2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« スタンフォードの自分を変える教室―③―脳にある二つの自己 | トップページ | 「~したほうがよい」と「~するほうがよい」の違い »

2013年6月18日 (火)

90歳のスーパーレディ

 6月14日に放送された「探偵ナイトスクープ」で、広島県のスーパーおばあちゃんを取り上げていた。私はおばあちゃんと言いたくないのだが、番組でそう言っていたので使った。

 66歳の娘さんの依頼で取り上げられたものだ。その内容は、「クロールで25m完泳したい。できれば背泳ぎでも。」という母親の願いを実現するために助けて欲しいというものであった。

 この女性は89歳で初めて水泳を覚え、クロールができるようになったが、どうしても20mぐらいで足をついてしまって25mプールの最後までつけないというのだ。

 現在90歳の終わりで、この8月が来ると91歳になるという。映像で見ると大変若々しいおばあさんで、70歳の後半ぐらいにしか見えない。毎朝起きるとすぐに化粧をするそうできれいである。この女性は浜田峯子さんという。

 おしゃれで下着も赤やピンクを着用するという。さらに驚いたことに、今でも自分で自動車を運転して遠くの街のレストランへ行くのだそうだ。そういう女性だから話し方もしっかりしていて歳を感じさせない。ご主人は89歳で亡くなったのだが、それ以後は自由な生活を満喫しているそうだ。

 行きつけのスイミングプールへ行って、竹田探偵がサポートして泳いでもらった。何とクロールは1回で25m泳ぎ切ってしまった。みんなの声援があったからであろう。

 それで次の願いである、25mを背泳ぎで泳ぐというのに挑戦をしたが、こちらは簡単ではない。17mぐらいで進まなくなった。コーチの話では足の使い方が良くないからだという。それで特訓が始まった。

 そしていよいよ25mに挑戦の時が来た。コーチや探偵などの励ましで見事に25mを泳ぎ切った。浜田峯子さんはとても嬉しそうであった。

 90歳になって初めてのことに挑戦するというチャレンジ精神と好奇心が素晴らしい。これからも好奇心をもって新しいことに挑戦したいと話していた。

 水泳の後娘さんとその夫を車に乗せて帰ったというから驚くべきことだ。車の運転もまだまだ大丈夫だと言っていたそうだ。

 人それぞれの生き方があるが、高齢になっても浜田さんのようにいつまでも若い気持ちとチャレンジ精神をなくさないようにしたいものだと思った。

« スタンフォードの自分を変える教室―③―脳にある二つの自己 | トップページ | 「~したほうがよい」と「~するほうがよい」の違い »

生き方」カテゴリの記事

コメント

 私は探偵ナイトスクープが好きで必ず録画をして見ています。結構金をかけて上手に番組を作っています。

私は「探偵ナイトスクープ」なる番組を初めて知りました。調べてみるともう25年もテレビ朝日系で続いている人気番組だそうです。しかし放送時間が夜の11時過ぎとなりますと完全にお休みタイムですので見る機会がなかったのではと納得です。今は録画が簡単にしかも鮮明な画像が期待できるので、皆さんお昼間に再生してご覧になっているのではと
推察します。最近、あることがきっかけでスカパーを契約しました。こうなると好奇心さえあればいろいろと楽しむことができる便利な時代となりました。しかし与えられた時間は限りがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 90歳のスーパーレディ:

« スタンフォードの自分を変える教室―③―脳にある二つの自己 | トップページ | 「~したほうがよい」と「~するほうがよい」の違い »