2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゴールデンウイイークに東京へ行く―⑥蕎麦のいしかわ | トップページ | ゴールデンウイークに東京へ行く―⑧千疋屋の高級フルーツの値段に驚く »

2012年5月14日 (月)

ゴールデンウイークに東京へ行く―⑦東京スカイツリーの眺め方

 スカイツリーを撮影したことがある写真家の山口さんに撮影スポットを聞いておいた。でも、東京スカイツリーはまだ営業していないが、浅草に着くまでは、人気スポットおそらく大変な人混みでスカイツリーの写真を撮ることも無理だろうと考えていた。

 新宿から銀座線に乗り、終点の浅草で下りた。階段を上って外に出ると、そこは吾妻橋のたもとであった。交差点があり、その向こうにアサヒビールのモニュメントとビルが手前にあって、後ろにスカイツリーがそびえていた。

 空は雲一つない快晴で絶好の撮影日和、行楽日和であった。前日までの雨がウソのようであった。当然人もたくさん出ていて、次々と人が通って行く。

 はやる心を抑えて交差点でシャッターを切り何枚か撮影した。それから交差点を渡って橋のたもとに行き川に沿って言問橋まで歩くことにした。山口さんの写真に吾妻橋からと言問橋から撮ったものがあってそこがよいと教えてくれたからだ。

 川岸には桜の並木があり、涼しく風が吹いていた。堤防に近寄ったり上ると隅田川に遊覧船が走っているのを入れてスカイツリーを写すこともできる。それに歩いて行くうちに少しずつ人が減り途中の東武鉄道の鉄橋が見えるあたりでは人が余りいなくなった。東武急行が鉄橋を渡っているのを入れてスカイツリーを写した。

 娘が「アサヒビールのビルにスカイツリーが映っているよ」と言ったので見ると、展望台までが映っていたので撮影した。

 言問橋のたもとで休憩をしながら写真を撮った。それから言問橋を渡ってスカイツリーの方に歩いた。だんだんとツリーが大きくなっていく。歩きながら写真を撮り橋を渡って更に進むと交差点に出た。すぐ目の前にスカイツリーがそびえたっていた。前方にスカイツリー駅があり人が次々に出てきた。

 交差点を渡ったところに、ボントンキムラヤのCAFEがあったのでそこに入って休むことにした。11時過ぎであったが、店の人が「生憎ですがランチは売り切れてしまいました」と言った。それで店のパンを選んでコーヒーをとった。

 この店のパンはおいしくて、コーヒーもよかった。それにコーヒーの値段も370円と普通であった。ここはお勧めの店だと思った。

 外に出るとスカイツリーの駅のところにツリーが立っていた。下から首を上に向けて眺めたりカメラに収めたりした。

 駅を過ぎると小さい川が流れていた。十間川である。この川に沿って歩いて行くと川面にスカイツリーが映る場所があると地図に出ていたので歩いた。

 ツリーのほぼ真下を歩いてかなり行くと西十間橋というのがあった。そこで川に映る写真が撮れるかと思って見てみると水面が風に揺れていた。そばにいた地元の人に尋ねたら、「風があると川面に波が立って駄目だよ。それにきれいに写せるのはもっと向こうの北十間橋だ」と言った。確かに写真で見ると川幅が狭くなっているところだ。

 風があるからどうせ行っても駄目だろうし、ずっと遠いので行くのはやめにした。ガイドブックによると、風のない午前が太陽の向きもよくシャッターチャンスだと書いてあった。

 そこからはタクシーを拾って吾妻橋まで戻った。

 足で確かめたところでは、吾妻橋→言問橋→スカイツリー駅と歩くのが一番よいと思った。元気がある人は、北十間橋まで行くとよい。但し、風のない午前中である。

Cimg3673

Cimg3684

Cimg3685

Cimg3708

« ゴールデンウイイークに東京へ行く―⑥蕎麦のいしかわ | トップページ | ゴールデンウイークに東京へ行く―⑧千疋屋の高級フルーツの値段に驚く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今話題の東京スカイツリーは塔の高さ634mは世界一なので一度は見たいということでしょう。名古屋TV塔の時と同じだと思います。

スカイツリーの人気はいつまで続くでしょうね。かって名古屋のテレビ塔が出来た時の人気を思い出します。まだ私が中学生でしたが・・・高い塔は見てもよし昇ってもよしですね。夢があるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンウイークに東京へ行く―⑦東京スカイツリーの眺め方:

« ゴールデンウイイークに東京へ行く―⑥蕎麦のいしかわ | トップページ | ゴールデンウイークに東京へ行く―⑧千疋屋の高級フルーツの値段に驚く »