2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お上りさん東京へ行く⑧―クラコレ展、 | トップページ | 人権を守る弁護士失格―橋下氏の慰安婦問題発言、米軍への風俗店利用の勧め »

2013年5月15日 (水)

お上りさん東京へ行く⑨―Cafe1894、切符騒動

 クラコレ展を見た後、美術館に隣接している「Cafe1894」に入った。このCafeは三菱創業当時銀行営業室として使われていたものだそうだ。天井が高くてシックな雰囲気である。このCafeは最近の日経新聞読者アンケートで第3位に入ったほどの人気だという。

 しばらく待って座席に案内された。ここでも美術展関連のスペシャルメニューがあち、それを選んだ。写真のようなもので、ケーキに好みに応じてエスプレッソをかけて食べるという変わった食べ方であった。エスプレッソの苦味がよかった。

 ゆっくりと味わいながら、東京最後の時間を過ごした。このゴールデンウイークは本当に充実していた。旅行をするということは非日常的な時間を過ごすことだ。婿という良いガイドがいて、楽しく心豊かな時間をもてた。

 Cafeを出ると娘たちと別れて東京駅に向かった。丸の内南口から入ったが、東京駅は休日の夕方で大変な混雑であった。改札脇の案内所で切符を見せて中に入った。どこもかしこも人、人、人で、人が行き来していた。それで指定券を買った方がよいと思った。

 弁当を買うために地下へ行ったが弁当を売るところは歩けないぐらい混んでいた。何とか弁当を買った。

 構内の切符売り場へ行って指定席を買った。指定券が6千円もすると言った。そんなはずがないと言ったが、間違いないというので買った。ところが、改札で気が付くと特急券が2枚あった。つまり、名古屋で帰りの切符も買ってあったので、特急券も付いていることを忘れていたのだ。

 乗車時間が迫っているので、慌てて売り場に戻った。妻の切符も見せる必要があるので出すように言った。しかし、名古屋で買ったはずの切符がなかった。ハンドバックの中をひっくり返して探してもなかった。あるのは使用済みの切符だけであった。

 仕方がないので、先ほど買った切符を払い戻してもらい、改めて私の指定券(1300円)と妻の切符を11000円で買った。

 このゴタゴタで1時間以上遅れてしまった。19時半ごろののぞみに乗車した。折角の楽しかった東京旅行が最後に大変不愉快なものになってしまった。乗車してからも切符を探したが、やはり使用済みの切符しかなかった。

 静岡近辺まで来たとき、ふと手にした使用済み切符に疑問を感じた。どうして使用済みの切符が全部あるのかという疑問だ。切符は行きに東京駅で回収されてなけらばならないはずだ。しかも、東京駅では、まず、特急券だけ回収され、普通券は別の改札で回収されるのだ。それが全部残っている!

 未使用がないということは、そちらが回収されてしまったのだ。ところで不思議なことがまだあった。それは帰りに東京駅丸の内南口改札を通るとき、妻は使用済みの切符で通って来たことだ。どうして使用済みで通れたのか?

 私は、車掌室に行って疑問に思ったことを話した。車掌は3人いたが、すぐに調べると言った。列車電話で東京駅に電話を入れていた。行きに東京駅を出た時刻を知りたいと言った。丁度デジカメで丸の内北口の写真を撮ってあったので、そのデータでどの改札を出たのか、何時ごろ出たのかが分かった。

 いろいろ調べてくれたが、名古屋まで時間が短いので十分に調べられないから名古屋駅で申告をしてくれと言った。車掌の方からも連絡をしておくということであった。

 名古屋駅に20時53分に着くと、料金精算所に行ったら、車掌からの連絡が通じていた。名古屋駅では東京駅へ電話をして調べてもらった。

 ずいぶん時間が経った。「1時間も待っているがまだ分からないのか」と聞いたら、「もう少し待ってほしい」ということで待った。疲れている上に立ちっぱなしで更に疲れた。1時間10分待って、ようやく「東京駅でそれらしい未使用切符が見つかりました。返金します」と言って返してくれた。それで疲れが軽減した。

 どうしてこういうことになったのかは推定でしかない。妻が未使用切符を渡したのだろうと思われるが、その切符を特急券改札口と普通券改札口で2度も回収されたのが不思議である。その上使用済み切符で帰りに入れたのも不思議だ。いくらゴールデンウイークで混雑していたとはいえ、あり得ないことだ。車掌も「駅員はプロですから見逃すはずがない」と言っていた。

 結局、金券ショップでちょっと安い切符を買ったので、改札は自動ではなく、駅員に見せて通るのでこういうことが起こったのだ。婿は、これからは正規の切符を買った方がいいですよと言っていた。

 もし、使用済み切符のことに気が付かなければ、11000円損をするところであった。1時間10分待ったことと帰宅が3時間ぐらい遅れたことはどうしようもなかった。でも、東京旅行に思い出を添えたと思えばいいことだ。

○美術館入口

Cimg6255

○Cafe待合室から中を写す

Cimg6257

○Cafeの高い天井

Cimg6259

○クラコレ展記念のメニュー

Cimg6267

○美術館入口に並ぶ

Cimg6253

 

 

« お上りさん東京へ行く⑧―クラコレ展、 | トップページ | 人権を守る弁護士失格―橋下氏の慰安婦問題発言、米軍への風俗店利用の勧め »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 娘夫婦の行き届いた案内で楽しい旅行ができました。

 花の都パリ、文化の国フランスから帰ったばかりなので、本当に日本の良さを改めて感じました。混雑の場所へ行っても安心していられるのは一番ありがたいです。

ご夫婦で旅行ができる幸せ感が伝わってくるような素晴らしい東京の旅でしたね。

ブログを読ませていただいて、東京は文句なく世界に誇れる素晴らしい大都市だということを改めて痛感いたしました。何よりも安全で清潔でしかもホスピタリティの満足度も高い。勿論、歴史的文化的な見所を始め、様々なエンターテイメントもこと欠きません。また肝心の物価も懐具合にあわせて選択の余地は十分ありそうです。これだけ何拍子も揃ったところは世界広しといえどもそれ程多くはないと思います。外国ではトラブルがあれば、まず諦めざるを得ませんが、日本ではかなり親切に対応してくれそうです。本文はもとより素晴らしい写真を楽しませていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お上りさん東京へ行く⑨―Cafe1894、切符騒動:

« お上りさん東京へ行く⑧―クラコレ展、 | トップページ | 人権を守る弁護士失格―橋下氏の慰安婦問題発言、米軍への風俗店利用の勧め »