋の近くのスーパータチヤへ行った帰りに、隣にある花屋でトマトの苗を売っていたので、試しに3本買って帰った。その苗を妻が金柑の木のそばに2本、納屋の後ろに1本植えた。

 トマトの苗がどんな種類かもわからずに、ただトマトというだけで買ったのであった。我が家の小さな庭にトマトを植えるのは初めてであった。実がなってもならなくてもよいから、とにかく植えたのだった。

 それから1か月ほどして、納屋の後ろのトマトの木に小さな実が3つなり、色づいていた。ミニトマトであった。木はかなり背が高くなっていた。金柑の木の前に植えた方は背が伸びただけで花も付けていなかった。

 その実を収穫して食べたら、甘くていい味がした。それで次の収穫が楽しみであった。6月の中旬ごろから、金柑の木の前の2本のトマトの木にも、青い実がつきだした。木の高さは1m以上あり、普通のトマトの木と同じぐらいであった。

 私は、勤めている頃に、教材としてミニトマトを作らせたことがある。植木鉢に植えたのだが、背丈は30cmぐらいであった。近所の小学校の校庭でも、鉢にミニトマトを栽培しているが、やはり背が小さい。やがて夏休みになると子どもたちが家に持って帰って世話をするのだ。

 我が家の庭にじか植えしたトマトは、肥料も農薬も使わないのにすくすくと伸びたのだ。水もやったことはないと思う。いわばほったらかしである。それでも黄色い花がいくつか咲き、葡萄のような実がたくさんついた。

 緑色の葡萄状の実が少しずつ大きくなり、やがて赤くなるのだ。収穫すると食卓に上るのだが、味がよいミニトマトである。妻と「苗がよかったのだね。うちは無農薬、無施肥だけど」と話している。

 ミニトマトの木は、今もところどころに黄色い花を咲かせているから、しばらくは楽しめそうである。

 トマトに刺激されたのか、金柑の木に、今年は白い花がたくさん咲いたので楽しみにしている。なぜなら昨年までは、ほとんど実がならなかったからである。

 

Cimg6378

Cimg6377

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

興味深い数字―②―

 昨日紹介したおべんとう箱通信には次のような数字も載っていた。家計の収入を増やすにはこんなやり方があるということであった。

①個人金融資産が1500兆円あることはつとに知られていることである。預貯金総額約837兆円(内郵貯は174兆円)、保険418兆円、有価証券181兆円、信託22兆円、その他62兆円だという。

 保険に418兆円もあるというのは驚きであった。バブル崩壊後保険会社がいくつか破産して以来、私は保険には一切掛けていないからである。

 預貯金利息を5%に戻すと、42兆円の利息収入が国民に入るという。1世帯当たり78万円の利子収入になるそうだ。そういえばかつて利息8%という夢のような時代があったっけ。10年預ければ倍以上になって戻ってくるというので定期預金や定額預金が人気を得ていた。今は利息が無いも同然の状態が続いている。

 もし、5%の利子になれば、私でも大助かりで、多少は文化的な生活もできようというものだ。

②企業の166兆円の内部留保のうち、たった0.5%を使えば、働く人の給料を1万円アップできるという。但し、全ての働く人に1万円アップするには、

 6376万人×10000円=6376億円で、内部留保の2.4%が必要と試算されているという。

③賃金を上げても物価にはほとんど影響せず、所得税、国民保険料、住民税、年金保険料収入が増え財政が潤うことになる。その他購買意欲が高まるから内需の拡大にもつながるはずだ。

 前にも書いたように企業は内部留保を積みあげてきたが、デフレを作った責任は企業にもあるのではないか?失われた20年間の間に非正規労働者は35%にもなり、企業は労働者を派遣切りなどで使い捨てにしてきた。

  友人が送ってくれた池上彰の「やさしい経済学」を見たら、派遣社員の扱いは人件費ではなく、物件費なのだそうだ。だからいつでも簡単にポイ捨てをできるのだという。安倍首相は働く人をさらに首切りしやすくするように法の改定をするという。企業の利益優先の血も涙もない政策である。

