« 証券会社が売る金融商品は合法的詐欺行為? | トップページ | ゾンビ復活、自民党総裁選。自・公・維新で安倍首相誕生か? »

2012年9月27日 (木)

ツクツクボウシと彼岸花とカラスウリとコウモリ

 一昨日のことである。珍しいことが3回あった。1つはツクツクボウシが鳴くのを聞いたことである。

 ツクツクボウシが鳴くのを聞かなくなってからいったいどのくらいの年数になるのだろう?20年以上にもなるような気がするのだが。

 ツクツクボウシは8月の下旬ごろから鳴き夏が終わるよと教えてくれる存在であった。ツクツクボウシ・ツクリーヨンと独特の鳴き方がよかった。しかし、気候の変動のせいか都市化が進んだせいか聞かなくなって久しい。

 用があって家の外に出たら近所の木でツクツクボウシ、ツクツクボウシ、ツクリーヨンと鳴いて声がやんだ。ほんの一瞬であったが、ツクツクボウシだと確信した。

 9月も終わりに近いというのに時期が遅い。ひょっとして夏が暑かったので出る時期を間違えたのであろうか。

 時期が遅いと言えば今年は彼岸花の開花が遅い。山崎川沿いではやっと咲き始めたぐらいだ。NHKの気象予報者は「夏が暑くて地中の温度が高いので遅いのです」と言っていた。

 ツクツクボウシも土の中から出てくるのでそう感じたいたのかもしれない。

 その2はカラスウリである。我が家の生け垣には数年前からカラスウリのつるが絡むようになった。それが年々激しくなり、今年は生け垣の三方を取り囲んでいる。しかし、どういうわけか実がならないのだ。細いつるが伸び葉っぱがところどころにあるだけである。

 以前隣家にカラスウリがあって秋になると赤い実を付けていた。それが我が家に侵入したのだと思うのだ。実がなるのを楽しみにしているのだがならない。

 ところが一昨日偶然にネズミモチの木から実が2個ぶら下がっているのを発見した。まだ青い実である。驚くとともにたった2個でも嬉しかった。

 カラスウリと言えば、子どもの頃山を駆け巡って遊んでいてカラスウリの赤い実を見つけると大変嬉しかったものだ。実の中に黒い種が入っていて、その形が恵比須さんや大黒さんに似ているといって見せあっこしたものである。

 その3は、同じ日の夕方暗くなってからコウモリが1匹飛ぶのを見たのだ。隣家が壊されてその後に雑草が生い茂っていることは前に書いたが、それと関係があるのかないのか、その上を飛び回っていたのだ。

 コウモリもずっと昔には夕方よく見かけたのだが、住宅が新しくなって住むことろがなくなったのか見かけなくなっていた。それが久しぶりに飛んでいたのだ。以前は複数で飛んでいたが今回見たのは1匹だけで数が減っているのだろうと思った。

 

 

Cimg4346

Cimg4347

|

« 証券会社が売る金融商品は合法的詐欺行為? | トップページ | ゾンビ復活、自民党総裁選。自・公・維新で安倍首相誕生か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツクツクボウシと彼岸花とカラスウリとコウモリ:

« 証券会社が売る金融商品は合法的詐欺行為? | トップページ | ゾンビ復活、自民党総裁選。自・公・維新で安倍首相誕生か? »