2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 愛知国際プラザ日本語教室ポットラックパーティ | トップページ | 昨年の衆議院選の判決が出そろった »

2013年3月28日 (木)

漢字分析都都逸と小噺

 Cafe Vitaのマスターは、小話やジョークをよく知っているので驚いた。何でも、1000ぐらい収集してあるそうだ。

 幾つかを聞いたが、すぐに忘れてしまった。記憶に残っている二つを書き留めておく。

① 落語の枕から→雷様とお月様とお星さまが同じ宿に泊まった。次の朝、雷様が起きると、お月様とお星さまがいない。宿の主人に聞くと、「お二人とも朝が早くお発ちになりました。」と、言った。雷様は、「私は夕方に発つ。夕立だ。」

② 若い二人に男女が歩いていたら、前をネズミが横切った。男が「今のネズミ大きかったな。このぐらいあったよ。」と手で大きさを示した。すると、女は、「何言ってるの。小さかったわよ。」と言って手で示した。二人は言い合いになった。先ほどのネズミは、穴から顔を出して、「チュウ」

 小話を聞いていて、私は分析歌を思い出した。若い頃酒席でよく歌ったものであった。でも、マスターもKさんも知らないという。

①妻という字を妻という字を分析すれば、一夜の女と書く。

②櫻という字を櫻という字を分析すれば、二貝(二階)の女が木(気)にかかる。

③戀という字を戀という字を分析すれば、いとしいとしと言う心。

 江戸時代には、都都逸として歌われたようだ。また、漢字を覚える助けとしたという説もある。なかなかよく考えられている。

 コマーシャルにこんなのがあった。④「髪は長ーい友達」

 他に探したら、いろいろ出てきた。

⑤親というもの木の上に立ち子どもを見やるもの。

⑥松という字を松という字を分析すれば、君(公)とぼく(木)との指し向かい。

⑦壽という字を壽という字を分析すれば、侍(士)のフエ一吋。

⑧朝という字を朝という字を分析すれば、十月十日の朝という。

⑨艶をいう字を艶という字を分析すれば、色気豊かな艶やかさ。

 小噺とか分析都都逸のようなものは、江戸時代からある言葉遊びの素晴らしさを伝えていると思う。

« 愛知国際プラザ日本語教室ポットラックパーティ | トップページ | 昨年の衆議院選の判決が出そろった »

面白い話題」カテゴリの記事

コメント

 それも素敵なジョークですね。頂き!

面白いですね。カフェのマスターはきっと人を飽かせない話題の持ち主のように推察します。外国ではウィット、ジョーク、ユーモアを混じえて会話ができる人が尊敬されるようです。偶々、昨日音楽仲間との雑談の中で、仲間の一人が唐突にモーツアルトは作曲家としてプロかアマかどちらかと言い出しました。プロに決まってるじゃないかというと、当人からアマだよと。モーツアルトの名前はウオルフガング、アマデウス、モーツアルトだからと、一同大笑いで座が和みました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漢字分析都都逸と小噺:

« 愛知国際プラザ日本語教室ポットラックパーティ | トップページ | 昨年の衆議院選の判決が出そろった »