  企業の儲けの論理からいえば、利潤を増やすために出来るだけ働く人の賃金を抑えるのは当然である。だから働く人はその論理をよく理解をして働く条件をよくするように動くことが大事なのだ。その一つが選挙である。だからよく考えて投票をし、棄権をしないことである。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

興味深い数字―①―

 参議院選挙が始まって4日めになる。安倍政権は一番やりたい「憲法改悪」に蓋をし、もっぱらアベノミクスで日本の景色が一変したと宣伝している。

 そして参議院選挙で悲願のねじれを解消すれば、まず大企業への設備投資減税を実施すると言っている。

 でも、ちょっと待ってくれ・・・と言いたい。大企業の内部留保は267億円(2011年)もあり、2002年の157兆円からどんどん積み上げてきているのだ。この間リーマンショックがあってもでだ。

 あるエコノミストは、企業はデフレの時は内部留保に向かうものだと言っていた。大企業は内部留保を働く人の給料に還元したり、設備投資に使ったりしていない。それなのに減税をするという。現在法人税は、30%である。これを以前の43%に戻せば11兆円の税収増になる。

 2011年をとると、税収は、所得税13.5兆円、消費税10兆円、法人税、7.8兆円、酒税やガソリン税など9.5兆円、その他4.6兆円で合計45兆円である。国債に44兆円依存して90兆円であった。今年はそれよりも増えている。

 借金の部分をなくすために、次のような試算があるそうだ。

①特権的減税項目をヨーロッパ並みにすれば約16兆円の法人税が入る。

②証券の優遇税制を欧米並みにすれば、6兆円の税収増。

③法人税を43%に戻せば、11兆円増。

④大金持ちの所得税を上限40%から、70%にすれば税収が増える。

⑤ノーベル経済学者ジェームス・トービンが提唱する為替取引に定率の0.1%の税を課すと13兆円の税収となるという。(EUは2014年から0.1%で実施。トービンは1%を主張)

 これだけで概算46兆円の税収が見込まれるというのだ。国債は発行しなくてもよいことになるという。(おべんとう箱通信)

 入るをはかり出るを制することが大事である。昨日取り上げたような復興費を流用するとか、公共事業に予算をばら撒くとか、その他の無駄を省けば、税収増と相まって財政の健全化ができるではないか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

復興予算流用がどうして平気で行われるのか理解できない

 7月3日の朝日新聞に、「戻らない復興予算」という見出しで、東日本大震災の復興予算が自治体などの「基金」を通じて被災地以外で使われている問題を報じた。これについては、以前にもblogで取り上げたことがあるが、余りにもひどいことで腹が立って仕方がないのでまた書く。

 小見出しで、「流用1兆円、返還請求は1000億円」とある。政府が2011年度~12年度に約17兆円の復興予算をつけたが、昨年秋に被災地以外への流用が2兆円に上ることが判明した。それで被災地以外では使えないようにした。

 ところが、他に自治体などが管理する23基金に配られた1兆1570億円が流用されていたのだ。

 しかし、すでに9割近い1兆142億円は5月末までに使われていたり、関連予算を決めてしまって返還が難しいという。結局、復興庁や財務省は1017億円だけ変換するように求めるというのだ。

 前回は復興予算が山口県のユルキャラなどに使われた例が出ていたが、今回は鹿児島県いちき串木野市がジャンボタニシを駆除するのに使った例が出ていた。

 本来は被災地の復興関係に使われるための予算が、どうして目的外の、どうでもよいことに使われたのか、全く理解できないことである。

 税金を使い、さらに国の予算の半分は国債で賄われているなかである。国や地方の借金は増えるばかりで1000兆円にもなるのだ。金がないから国債に依存しているのだ。

 予算は厳密に無駄なく使われるべきであるのは小学生でも分かることである。それなのに政府は自治体に金を配ったら後はよきにはからえでは、金が幾らあってもたまったものではない。そんなずさんな予算の使い方が放置されているのは許せない。

 参議院選挙が始まったが、有権者はこうしたことも判断の材料に入れて、投票先を決めるべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

