« 主催者発表と警察調べ―人数の大差はなぜ? | トップページ | 原発事故は人災は当然の結論だ―国会事故調最終報告― »

2012年7月11日 (水)

「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する国の意見募集

 政府は「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する意見(パブリックコメント)を募集している。

◆概要:
 6月29日、政府の「エネルギー・環境会議」から「エネルギー・環境に関する選択肢」が提示された。
 2030年までの日本の原発のあり方が、以下の3つシナリオで示されている。それを元に、今まさにこれからの日本の未来が決められようとしているのだ。

「原発ゼロシナリオ」・・・唯一の脱原発シナリオ
「原発15シナリオ」・・・原発増やせるシナリオ
「原発20-25シナリオ」・・・原発どんどん進めるシナリオ

http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html

もちろん私たちの選択肢は原発ゼロしかない!それを反映させよう。

★パブリックコメントの送り方:締め切りは7月31日。もうすぐだ。急ごう!!

 下記のページからオンラインで送信、またはFAX、郵送のフォームをダウン
ロードでる。

 「エネルギー環境会議」http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive01.html
 フォーム直接リンク http://bit.ly/pubcmnt

 ●書き方は
こちら
http://publiccomment.wordpress.com/  #genpatsu #eshift

 ★加えて、全国11箇所で、「意見聴取会」が開催される。こちらにも参加し、あなたの意見を直接伝えよう!
・さいたま市 7/14 (申込〆切 7/11)
・仙台市 7/15 (申込〆切 7/11)
・名古屋市 7/16 (申込〆切 7/11 17時) 下記で受付

  http://kokumingiron.jp/

 以下の都市で開催予定
札幌市、福島市、大阪市、富山市、広島市、高松市、福岡市、那覇市
詳細はこちら: 
http://kokumingiron.jp/

 ◆パブコメ(パブリックコメント)とは:
パブコメは、私たちが脱原発社会や持続可能社会を選びたいという意見や意思を政府に伝えていくための公的な手続き。上記シナリオのうちどれを選ぶかと、その理由や提案を、書こう。ひとりでも多くの国民の声を、今、届けよう!あなたの声が、日本の未来を決めるのだ。

◆選択肢について:
 選択肢のパッケージでは、省エネが不十分、再生可能エネルギーの導入が不十分など問題もある。追加の意見も加えて出そう!

・もっと省エネルギーの取り組みを進めてください。
・もっと自然エネルギーを推進してください。
・地域分散型のエネルギー供給を進めるよう、電力システムを改革してください。 
など。

◆呼びかけ:「原発ゼロ・パブコメの会」
この「国民的議論」に一つでも多くの声を届けるために集まった、団体や
ネットワークを超えた市民の実行委員会。

|

« 主催者発表と警察調べ―人数の大差はなぜ? | トップページ | 原発事故は人災は当然の結論だ―国会事故調最終報告― »

原子力発電・再生可能エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1150718/46268094

この記事へのトラックバック一覧です: 「エネルギー・環境に関する選択肢」に対する国の意見募集:

« 主催者発表と警察調べ―人数の大差はなぜ? | トップページ | 原発事故は人災は当然の結論だ―国会事故調最終報告― »