2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゴールデンウイークに東京へ行く―⑨―ゆりかもめと未来館 | トップページ | シルバーハウス つばめの家でマジック・ボランティア »

2012年5月22日 (火)

932年ぶりの金環日食を見損なう

 5月21日は金環日食の日であった。10日ぐらい前からテレビでは騒ぎ始めていた。私は観測用の眼鏡をどこで売っているのか知らなかったので買ってなかった。本屋へ行けば雑誌の付録で売っているかもしれないと思い丸善へ行ったら、「NEWTON」という雑誌の付録に付いていたが値段が1500円もするので買わなかった。店員に尋ねて探したが結局他の安い雑誌は売り切れていた。

 家に帰ってインターネットで調べたら、400円ぐらいで売っていたが代引き手数料を払うと高くなるのでやめにした。

 数日前にCafe Vitaへ行って日食メガネの話をしたらコンビニで買えると言った。でもそれは2か月ほども前のことで今も売っているかどうかは分からなかった。コンビニで売っているのなら店の前に大きく「日食観測メガネあります」と書けばよいのに・・・・と思った。

 数日前からの天気予報は「曇り」であった。曇りで太陽が出なければメガネを買っても無駄になる。だから買わないことにした。

 前日の天気予報は、曇りだが雲の切れ間から太陽を見るチャンスがあるかもしれないということであった。

 21日の朝、いつものようにウオーキングに出かけた。5時半に家を出て歩いて行くと雲はあったが、東から太陽がまぶしく照らしてきた。歩いている間にだんだんと雲が少なくなり、太陽は輝いていた。日食メガネを買わなかったのは失敗だったと思った。

 家に帰ると、白い紙を用意し、穴開き杓子を用意し実験したが、辛うじて小さな光が映るだけであった。それで牛乳の空きパックの底に穴をあけて実験した。やはり光が小さく映るだけであった。名古屋の空は再び曇ってきた。

 テレビをつけ、7時の「おはよう日本」を見た。画面の片隅に串本と前橋の太陽の様子が映っていた。4分ぐらいかけていた。時々硫黄島や台湾などの様子を伝えたがいずれも太陽は見られないと残念がっていた。

 7時15分ごろ、名古屋の太陽が映し出された。6分ぐらい欠けていた。外を見ると陽が差し始めたようであった。それで外に出て映せるかどうか試した。いろいろやったがうまく映らなかった。

 近所では子どもたちが出てきてわいわい騒ぎ始めた。どうやら日食メガネで太陽を見ているようであった。NHKテレビは鹿児島の方の金環日食を映した。

7時29分が名古屋の食尽の予定時刻であった。時計を見ると7時30分であった。太陽は輝いていたが肉眼で見るといけないらしいので見ないようにした。

 玉じゃくしを動かしていたら、偶然黒い丸が映った。焦点の合わし方がいけなかったことに気が付いた。紙から杓子を離していかなければならないのだ。焦点を探り杓子を動かした。また牛乳パックでもやってみた。何とか形が現れた。

 結局、この日は午前中は名古屋は良い天気であった。Mさんと話したとき、Mさんは日食グラスを買わなかったが、下敷きで見たと言った。驚いて大丈夫?と言ったら、何ともないと言った。下敷きなのでは見ないようにという注意を守って損した気がした。

 932年振りの金環日食は空振りで終わった。次に名古屋で見られるのは29年後だという。私には見られない。

 

Cimg3903

« ゴールデンウイークに東京へ行く―⑨―ゆりかもめと未来館 | トップページ | シルバーハウス つばめの家でマジック・ボランティア »

話題」カテゴリの記事

コメント

雲が多くて残念でしたね。でも、晴れてもメガネを用意しなかった私のような者もいます。

私の住む東海市では、雲が厚すぎて見えませんでした。
昭和34年の金環日食では、いぶして黒くしたガラスを通して見ていた人が多かったようですね。
後でTVのスペシャル番組を録画しました。

バーチャルですが、テレビが克明に見せてくれたから私もそれを見ました。

朝7時半頃急に暗くなってきました。日食が始まったのだと思いましたが、飛蚊症が酷いので、太陽は禁物、太陽は見ませんでした。7分くらいたったら太陽が射してきました。
ニュースの金冠日食はとても美しく其れで満足することにしました。

日食メガネを買わなかったことを悔やみましたが後の祭りでした。手作りでもグラスができたようですから、マスコミももっと親切に教えるべきです。

昨日は日本中が金環日食の話題でフィーバーしました。金環日食の経済効果は150億円程度とある番組が
報道していました。私も2~3日前に100円ショップにでかけ、日食グラスを買おうとしましたが売り切れでしたので諦めました。いよいよその時間が到来した時に何と台所の冷蔵庫のドアにカーテンを通して入った太陽が木漏れ日の原理で小さな丸い形でたくさん投影されていました。それが次第に欠けて、
最後には金環日食になる様子をみることができました。直接グラスから見るのと比べるべくもありませんが、まあその瞬間が共有できたのでいいかと納得
しました。その後にいつものように牧野ヶ池緑地を
歩きましたが、普段はまったく気にも留めなかった木漏れ日現象がいたるところで見られ、認識を新たにしました。今日は東京スカイツリーの開業日でまたまたフィーバーです。自爆テロで100人近くが死亡(イエメン)したとのニュースが流れる中、日本はまだまさ平和なものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 932年ぶりの金環日食を見損なう:

« ゴールデンウイークに東京へ行く―⑨―ゆりかもめと未来館 | トップページ | シルバーハウス つばめの家でマジック・ボランティア »