実感する上がり始めた物価―低所得層には大変

 7月に入り、電気代、パン、小麦粉、食用油、マヨネーズ、ハム・ソーセージ、卵などの値上げが発表された。その他住宅ローン金利も3か月連続で上がった。

 NHKのニュース画像では、なぜか日清製品のマークだけを何度かクローズアップして映していたが、理解に苦しむ。

 それはさておき、これらの値上げは円安による輸入価格上昇の影響だという。日本は食糧の輸入国だから円安の影響をもろに受けるのだ。

 この物価値上げで内心ほくそ笑んでいるのが安倍首相であろう。首相は2年以内に物価を2%上げると公約したからだ。この調子では、以前にも指摘した通り、物価は上がり続けるであろう。

 私は買い物が好きで週に何度もスーパーや安売り店に出かけるので、このところの食料品を中心とする物価の値上がりは肌で感じてきた。季節野菜のトマト、ホウレンソウなどが高値が続き、果物類もスイカ、メロン、桃なども昨年より高い。

 7月1日には、値上がりしたパンを横目で見て、6月に仕入れたパンが値引きされているのを見つけて買ってきた。

 同じ日、妻から卵を買ってくるように頼まれていたが、値段を見てびっくりした。198円で買っていた卵が、何と238円の値札をつけていたのだ。それで結局買わずに帰ったら、妻から「卵を買うのを忘れたね」と、こちらが認知症に罹ったと思われないかねない言い方をされた。忘れたのではなく、あまりに高いから買うのをためらったのだと説明したら納得してくれた。

 きっと賢い人は、7月からの値上げを見越して買い置きをできるものは買っておいたに違いない。でも、どっちみち焼け石に水ではあるが。

 2日の新聞には、大企業の社長の高額所得や国会議員の所得が載っていた。社長の所得が我々が1生働いて得られる収入より多いのは羨む以外にないが、政治家の所得も結構なものだ。

 こういう人たちには、物価が上がっても蚊が刺したほどの痛みもないのだ。おっと、蚊はかゆみであった。しかし、低所得層や低年金暮らしの者にとっては、大変な痛みとなるのだ。そのことを理解しない政治家が多すぎる。

 安倍首相は、「物価が上がった。デフレ脱却だ」と得意げに言うのであろうが、少なくとも1/3以上の国民には迷惑な話なのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

世界平和アッピール7人委員会声明―②―

 このほかにも、以下に取り上げる項目を含め見過ごすことのできない多くの改定がもくろまれています。

 第三章の「国民の権利及び義務」の改定草案では、「公益及び公の秩序」が繰り返し強調され、国民の権利を著しく制限する一方、義務を拡大することが目論まれています。草案は、主権者である国民が政府の行動を規制するという近代国家の憲法の理念に反し、国民主権を事実上放棄させて、政府に国民を従属させる構造になっています。現行憲法の下でさえ、政府は、米軍基地の沖縄県への押し付けを、県民の一致した意見を無視して続け、福島第一原発の事故状況が未解明のままであり、福島県民が将来への生活設計を全く立てられない苦悩の中にいるにも関わらず、この事態を無視して、原発の輸出に熱中し、国内での原発推進を公然ともくろむなど、さまざまな場で国民の基本的人権の蹂躙を繰り返しています。草案はこの動きを一層加速させるものであり、支持することはできません。

 また現在、選挙区ごとの人口格差について、政府と国会が是正をしないままでいるため、憲法違反の状態が続いています。草案第四十七条には「各選挙区は、人口を基本とし、行政区画、地勢等を総合的に勘案して定めなければならない」という条項が追加されているため、人口格差が大きい現在の違憲状態をそのまま合憲として定着させてしまうことになります。

 現行憲法第五十六条では、両議院の各々が、議員の3分の1以上の出席がなければ議事を進めることができないとされていますが、この規定の削除が提案されています。この改定は、議論の内容の重視でなく、議事を進めるという形式の重視に導くものです。

