« ツクツクボウシと彼岸花とカラスウリとコウモリ | トップページ | アルツハイマー病予防と治療―ためしてガッテンから― »

2012年9月28日 (金)

ゾンビ復活、自民党総裁選。自・公・維新で安倍首相誕生か?

 自民党の総裁選挙は、石破氏を破って安倍元首相が異例の逆転で当選した。安倍氏といえば首相になりながらその任に堪えられなくなって1年で放り出したのだった。それなのに同じ派閥の町村氏をおしのけて再び登場した。そして逆転劇を演じた。

 彼は大阪維新の会の橋下代表が迎え入れようとした人物であり、橋下氏は安倍氏とは考え方で一致すると明言している。彼ら二人は、教育改革、憲法改悪で一致しており、アメリカのフィナンシャルタイムズはナショナリズム、右傾化が強くなると懸念を伝えている。

 自民党を支えるのはこの13年来公明党であり、橋下代表の日本維新の会も公明党とは連携を深めている。来る衆議院議員選挙で民主党が惨敗することは明らかだから自民党が第一党になるものと予想される。日本維新の会もそれなりの議員を取るかもしれないし、公明党は一定の議員を確保するだろうから、おそらく自民・公明・維新の連立政権ができるものと予想される。(28日の新聞では、自民も維新も対決すると言っているみたいだが・・・・・本当かな?)

 そうなると安倍氏が再び首相に選ばれるであろう。そうなれば後ろから橋下大阪市長につつかれながら右よりの路線を進むことになる。対中国、韓国、ロシアに対しても強硬な対応をすることになりそうだ。

 原発は推進を表明しているから、原発ゼロはなくなる。(東南海大地震が起きて原発が破壊されない限り)日米関係をもとに戻すと言っているから、アメリカの忠実なポチとなり、憲法が認めていない集団自衛権を発動できるように動くであろう。

 安倍氏は「日本を取戻し、経済を発展させる」と言っているが、取り戻す日本とは何なのか?彼は前回には「美しい日本」という言葉を使ったが、美しい日本とは戦前のような修身を道徳とする社会を想い描いているようだ。

 経済を発展させるというが、かつて小泉元首相が進めたような新自由主義経済を復活させて、小さい政府のスローガンで自己責任、弱者切り捨ての政治を進めるに違いない。

 その結果、アメリカや中国のように、富裕層と貧困層の格差がますます拡大するものと思われる。(藤巻健は”日本大沈没”の中で、日本は社会主義と同じだ。儲ける力がある者はもっと利益を手にしてよいとけしかけている)

 今度の総選挙の結果は日本の運命を大きく決めるものになるであろう。

|

« ツクツクボウシと彼岸花とカラスウリとコウモリ | トップページ | アルツハイマー病予防と治療―ためしてガッテンから― »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 政治が劣化していくので情けないことです。次の総選挙でよい政治家が出てくるとも思えません。

投稿: らら | 2012年9月28日 (金) 09時41分

自民党の総裁に安倍氏が選出された後のマスコミの対応はまるで次期総理が選ばれたのではと錯覚するような扱いであった。どうころんでも総選挙で民主党が政権を失うことは100%間違いなしと見られているのである。民主党も落ちぶれたものである。
考えるまでもなく、自民党が素晴らしい政党に生まれ変わったので選ばれるのでなく、民主党があまりにもひどすぎたのだ。国民は多分民主党よりは少しはましではないかという極めて消極的な期待で自民党に投票することになるのだと思う。どうみても現在の民主党(離党者が出た後)と自民党とでは殆ど何の対立軸もないのである。いっそ、自民党野田派といってもまったく違和感はない。早期に解散するよりも、自民党が政権に返り咲いたら何をしようとするのか、じっくり聞かせてもらいたいものである。民主党政権がやろうとしてできなかったことを自民党政権ならできるのだろうか。そもそも自民党は民主党がやろうとしたこは切って捨てて、先祖がえりするだけなのか、、。その可能性大である。

投稿: Toshi | 2012年9月28日 (金) 09時04分

先日の某テレビ局の世論調査では、維新の会の支持率は4%。
橋下徹が日本の領土の竹島を日韓の共同管理に持っていくしかないと言ったとか。
ついに頭が狂ったということなのか。馬鹿が馬脚を現したということなのか。
こんな男と維新の会に国政をまかせると亡国の政治家集団となるに違いない。
橋下徹は在日の血が流れているのではないかと疑いたくなる。

投稿: 盗人・李明博 | 2012年9月28日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゾンビ復活、自民党総裁選。自・公・維新で安倍首相誕生か?:

« ツクツクボウシと彼岸花とカラスウリとコウモリ | トップページ | アルツハイマー病予防と治療―ためしてガッテンから― »