2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 半年ぶりに姿を現した白猫の白ちゃん | トップページ | さっぱり理解できないAKB48の総選挙 »

2012年6月10日 (日)

国民生活の安全を守るために大飯原発再稼働のまやかし

 野田首相は、8日夕方に福井県知事から国民に説明せよと要求が出ていた大飯原発再稼働について記者会見をした。そして「国民生活の安全を守るために再稼働すべきだというのが私の判断だ。」と述べた。

 「国民生活の安全を守るために」という首相の言葉を聞いたとき、再稼働をすることが国民の安全を守ることにはならない逆ではないかと私は思った。

 何度もいろいろなところから指摘をされているように、原子力規制局がまだできてなく、現行の原子力委員会と保安院の暫定的な安全基準で安全だと判断したことや福島第一原発事故の徹底した検証が何もなされていないことなどいい加減なものである。

 首相の言い分は、「電力供給の約3割を担っている原発を止めてしまっては、日本の社会は立ち行かない。エネルギー安全保障の視点からも原発は重要な電源だ。」ということである。また、夏場だけの限定では生活を守れないとも述べている。

 福井県と大飯町以外は、大飯原発の再稼働には非常な危惧を示している。それは福島第一原発事故の結果が余りにもひどく、安全性がないことが証明されたからだ。

 それなのに首相は、「福島を襲ったような地震・津波が起きても事故を防止できる対策と体制は整っている。」と説明している。大地震や大津波が起きることは当面はないだろうとたかをくくっているのかもしれない。

 しかし、福島第一原発のように事が起きてしまってから「想定外であった」では済まされないのだ。今度日本のどこかで原発事故が起きたら、日本に住めなくなるだけでなく、気流に乗って世界中に大変な放射能をまき散らすことになるのだ。

 いったいこれまで首相や関係閣僚が言ってきた新たな原発は作らないとか40年後には原子炉を廃炉にするという脱原発依存はどうなってしまったか。

 サンデーモーニングでは、40年たった若狭第2原発もあと10年使うと言っていた。40年で廃炉というのは真っ赤なウソなのだ。

 野田首相が、電力不足による経済的影響を再稼働の理由とし、それが国民生活を守ることだと言ったが、福島の被害者は「経済を優先にした結果、私たちは故郷や家族、地域のつながりを失った。福島の現実から目を背けないでほしい。」(朝日)と言っている。こういう声を全く無視している。

« 半年ぶりに姿を現した白猫の白ちゃん | トップページ | さっぱり理解できないAKB48の総選挙 »

原子力発電・再生可能エネルギー」カテゴリの記事

コメント

サンデーモーニングでもコメンテーター全員が批判をしていましたね。若さ第2原発も40年たったのにまだ10年動かそうとしていると言っていました。恐ろしいことです。

あの日の記者会見の様子を見ると野田総理は消費増税と同じく原発再稼働の問題も完全に官僚、財界の振り付け通りに発言している印象を強く受けた。民主党が政権を奪取する際の表看板であった政治主導は微塵も感じられないのだ。その晩の報道ステーションでゲストの姜 尚中教授は日本もソ連崩壊の元凶となったノーメンクラツーラの支配体制と変わらないと断じていた。聞きなれない言葉だが、端的に言えばエリート階級の固定化、特権化とでもいうべきか。国家、国民のためと言いながら、実は自らの利権が最優先という構図である。日本に限っては悪名高い国家社会主義の官僚支配体制とは無縁であると
信じたいが、、、。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民生活の安全を守るために大飯原発再稼働のまやかし:

« 半年ぶりに姿を現した白猫の白ちゃん | トップページ | さっぱり理解できないAKB48の総選挙 »