か つての日本では、軍部が政治に介入し深刻な弊害をもたらしました。そのため現行憲法第六十六条で、すべての大臣は文民でなければならないと定められ、自衛隊員にも適用されています。国防軍を設置しようとする草案では、「大臣は現役の軍人であってはならない」と規定されています。これでは、現役を退くことによって翌日から大臣になれることとなり、いわゆる文民統制は完全に空洞化されることになります。


 さかのぼれば、アジアなどの非西欧諸国は、欧米を中心につくられた近代国家が行った侵略主義・植民地主義・覇権主義の犠牲になってきました。そのアジアの中で、明治以来の日本は、米欧諸国と肩を並べる近代国家を構築しました。しかし、日本が自ら近隣諸国に兵を進めて植民地化してきたことは、残念ながら否定できない歴史の事実です。これを反省し、現行憲法前文で「全世界の国民が・・・平和に生きる権利を有することを確認」したことによって、近隣諸国は、日本との武力衝突を考慮する必要がなくなったのでした。そして、高度な技術を保有する日本が、武器の輸出を抑制してきたことも、多くの国と市民から高く評価されてきたところでした。

 世界平和アピール七人委員会は、1955年の発足以来、日本と世界の平和を求めてアピールを発表してきました。それは、日本・アジア・世界の歴史的経験を踏まえて到達し、日本国憲法の前文にうたわれている基本理念を発展させようとの一貫した努力であり、現行憲法制定の前年に発足した国連憲章の基本的理念とも一致するものでした。 1945年の敗戦以後積み重ねてきた平和を愛好する国としての日本の努力と成果を、敗戦と被占領の不本意な結果だとして否定し去ろうとする動きによって消し去るという過ちをおかしてはなりません。


連絡先:世界平和アピール七人委員会事務局長 小沼通二

メール: mkonuma254@m4.dion.ne.jp
ファクス:045-891-8386


 PDFアピール文→ 109j.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 3日 (水)

世界平和アッピール7人委員会の声明―①―

2013年6月28日
世界平和アピール七人委員会
武者小路公秀 土山秀夫 大石芳野
池田香代子 小沼通二 池内了 辻井喬

 私たち世界平和アピール七人委員会は、政府と政治家たちが計画している、現行憲法の基本理念を否定する改定への動きに、主権者であるすべての国民が注目し意見を表明されるよう要望します。また、政府と国会議員がこの改定への動きを直ちに中止するよう求めます。

 現行憲法の前文には、「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する」、「いずれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる」とうたわれています。これは国連において日本政府が主導的貢献をしてきた「人間の安全保障」の理念と一致しています。それにもかかわらず、自由民主党が国会提出を目指している「日本国憲法改正草案」(平成24年4月27日、以下草案という)では、このような国際的視野が一切消え、自国のことのみに目が向いています。

 現行憲法の第二章「戦争放棄」は、「草案」では「安全保障」と名をかえた上、第九条第一項の「戦争の放棄」を維持するかの如く見せています。しかし、それを保障してきた現行憲法第九条の②の、戦力を持たず、国の交戦権を認めない規定を削除して、集団的自衛権を含む自衛権の名の下で国防軍を設置して、第九章の「緊急事態」の下で、国民の批判を一切許さずに国の方針に従わせる義務を課そうとしています。
 

 私たちは、現代の戦争が、自衛の名の下で進められてきたことを忘れてはなりません。現行憲法第九条の②のおかげで、第2次世界大戦後、日本は68年間戦争によって殺すことも殺されることもない平和と繁栄の国であり続けてきたのです。軍事力の増強は、たとえ防衛のためといっても、近隣諸国の軍事力増強への圧力となり、しばしば軍拡競争の連鎖となってきた歴史を想起する必要があります。近隣諸国との友好関係を一歩一歩進めることこそが、国家の安全保障の確保につながる最良の道です。日本のような、人口急減社会の下で、多額の財政赤字を抱えている国が軍備増強を図るならば、国民生活を圧迫し、国力を弱体化させ、「国防軍」維持のために徴兵制度への道を歩むことになることは明らかです。

