2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 行きたかったフランス⑪―モンマルトル丘と凱旋門 | トップページ | 行きたかったフランス旅行⑬―全体の感想 »

2013年4月25日 (木)

行きたかったフランス―⑫エッフェル塔

 次はエッフェル塔へ行くことになった。M2に乗ってBir Hakeim駅で降りた。地上へ出たが塔は見えなかった。天気はよくなって青空がのぞくようになった。歩いて行くと塔が見えてきた。塔の近くの路上でカップアンドボールといういかさま手品をやっている連中が5.6人いた。明らかにサクラと分かる男と若い女が客を装っていた。

 エッフェル塔の下に行くと赤いエレベーターが下りてくるのが見えた。塔はがっしりとした鉄骨で組み立てられていて存在感がある。上るために待っている列は意外に少なかった。私は折角来たのだから上ろうと言った。どうせ上るならトップまで上ることになった。頂上までは15ユーロだった。

 途中の第2展望台まではロープウエイで上り、そこでエレベーターに乗り換えてトップ(サミット)まで行くのだ。ロープウエイは50人は乗れると思われる大きなものであった。上るに連れてパリの街が眼下に見えた。

 第二展望台でそこからの景色を眺め写真を撮った。頂上まで上ると、ガラスの窓がある展望台があり、さらにその上に金網で囲われた展望台があった。私たちはそこへ行った。頂上はかなり広い。ゆっくりと回り、眼下に広がるパリを360度見た。

 すぐ下にセーヌ河が流れている。森も遠くにあった。凱旋門をアップで写した。Hさんがモンマルトルのサクレール寺院を撮りたいと言ったので見つけてあげた。カメラでアップするとはっきりと見られた。

 インド人親子とみられる家族が娘の誕生日を祝っていた。持ってきたケーキを切っていた。可愛い子でOさんが一緒に写真を撮りたいと言った。私も一緒に写真を撮った。喜んで私にケーキを食べろと言ったが私は遠慮した。

 頂上にはトイレもあった。ちょうどしたかったのでトイレに入った。有料だろうと思ったら無料であった。

 それからすぐ下のガラス窓の展望台に降りた。窓の上に何やら絵や字が書いてあった。展望台から見える主な建物だと思ったら、世界の高い建物と高さであった。それを360度ぐるーっと窓の上に書いてあるのだ。日本だったら向こうに見える主な建物や公園などの名前を書くであろう。Nさんが「こういうところは日本は親切ね」と言っていた。

 第二展望台まで降りて乗り換えをするために待った。まだ誰も並んでいないので心配であったが、その内並び始めた。でも、エレベーターは来ない。それで通りかかった若い係に「エレベーターは来ないけどここでいいの」と聞いたら、「そこのボタンを押して」と言った。見ると大きな丸いボタンのようなものがあった。それを押しても押せなかった。窓から向こうを見るとその男が笑っていた。ひかかったと言っているのだ。

 よく見るとそれは押しボタンではなかった。男は戻ってきてヤッターという顔で笑っていた。私もやられたと思い笑った。そこへエレベーターが上がってきた。

 塔を出たところに地下に入る入口があったが、目的の地下鉄かどうか分からない。それで入口にたむろしていた警官に尋ねたら、まっすぐに行けばM2の地下鉄があると言った。

 道端の土産物店でOさんがエッフェル塔を買った。しばらく歩いて、Nさんが「もうすぐ7時だから5分間の点滅ライトアップがある」と言った。それでそこに立って待っていた。

 道端で、行くときに見たいかさまのカップアンドボールをやっていた。見ると行きに客になっていた男がカップを扱っていた。若い女性も交じっていた。高校生ぐらいの若い白人の女性が興味を示して誘いに乗った。

 Nさんが「私はああいうの得意なのよ」と言ったとたん、若い女性が喚いた。どうやらはずれたらしい。顔を真っ赤にして激怒していた。やられたものは何ともならない。

 7時になったが、ライトアップはなかった。きっと8時からだろうと思った。いかさまの方では男の人が来て連中をおっぱらっていた。5,6人のグループは渋々去って行った。

 駅に向かう時、前方を先ほどの女性が歩いていた。まだ憤懣やるかたないという表情と身振りで歩いていた。よほど取られたのか悔しかったのか。

 M2に乗って、La Motte Picquet GrenelieでM8に乗り換えてBalardまで行った。地上に出ると、ホテルの上の空に虹がかかっていた。フランスの天気は実によく変わると思った。

 駅を出たところにあるパン屋でみなさんはパンを買った。後は近くのスーパーへ行って何かを買って夕食にするのだ。

 私はOさん夫婦にトラムに乗ろうと言った。1日券があるから何事も経験である。ホテルの前の駅でトラムに乗ったが、切符の処理の仕方が分からない。タッチ式の券の人はタッチしていたが、そうでないのはどうするのかと思ったら目の前の柱に機械があった。でも、やり方がわからない。すると座って見ていた若い女性が手ぶりで券を通すように言った。券を入れると券が少し入って戻って出てきた。女性はOKと合図していた。

 次の駅でお礼を言って降りてスーパーへ行った。半額になったソース付サラダ2.6ユーロとサンドイッチ1.19ユーロと500mlハイネケン2.38ユーロを買ってホテルに帰った。

 シャワーを浴びて食事をしていたら、添乗員から電話があった。Oさんにユーロへの交換を頼まれたができないので日本円で返してもいいかということであった。もちろんそれでいいと言った。私は130円で買ったユーロであったが、その日のレートで結構だと言った。しばらくすると、Oさんが来て125円でいいかと言ったのでそのレートで返してもらった。

 フランス最後旅が終わった夜であった。

 ○木の間から

○誕生日ケーキを持つ女の子

Cimg6046

○モンマルトルのサクレール寺院を望見

Cimg6051

○エッフェル塔頂上のトイレ

Cimg6050

Cimg6002

○エレベーター

Cimg6007

○セーヌ河

Cimg6030

○シャルロット宮殿

 Cimg6034_2

« 行きたかったフランス⑪―モンマルトル丘と凱旋門 | トップページ | 行きたかったフランス旅行⑬―全体の感想 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 本当にフランスでは毎日雨、曇り、晴れと天気がかわりました。前にも書きましたが、最近は英語が通じるようです。フランス語の看板を英語読みで見ても何となく分かるものがあります。

ガイドさんはフランスでは1日に四季があるとうまいことをいってました。それだけめまぐるしく天気が変わるのでしょうね。エッフェル塔もテロの標的になるので警戒が厳しく、ついこないだもテロ予告の電話があったので観光客が退去させられたとのニュースがありました。ところで、普通フリータイムと言われても言葉も分からないので、別に設定されているオプションをとる人が多いのですが、自由に色々なところへ出かけられたのは流石ですね。英語は通じましたか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行きたかったフランス―⑫エッフェル塔:

« 行きたかったフランス⑪―モンマルトル丘と凱旋門 | トップページ | 行きたかったフランス旅行⑬―全体の感想 »