2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 篠島へ一泊の旅―②―大漁屋で海鮮料理を満喫 | トップページ | 第38回国語研究集会に参加(主催児童言語研究会名古屋支部)① »

2012年8月 4日 (土)

脱原発を山口からのアッピール

タイ在住の友人からおくられてきたものを転載しました。

日本全国の親愛なる皆様 

脱原発を掲げて山口県知事選に立候補して僅差で次点となった飯田哲也氏の健闘は多くの人々に勇気を与えました。山口県の選挙は終わりましたが、県知事となる山本氏は薄氷の上の勝利であることを肝に銘じています。もし私たちが山口県知事選の熱が覚めやらない今、圧力をかけることができれば、山本氏に上関町に新たな原子力発電所を建設する計画を永久的に白紙化するよう強いることができます
 

飯田氏の立候補により、原発推進派である山本氏は上関原発計画の一時的停止を余儀なくされました。それはまた、日本中の政治家に明確なメッセージを送る結果となりました。安全より利益を優先する原発推進政策が票につながったのです。山口県の選挙は終わりましたが、県知事となる山本氏は薄氷の勝利を肝に銘じています。もし私たちが人々の目がまだ山口県に目が向いている間に圧力をかけることができれば、山本氏に上関町に新たな原子力発電所を建設する計画を永久的に白紙化するよう強いることができます
 

地域レベルでの好機を活かすことによって、原発の無い日本を目指す私たちのビジョンを推進しましょう。請願に署名してできるだけ多く拡散してください。署名が30,000に達した時点で、私たちはそれを山本県知事の就任日に直接提出します
 

http://www.avaaz.org/jp/nuclear_kaminoseki/?bOKdVcb&v=16839 


エネルギー政策は福島県の原子力災害以来、私たちの国の政治における重要な課題となっていますが、今回の選挙は脱原発を訴えた候補者が圧勝が確実視された本命候補に肉薄した最初の選挙です。飯田氏はエネルギーの発電方法を見直し、地域レベルから日本の政治を改革するために立候補しました。日本の脱原発を目指す戦いは、保守の金城湯池、山口県でさえも、脱原発を掲げる候補者に勝利のチャンスがあることを証明しました。 

政府は原子力無しでは電気料金が上昇し、経済は深刻に落ち込むと主張しています。 しかし、多くの専門家はそうは思っていません。もし政府が機能不全に陥ったエネルギー部門を再生するために論理的な手順を踏み、市場に小さな電力会社の参入を許可すれば、不足エネルギーを十分埋めるための再生可能エネルギーへの投資が行われるでしょう。例えばドイツは2011年に17の原子炉のうち8つを停止させただけでなく、彼らは同時に新しい再生可能エネルギーの雇用によって自国の経済を復興させました。
 

私たちにとって山口県を再生して、紫陽花革命を継続するための好機です。山本県知事に圧力をかけ、上関町における新たな原子力発電所建設計画を完全白紙撤回させましょう。今すぐこの請願に署名し、あなたの知人に転送してください。
 

http://www.avaaz.org/jp/nuclear_kaminoseki/?bOKdVcb&v=16839 


世界最悪の災害の余波の中で、私たちは民主的で腐敗が無く安全な日本の新時代を後世に伝えるための先導を補助する機会を得ました。私たちはエネルギー革命の準備ができていることを何度も何度も証明してきました。この重要な時に共に立ち上がり、私たちが始めたことを仕上げましょう。 

希望と決意を持って
 

喜晶 、路、キア、イアン、エマ、ペドロ、ジューエイ、ダリア及びAvaazチーム一同
 

詳細情報:


山口県知事選 広がる既成政党への不信 (西日本新聞):
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/315822 


山口県知事選 保守王国に動揺 (毎日新聞):
http://mainichi.jp/opinion/news/20120730ddm003010059000c.html 


山口知事選 地域の選択 曲解するな (中日新聞):
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012073002000078.html 


« 篠島へ一泊の旅―②―大漁屋で海鮮料理を満喫 | トップページ | 第38回国語研究集会に参加(主催児童言語研究会名古屋支部)① »

原子力発電・再生可能エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発を山口からのアッピール:

« 篠島へ一泊の旅―②―大漁屋で海鮮料理を満喫 | トップページ | 第38回国語研究集会に参加(主催児童言語研究会名古屋支部)① »