 「憲法改正」を規定する現行憲法第九十六条を草案第百条に変更する構想にも大きな問題があります。憲法改定を計画する場合には、内容を丁寧に提示して支持を増やす努力をすることが正道です。それにもかかわらず草案では、現行憲法の改定条件を緩和して、国会議員のわずか1人の差でも国会の議決ができ、国民投票では投票率に関係なく有効投票数の過半数で改定ができることにしています。これでは多数の国民に支持される安定した憲法にならないことが明らかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

エアコンが故障故障して取り替え

 数日前にエアコンをつけたところが風が弱く少しも冷えない。しばらくしてエアコンからの風も止まってしまった。スイッチを押して電源を一旦切って再起動した。風量を上げようと操作したが全く効かない。温度を低く設定してみたが効き目がない。

 次の日も同じような状態であったので高辻のエディオンに行った。修理をすると幾らぐらいかかるかと思いながら、とりあえず店にあるエアコンを眺めていた。

 そこへ店のスタッフが話しかけて来た。胸にかけたネームタグで日立からの出向だと分かった。彼は私の質問に丁寧に答え、いろいろ詳しく話をしてくれた。

 故障をしたエアコンはナショナルのCS-36RDXという機種で、お掃除ロボット搭載で売り出していたやつだ。彼はとてもいいエアコンですよと言いながら、36型の能力で20畳余りを冷やすのはエアコンに負担を掛け過ぎだと言った。

 エアコンは8畳の洋間に設置してあるのだが、夏の食事時には、境の戸を開けてキッチンの方へも冷たい空気が行くようにしていたのだ。パナソニックの人はそういう使い方でも大丈夫だと言っていたからだ。

 スタッフにそう言ってもそれはあり得ないと言った。どうしても負担がかかるという。それでエアコンが故障したのかも知れなかった。

 実はこのエアコンはルーパーが動かなくなったことがあり、修理を頼んだとき、清浄検知の回路も故障していることがわかった。その時は部品を持ってなかったので取り寄せると言って帰った。

 それから一度も音沙汰なく、修理は中途のままでルーパーも動かないし、清浄検知のランプも点滅したままであった。それでも冷暖房はふつうに動いたのでそのまま使っていたのである。

 日立からの出向社員のIさんは、私の使い方からお勧めの機種をについて詳しく説明してくれた。私はエアコンではダイキンがいいと思っていたのだが、彼は日立もダイキンと並んでよいと言った。それは彼が日立だから当然といえば当然である。

 彼が勧めたのは、RASーJT56CE1という機種で木造15畳用であった。今のエアコンは省エネが進んでいるが、中でもダイキンの同程度の機種と日立のこの機種はエコなようであった。自動車の燃費と同じで、公称燃費はよくても実態は悪いのと同じではないかと言ったら、エアコンは各社共通の厳密なテストをしていると言った。

 使えるものならしばらく使おうと思って一旦家に帰った。そしてエアコンの電源を入れたがやはりダメであった。念のため室外機を調べたら、全く動いていなかった。

 それでエディオンにとって返し、室外機を修理すると幾らぐらいかかるか尋ねた。親切に調べてくれて、5万円前後はかかると言った。それで修理は諦めることにした。

 価格は出してもらってあったが、もう少し安くならないかと話した。出向のスタッフはエディオン社員と話してさらに値を下げてくれた。

 もともと標準工事や撤去費用は価格に含まれているが、運搬費は払わねばならなかった。ブレーカーは200Vに替える必要があった。外のホースカバーは既存のを使えるという前提で値引きしてくれた。

 値札には228000円とついていたが、こちらが納得できる値段を出してくれたので買うことにした。

 大変痛い、不時の出費となったが、10年間の保証があるし、電気代が年間5000円ぐらいは少なくて済むというし、何より安心して使えるので取り替えてよかったかなと思う。

 工事は2日後の6月30日に来てくれた。そのために浜松のマジッククラブ発表会へは行けなくなったしまったのが残念であったが。

  工事に来た電気屋が言っていたが、その人の家も我が家と同じパナソニックのお掃除ロボット付を使っていたが壊れて取り替えたそうだ。やはり初期のお掃除ロボットは壊れやすいみたいだ。

 また、私が最初に候補に挙げていたダイキンのエアコンはクレームが多いと言っていた。何でも最大手ヤマダ電気は取り扱っていないとか。ダイキンはエアコン専門メーカーだからよいと思っていたのだが。「日立を選択したのはよかったですよ」と言ってくれた。

 PAM Sシリーズ GOOD DESIGN 人の数や位置、動きなどに合わせて快適。すばやく節電 ※RAS-S40C2において、当社独自の条件により評価しています。 クリアホワイト(W) 幅798×高さ295×奥行299mm 運転時は前面パネルが開きます。(フィルター掃除運転を除く。) リモコン[RAR-5H1]室外ユニット 幅799(+99)×高さ629×奥行299(+68)mm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

スタンフォードの自分を変える教室―⑨―皮肉なリバウンド効果

 1985年に心理学のダニエル・ウェグナー教授がトリニティ大学(テキサス州サンアントニオ)で行った「シロクマ」の実験がある。

 参加した17名の学生たちは、「これから5分間、シロクマのことを考えないようにしてください。」という指示を受けた。すると学生たちはシロクマに取りつかれてしまったというのだ。シロクマのことがどうしても頭から離れなくなってしまったのである。

 「とにかくシロクマ以外のことを考えなきゃと思って、いろんなことを考えようとするんですけど、気が付けばシロクマのことばかり浮かんできちゃって。」とある女子学生は話している。

 どんなことであっても、考えてはいけないと思うほどかえって頭から離れなくなる。このことは、不安や憂鬱、ダイエット依存症に関する最新の研究でも明らかになっているそうだ。これには「やらない力」は無力であるという。

 ウェグナーはシロクマ以外のものを使って実験をしてが結果は同じであった。何かについて考えないようにすればするほど逆効果で、考えないようにしようなどと思っていなかったときときより、かえってそのことを考えてしまうのだ。ストレスで参っていたり、疲れていたり、気が散っていたりする場合はさらにその傾向が強くなった。

 ウェグナーはこれを「皮肉なリバウンド効果」と呼んだ。頭から追い払おうとするとブーメランのように戻ってくるのだ。

 この皮肉なリバウンド効果によって現代のさまざまな問題を解き明かせるという。不眠症の人が眠らなけらばと焦るほど眠れないとか、炭水化物抜きのダイエットをしている人が、ふわふわのパンやパイのことで頭がいっぱいになるとか、心配性の人が悩みごとを考えないようにすればするほど、最悪のことをかんがえてしまうなどである。

 面接でよい印象を与えようとすると力み過ぎて悪い印象をあたえるとか、政治演説で正しい表現をしようと意識するするあまり、差別的な表現が浮かんでくるとか、秘密を守ろうと思っていて口を滑らせてしまうという。ウェイトレスがトレイをひっくり返さないようにと必死になるほどトレイから落としたりする確率がたかまるなど枚挙にいとまがないくらいだという。

 好きな人のことを考えないようにしているとその人の夢を見る確率が高くなるということも発見したそうだ。

 この「皮肉なリバウンド効果」は私も日常よく経験することである。嫌なことがあってそのことを思うのをやめようとするが、かえって思ってしまうとか、あいつは嫌な奴だと思ったとき、その顔や態度が頭に浮かんでくるとかである。 

 ある歌が頭に浮かんできて、それを消そうとするとかえって消えないで鳴り続けるということもよくある。

 では、どうしたら皮肉なリバウンド効果から抜け出せるかということについて、ウェグナーは、「あきらめること」だと言っている。好ましくない考えや感情をコントロールしようとするのをやめれば、そういった考えや感情に振り回されなくなるという。

 頭に浮かんでくる考えを無理に抑えつけたりせず、感じるがままに感じようと腹をくくると不安や憂鬱、異常な食欲、依存症なのに対処するにも効果的な方法だという。

 確かにそのまま放っておくとそのうちに消滅するようである。夜中に目が覚めて眠れないときも自然体で眼をつむって時がたつのに任せているといつの間にか眠っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »